HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2016年 年報 【論文/英文原著】
Sugino N, Miura Y, Yao H, Iwasa M, Fujishiro A, Fujii S, Hirai H, Takaori-Kondo A, Ichinohe T, Maekawa T: Early osteoinductive human bone marrow mesenchymal stromal/stem cells support an enhanced hematopoietic cell expansion with altered chemotaxis- and adhesion-related gene expression profiles.
Biochem Biophys Res Commun 469:823-829,2016. (doi:10.1016/j.bbrc.2015.12.061)
Inamoto S, Itatani Y, Yamamoto T, Minamiguchi S, Hirai H, Iwamoto M, Hasegawa S, Taketo MM, Sakai Y, Kawada K: Loss of SMAD4 promotes colorectal cancer progression by accumulation of myeloid-derived suppressor cells through the CCL15-CCR1 chemokine axis.
Clin Cancer Res 22:492-501,2016. (doi:10.1158/1078-0432.CCR-15-0726)

Yamamoto T, Kawada K Itatani Y, Inamoto S, Okamura R, Iwamoto M, Ei Miyamoto, Chen-Yoshikawa TF, Hirai H, Hasegawa S, Date H, Taketo MM, Sakai Y:
Loss of SMAD4 Promotes Lung Metastasis of Colorectal Cancer by Accumulation of CCR1+ Tumor-associated Neutrophils through CCL15-CCR1 Axis.
Clin Cancer Res, in press,2016.

Matsuda Y, Yamauchi T, Hosono N, Uzui K,  Negoro E, Morinaga K, Nishi R, Yoshida A, Kimura S, Maekawa T, Ueda T. Combination of panobinostat with ponatinib synergistically overcomes imatinib-resistant CML cells.
Cancer Sci 107:1029-1038, 2016.  (doi:10.1111/cas.12965)
Miura Y:Guest editorial: Human Mesenchymal Stromal/Stem Cell (MSC).
International Journal of Hematology, 103:119-121, 2016. (doi:10.1007/s12185-015-1931-9)

Miura Y:Human Bone Marrow Mesenchymal Stromal/Stem Cells: Current Clinical Applications and Potential for Hematology.
International Journal of Hematology 103:122-128.2016. (doi:10.1007/s12185-015-1920-z)

Fujita M, Kawabata H, Oka T, Hishizawa M, Kitano T, Kondo T, Yamashita K, Yurugi K, Hirai H, Maekawa T, Takaori-Kondo A
A rare case of adult primary autoimmune neutropenia successfully treated with prednisolone.
Internal Medicine, in press,2016.
2016年 年報 【英文/総説)

Yoshioka S, Miura Y : Human mesenchymal stem cell therapy for acute graft versus host disease.
Transl Med 6:171
, 2016.(doi:10.4172/2161-1025.1000171)

2016年 年報 【邦文/総説】

横田明日美、平位秀世:慢性骨髄性白血病治療の変遷とインターフェロン
149回京都がん研究会メールマガジン,2016. 

三浦康生:ヒト骨髄間葉系幹細胞を用いた急性GVHDの治療.
血液内科 73: 410-411, 2016.

平位秀世:第4章 造血器腫瘍の発症機構、 B. 急性白血病、骨髄異形成症候群 各論、
6. CEBPA遺伝子異常と白血病、
造血器腫瘍アトラス(改訂5)、谷脇雅史、横田昇平、黒田純也(編著)、東京、日本医事新報社、261-267、2016.

平位秀世:III. 脳神経外科周術期の薬物療法-理論と実際- 2. 輸液・体液管理の基本. d. 周術期の輸血・血液製剤.
脳神経外科 診療プラクティス8 脳神経外科医が知っておきたい薬物治療考え方と実際.  東京 文光堂、pp216-219、2016.

平位秀世:III. 白血病の生物学と発症機序.(5)遺伝子突然変異による骨髄性腫瘍の発症機序 4) C/EBPαによる造血制御.
白血病学()、 大阪、日本臨床社、307-318、2016.

三浦康生: Ⅰ 基礎編 第14章 生着の判定とキメリズム解析. 
みんなに役立つ造血幹細胞移植基礎と臨床神田善伸(監修)改訂3版. 大阪, 医薬ジャーナル社, 152-161 ,2016.

 前川 平:臨床研究の倫理.
臨床血液、57(10):2301-2308, 2016.

2016年 【英文/総説】
Yoshioka S, Miura Y :Human mesenchymal stem cell therapy for acute graft versus host disease. 
Transl Med 6:171, 2016. (doi:10.4172/2161-1025.1000171)
2016年【邦文/著書】

三浦康生:第8章 血液疾患の薬物治療、
ベーシック薬学教科書シリーズ 薬物治療学2. 京都、化学同人, 2016 (印刷中)

2016年 【英文/著書】

Maekawa T: Therapies Targeting Leukemic Stem Cells: Chapter 20,
In “Chemotherapy for leukemia: Novel Drugs and Treatment ” ( Ueda T, ed.), Springer, Tokyo, 2016 ( in press).

