HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧

 

2015年【論文/英文原著)

Terao C, Yano K, Ikari K, Furu M, Yamakawa N, Yoshida S, Hashimoto M, Ito H, Fujii T, Ohmura K, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Taniguchi A, Momohara S, Yamanaka H, Mimori T, Matsuda F: Brief Report: Main Contribution of DRB1*04:05 Among the Shared Epitope Alleles and Involvement of DRB1 Amino Acid Position 57 in Association With Joint Destruction in Anti-Citrullinated Protein Antibody-Positive Rheumatoid Arthritis.
Arthritis Rheumatol 67(7),1744-1750,2015.(doi: 10.1002/art.39105 )

Terao C, Suzuki A,  Ikari K,   Kochi Y, Ohmura K, Katayama M,  Nakabo S, Yamamoto N, Suzuki T, Iwamoto T,  Yurugi K, Miura Y, Maekawa T,  Takasugi K, Kubo M, Saji H, Taniguchi A,  Momohara S, Yamamoto K, Yamanaka H,  Mimori TMatsuda F : An association between amino acid position 74 of HLA–DRB1 and anti–citrullinated protein antibody levels in japanese patients with anti–citrullinated protein antibody–positive rheumatoid arthritis.
Arthritis Rheumatol 67(8),2038-2045,2015. (doi: 10.1002/art.39133 )

Ashihara E, Munaka T, Kimura S, Nakagawa S, Nakagawa Y, Kanai M, Hirai H, Abe H, Miida T, Yamato S, Shoji S, Maekawa T. Isopentenyl Pyrophosphate Secreted from Zoledronate-Stimulated Myeloma Cells, Activates the Chemotaxis of γδT Cells.
Biochem Biophys Res Commun, 463(4)650-655,2015.  (doi:10.1016/j.bbrc.2015.05.118)

Tamura A, Hirai H, Yokota A, Sato A, Shoji T, Kashiwagi T, Iwasa M, Fujishiro A, Miura Y and Maekawa T: Accelerated apoptosis of peripheral blood monocytes in Cebpb-deficient mice.
Biochem Biophysical Res Commun, 462(2)654-658,2015. (doi:10.1016/j.bbrc.2015.07.045)

Uchiyama T, Kawabata H, Miura Y, Yoshioka S, Iwasa M, Yao H, Sakamoto S, Fujimoto M, Haga H, Kadowaki N, Maekawa T, Takaori-Kondo A : The role of growth differentiation factor 15 in the pathogenesis of primary myelofibrosis.
Cancer Medicine 4:1558-1572,2015. (doi: 10.1002/cam4.502)

Inamoto S, Itatani Y, Yamamoto T, Minamiguchi S, Hirai H, Iwamoto M, Hasegawa S, Taketo MM, Sakai Y, Kawada K: Loss of SMAD4 promotes colorectal cancer progression by accumulation of myeloid-derived suppressor cells through CCL15-CCR1 chemokine axis.
Clin Cancer Res, 2015 Sep 4. pii: clincanres.0726.2015, in press.

Yoshioka S, Miura Y, Iwasa M, Fujishiro A, Yao H, Miura M, Fukuoka M, Nakagawa Y, Yokota A, Hirai H, Ichinohe T, Takaori-Kondo A,Maekawa T: Isolation of mesenchymal stromal/stem cells from small-volume umbilical cord blood units that do not qualify for the banking system.
International Journal of Hematology 102:218-229 ,2015.      (doi 10.1007/s12185-015-1828-7)

Cai Y, Hirata A, Watanabe H, Nakayama S, VanderLaan PA, Levantini E, Yamamoto M, Hirai H, Wong KK, Costa DB, Watanabe H, Kobayashi SS: CCAAT/enhancer binding protein beta is dispensable for normal and tumor development in lung.
PLoS One 10(3):e0120647, 2015. (doi: 10.1371/journal.pone.0120647)

2015年【論文/英文総説)

Ashihara E, Takada T, Maekawa T: Targeting the canonical Wnt ⁄β-catenin pathway in hematological malignancies.
Cancer Sci 106(6), 665-671, 2015. (doi: 10.1111/cas.12655.)

Hirai H, Yokota A, Tamura A, Sato A, Maekawa T: Non-steady-state hematopoiesis regulated by the C/EBPbeta transcription factor.
Cancer Sci 106(7),797-802,2015.  (doi:10.1111/cas.12690) : chosen as an Issue Highlights

2015年 年報 【論文/邦文総説】

吉岡聡、三浦康生:間葉系幹細胞を用いた難治性急性GVHDの治療.
京都がん研究会メールマガジン 129:1, 2015.

三浦康生:Mesenchymal stromal/stem cellの基礎と臨床.
臨床血液 56(10): 2195-2204,2015.

前川 平:研究倫理と利益相反.
臨床血液、56(10):2277-2284, 2015.
【国際学会/シンポジウム】
Miura Y: Effects of irradiation on the functional characteristics of human bone marrow mesenchymal stromal/stem cells.
The 5th International Symposium of RIRBM, Hiroshima, March 2, 2015.
【国際学会/一般演題】
Yokota A, Hirai H, Hayashi Y, Tamura A, Sato A, Iwasa M, Fujishiro A, Shoji T, Miura Y, Maekawa T: IFNα promotes differentiation of BCR-ABL+ leukemic cells through upregulating C/EBPβ. (poster)
International Society for Experimental Hematology, 44th Annual Scientific Meeting, Kyoto, Japan, September 17, 2015.