2016年【国際学会/一般演題】

Yokota A, Hirai H, Hayashi Y, Sato R, Adachi H, Sato F, Sato A, Tamura A, Iwasa M, Fujishiro A, Shoji T, Kashiwagi T, Miura Y, Nakano M, Tashiro K, Maekawa T: The C/EBPβ Transcription Factor Mediates the Effect of IFNα on CML Stem Cells Through Promoting Their Differentiation and Exhaustion. [Poster number #1-13]  (poster)
The 5th JCA-AACR Special Joint Conference, Maihama, Japan, July 14, 2016.

Tamura A, Hirai H, Yokota A, Kamio N, Sato A, Shoji T, Kashiwagi T, Torikoshi Y, Iwasa M, Fujishiro A, Miura Y, Maekawa T: C/EBPβ Is Required for Survival of Ly6C- Monocytes after Committment to Monocyte Lineage through Upregulation of Csf1r. [Abstract #1325] (poster)
American Society of Hematology, 58th Annual Meeting and Exposition, San Diego, CA, USA, December 3, 2016.

Yoshioka S, Miura Y, Iwasa M, Fujishiro A, Sugino N, Fujii S, Nakagawa Y, Sato A, Yokota A, Hirai H, Ichinohe T, Takaori-Kondo A, Maekawa T: Late Adherent Subpopulation in Umbilical Cord Blood Has the Same Characteristics and Hematopoiesis-Supporting Capacity As Mesenchymal Stromal/Stem Cells. [Abstract #3384] (poster)
American Society of Hematology, 58th Annual Meeting and Exposition, San Diego, CA, USA, December 4, 2016.

Yokota A, Hirai H, Hayashi Y, Sato R, Adachi H, Sato F, Sato A, Tamura A, Iwasa M, Fujishiro A, Shoji T, Kashiwagi T, Kamio N, Torikoshi Y, Miura Y, Nakano M, Tashiro K, Maekawa T: C/EBPβ is a critical regulator of CML stem cell differentiation and exhaustion induced by interferon-α.[Abstract#1120]
The American Society of Hematology 58th Annual Meeting and Exposition,San Diego, Ca, USA, December 5, 2016.  [Abstract Achievement Award] 

2016年【学会発表/シンポジウム】
三浦康生:シンポジウム6 間葉系幹細胞を用いた細胞治療<細胞治療サイエンス・フォーラム>  ヒト間葉系幹細胞の特性に基づいた治療への応用の可能性 [Abstract #S-6-1].
64日本輸血細胞治療学会総会 (京都)           平成28年4月29日(2016)
万木紀美子:シンポジウム8  HLA抗体検査と臨床. 臓器移植とHLA抗体  [Abstract #S-8-3].
64日本輸血細胞治療学会総会 (京都)                 平成28年4月29日(2016)
2016年【学会発表/一般演題】

横田明日美、平位秀世、林 慶紘、前川 平: 慢性骨髄性白血病の病態形成における転写因子C/EBPβの機能.
第20造血器腫瘍研究会(千葉)                   平成28年2月12日(2016)

2016年【学会発表/特別講演】
前川 平:歩み来し道〜白血病、輸血、そして細胞治療〜(総会長講演).
第64回日本輸血細胞治療学会総会(京都)     平成28年4月29日(2016)

2016年【学会発表/教育講演】

前川 平:臨床研究の倫理.
78回日本血液学会学術総会(横浜)       平成28年10月15日(2016)

吉岡 聡、三浦康生、岩佐磨佐紀、藤城 綾、藤井紀恵、杉野典子、平位秀世、一戸辰夫、高折晃史、前川 平:さい帯血バンクの保存基準に満たない少容量さい帯血からの間葉系幹細胞の分離.
第38回日本造血細胞移植学会総会(名古屋)           平成28年3月4日(2016)

菱田理恵、平位秀世、万木紀美子、丹羽紀実、竹川良子、三浦康生、前川 平、菱澤方勝、近藤忠一、高折晃史:骨髄移植患者およびドナーの保有するHLA抗体についての検討. 
64日本輸血細胞治療学会総会(京都)      平成28年4月29日(2016)

丹羽紀実、平位秀世、万木紀美子、菱田理恵、山下史乃、三浦康生、前川 平:京大病院での肺移植における血液製剤の使用状況.
64日本輸血細胞治療学会総会(京都)      平成28年4月29日(2016)

藤井紀恵、三浦康生、藤城 綾、岩佐磨佐紀、杉野典子、平位秀世、高折晃史、一戸辰夫、前川 平: Human bone marrow mesenchymal stromal/stem cells modulate IMiDs-induced differentiation of HSPCs. ヒト骨髄間葉系幹細胞は免疫調節薬による造血幹前駆細胞の分化に影響を及ぼす.
The 75th Annual Meeting of Japanese Cancer Association
75回日本癌学会学術総会(横浜)                 平成28年10月7日(2016)

 Yokota A, Hirai H, Hayashi Y, Sato R, Adachi H, Sato F, Sato A, Tamura A, Miura Y, Nakano M, Tashiro K, Maekawa T:The C/EBPβ transcription factor promotes exhaustion of CML stem cells in response to interferon-α. [Abstract #E-2040]
The 75th Annual Meeting of Japanese Cancer Association
75回日本癌学会学術総会(横浜)                   平成28年10月7日(2016)

Fujii S, Miura Y, Iwasa M, Fujishiro A, Sugino N,Sato A, Yokota A, Hirai H,Takaori-Kondo A, Ichinohe T, Maekawa T:Human bone marrow mesenchymal stromal/sem cells modulate IMiDs-induced differentiation of HSPCs. [Abstract #OS-1-90]
The 78th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
78回日本血液学会学術総会(横浜)       平成28年10月13日(2016)

Sato A, Hirai H, Yokota A, Tamura A, Shoji T, Kashiwagi T, Iwasa M, Fujishiro A, Miura Y, Ando A, Maekawa T:Stress-induced translational alteration of C/EBPβ isoforms regulates the behavior of HSPCs. [Abstract #OS-1-142]
The 78th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
78回日本血液学会学術総会(横浜)        平成28年10月13日(2016)

Sasaki H, Nishiyama A, Koizumi S, Nakabayashi J, Kaneko N, Yokota A, Hirai H, Tamura T:C/EBPβ mediates the repression of Irf8 expression and dendritic cell development by BCR-ABL. [Abstract #OS-2-84](横浜市立大学免疫学教室との共同研究)
The 78th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
78回日本血液学会学術総会(横浜)       平成28年10月14日(2016)
Fujishiro A, Miura Y, Iwasa M, Fujii S, Sugino N, Sato A, Yokota A, Hirai H, Ando A, Tohyama K, Ichinohe T, Maekawa T:Vitamin K2 supports hematopoiesis through acting on human bone marrow mesenchymal stromal/stem cells. [Abstract #PS-2-7]
The 78th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
78回日本血液学会学術総会(横浜)       平成28年10月14日(2016)
Yokota A, Hirai H, Sato A, Tamura A, Shoji T, Kashiwagi T, Fujishiro A,Iwasa M, Miura Y, Hayashi Y, Maekawa T:The C/EBPβ transcription factor mediates exhaustion of CML stem cells induced by IFNα.[Abstract #PL-4]
The 78th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
78回日本血液学会学術総会(横浜)       平成28年10月14日(2016)
Yokota A, Hirai H,Shoji T, Maekawa T, Okuda K:ABL family kinase, ARG drives mastocytosis in mice by sensitizing HPCs to IL-3 and SCF. [Abstract #OS-3-11]
The 78th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
78回日本血液学会学術総会(横浜)       平成28年10月15日(2016)
藤城 綾、三浦康生、岩佐磨佐紀、藤井紀恵、杉野典子、安藤 朗、前川 平、一戸辰夫: 低線量放射線が間葉系幹細胞の機能に与える影響 [O8-2]
第59日本放射線影響学会大会(広島)           平成28年10月28日(2016)
南谷真衣、万木紀美子、丹羽紀実、竹川良子、菱田理恵、三浦康生、平位秀世、前川 平: 京大病院における輸血検査外業務についての検討. 
第60回日本輸血細胞治療学会近畿支部総会(大阪) 平成28年11月26日(2016)
万木紀美子、平位秀世、丹羽紀実、菱田理恵 、南谷真衣、三浦康生、前川 平:少量輸血患者へのバッグ分割、シリンジ分割の対応.
60回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(大阪)平成28年11月26日(2016)
2016年 【研究会/一般演題】
藤井紀恵:MSCの急性GVHDに対する治療効果メカニズムの解析.

JCRファーマ社内講演会(神戸)    平成28年3月24日(2016)
三浦康生:Mesenchymal stromal/stem cellの基礎と臨床.
第45回福島造血幹細胞移植治療研究会(福島)        平成 28年 4月16日(2016)

横田明日美:転写因子C/EBPbetaによるCML幹細胞の制御.
KYOTO BASIC SCIENCE FORUM (京都)                平成27年4月22日(2016)

藤井紀恵、三浦康生、藤城綾、岩佐磨佐紀、杉野典子、高折晃史、一戸辰夫、前川平:間葉系幹細胞の急性GVHDに対する治療効果のメカニズム解析[シンポジウム 移植後合併症].[奨励賞]
47 京都造血幹細胞移植研究会(京都)                       平成28年6月10日(2016)

 
2016年 【その他】
 

前川 平:(特別講義)
京都府立医科大学特別講義(京都)   平成28年5月25日(2016)

平位秀世:(特別講義) 疾病予防における生体防御制御機構.
京都府立医科大学・保健予防医学特別講義 (京都)  平成28年5月12日(2016)
平位秀世:(特別講義)環境変化と生体防御制御機構
京都府立医科大学・保健予防医学特別講義(京都)  平成28年10月18日(2016)
前川 平:京都大学における細胞治療・再生治療開発の経緯.平成28年度研究科横断型教育プログラム「次世代医療を語る-再生医療の実用化に向けて」
京都大学医学研究科人間科学専攻講義(京都)      平成28年11月11日(2016)
【補助金&助成金】

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:16K07171
課題名:低酸素環境に潜むCML幹細胞の動態解明に基づく革新的な分子細胞治療法の開発
研究期間:平成28年度〜平成30年度
研究代表者:前川 平,  エフォート: 15%
研究分担者:平位秀世, エフォート: 10%

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:15K09453
課題名:骨髄間葉系間質細胞を標的とした前駆B細胞性急性白血病治療に関する検討
研究期間:平成27年度〜平成29年度
研究代表者:三浦康生

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)
           平成28年度科学研究費助成事業(化学研究費補助金)(奨励研究)
課題番号:
課題名:「造血の場」としての間葉系幹細胞から検討する血液悪性疾患の発症メカニズム
研究期間:平成28年度
研究代表者:杉野典子

 

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会) 基盤研究(B)
課題番号:26293277
課題名:急性および晩発性放射線障害に対する包括的細胞治療法の開発
研究期間:平成26年度〜平成28年度
研究代表者:広島大学 一戸辰夫
研究分担者:前川平、三浦康生

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:26461436
課題名:骨髄低酸素微小環境に潜む多発性骨髄腫幹細胞の根絶をめざした新規治療法の開発
研究期間:平成26年度〜平成28年度
研究代表者:芦原英司
研究分担者:横田明日美

事業名:文部科学省 研究振興局 受託研究
課題名:「再生医療実現拠点ネットワークプログラム 再生医療の実現化ハイウェイ」
拠点名:iPS細胞技術を基盤とする血小板製剤の開発と臨床試験」
実施期間:平成26年4月〜
研究代表者:江藤浩之
研究分担者:前川平

事業名:文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
課題名:創薬・新規医療開発のアカデミア拠点形成
実施期間:平成24年度〜原則5年間
代表申請者:上本伸二、 分担研究者:前川平

事業名:放射線災害・医科学研究拠点 共同利用・共同研究 
研究課題「電離放射線が間葉系幹細胞の多分化能・造血支持能に与える影響の検討」(重点研究)
代表:三浦 康生
共同研究者:岩佐 磨佐紀 藤城 綾 藤井 紀恵 杉野 典子

事業名:放射線災害・医科学研究拠点 共同利用・共同研究 
研究課題「セファランチンによる間葉系幹細胞を介した放射線照射後の血球回復促進」(重点研究)
代表:藤井 紀恵
共同研究者: 三浦 康生 杉野 典子 前川 平 高折 晃史

事業名:28年度金沢大学がん進展制御研究所 共同研究  
課題名:白血病の進展におけるC/EBP βの機能解明
共同研究者:平位秀世

事業名:京都大学リサーチ・ディベロップメントプログラム 【いしずえ】 
課題名:「定常時・非定常時の造血制御におけるC/EBPβ転写因子の機能解明」
研究期間:平成28年度
研究代表者:平位秀世
【民間助成】
藤井紀恵:公益財団法人京都大学教育研究振興財団国際研究集会発表助成, 平成28年度,平成28年2月(2016)

藤城 綾:第30回公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団研究交流助成金, 平成28年2月(2016)

平位秀世:藤原財団 平成28年度少壮研究者奨励金. 「顆粒球輸血による免疫抑制作用の検討」
平成28年6月(2016)

三浦康生:一般財団法人 京都予防医学センター がん研究助成金,「骨髄微小環境を標的とした難治性白血病治療「第2の矢」の開発」, 平成28年3月17日(2016)

横田明日美:加藤記念バイオサイエンス振興財団 
海外発表サポート
(第58回米国血液学会における、研究内容の口演発表にかかる渡航費の助成)
平成28年10月(2016)

 

 

 

 

 

 

 

 
 
back to top