Tamura A, Hirai H,  Yokota A,  Sato A,  Shoji T,  Kashiwagi T,  Iwasa M,  Fujishiro A, Miura Y, Maekawa T: Csf1r Is a Downstream Target of C/EBPβ in Ly6C¯ Monocytes.[Abstract #994] (poster)Abstract Achievement Award
American Society of Hematology, 57th Annual Meeting, Orland, FL, USA, December 5, 2015.

Fujishiro A, Miura Y, Iwasa M, Fujii S, Tamura A, Sato A, Yokota A, Sugino N, Hirai H, Ando A, Takaori-Kondo A, Ichinohe T, Maekawa T: Vitamin K2 Supports Hematopoiesis through Acting on Bone Marrow Mesenchymal Stromal/Stem Cells .  [Abstract #1192] (poster)
American Society of Hematology, 57th Annual Meeting, Orland, FL, USA, December 5, 2015.
Yokota A, Hirai H, Shoji T, Maekawa T, Okuda K: A Constitutively-Active ABL Family Kinase, TEL-ARG, Induces Lethal Mastocytosis through Sensitizing Hematopoietic Stem/Progenitor Cells to IL-3. [Abstract #2828] (poster)
American Society of Hematology, 57th Annual Meeting, Orland, FL, USA, December 6, 2015.
Iwasa M, Miura Y, Fujishiro A, Fujii S, Sugino N, Tamura A, Sato A, Yokota A, Yoshioka S, Kito K, Ando A, Hirai H, Takaori-Kondo A, Ichinohe T, Maekawa T: Bortezomib Attenuates Adhesion of B Cell Precursor Acute Lymphoblastic Lleukemia Cells to Bone Marrow Mesenchymal Stromal/Stem Cells Via Regulating SPARC Expression. [Abstract #786]      Abstract Achievement Award
American Society of Hematology, 57th Annual Meeting, Orland, FL, USA, December 7, 2015.

Sato A, Hirai H, Yokota A, Tamura A, Shoji T, Kashiwagi T, Iwasa M, Fujishiro A, Miura  Y, Maekawa T: C/EBPβ Isoforms Distinctively and Collaboratively Regulate the Behavior of Hematopoietic Stem and Progenitor Cells in Regenerative  Conditions. [Abstract #3580] (poster)  Abstract Achievement Award
American Society of Hematology, 57th Annual Meeting, Orland, FL, USA, December 7, 2015.

【学会発表/シンポジウム】

Hirai H, Fujishita T, Kurimoto K, Saitou M, Maekawa T,Taketo MM:
CCR1-mediated formation of liver microenvironment for colon cancer metastasis.
日本癌学会シンポジ/共同利用共同研究拠点シンポジがん幹細胞微小環境分子標的~がん進展制御へ挑戦(金沢)    平成27年1月21日(2015)

Ashihara E, Nakagawa Y, Yao H, Takada T, Yokota A, Miura Y, Takata K, Hirai H, Kitamura Y, Maekawa T: Hypoxia-adapted myeloma cells possess stem cell characters.
日本癌学会シンポジ/共同利用共同研究拠点シンポジがん幹細胞微小環境分子標的~がん進展制御へ挑戦(金沢)      平成27年1月21日(2015)

【学会発表/シンポジウム】
横田明日美、平位秀世、林嘉宏、田村彰広、佐藤淳至、岩佐麿佐紀、藤城綾、庄司月美、三浦康生、前川 平: CMLに対するIFNαの作用における転写因子C/EBPβの関与.
平成26年度文部科学省新学術領域研究 がん研究分野特性等を踏まえた支援活動 公開シンポジ(東京)     平成27年1月28日(2015)

 

【学会発表/特別講演】
前川 平:先端的細胞治療・再生治療において臨床検査技師に期待すること(特別講演).
平成26年度 第3回高度先端的医学セミナー「細胞治療分野における将来への展望(東京) 平成27年1月24日(2015)

前川 平:時の流れるままに — CMLから再生医療新法まで(特別講演).
第1回新宿血液疾患懇話会(東京)          平成27年9月4日 (2015)

 前川 平:慢性骨髄性白血病 — 治療の光と影 —.
第53回内科学会近畿支部主催生涯講演会(神戸国際会議場)  平成27年11月28日 (2015)
【学会発表/教育講演】

三浦康生:Mesenchymal stromal/stem cellの基礎と臨床(教育講演)[Abstract #EL7] 
The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology(第77回日本血液学会学術総会)
(金沢)                             平成27年10月16日(2015)

【学会発表/一般演題】
前川 平:低酸素環境に潜む白血病・骨髄腫幹細胞の殲滅を目指した革新的治療法の開発.平成26年度第2回班会議.
がん微小環境ネットワークの統合的研究(文部科学省・科学研究費補助金・新学術領域研究)班会議(つくば国際会議場)                               平成27年1月 14日 (2015)
大江健吾, 山川範之, 湯川尚一郎, 井村嘉孝, 吉藤元, 大村浩一郎, 川端浩, 高折晃史, 三浦康生 三森経世:関節痛、高フェリチン血症を呈し若年性白内障を認めたFerroportin-1のアミノ酸変異によるヘモクロマトーシスの1例.【優秀演題】
第112回日本内科学会総会・講演会(京都)  平成27年4月10日(2015)

杉本絵美、万木紀美子、菱田理恵、丹羽紀実、三浦康生、平位秀世、前川 平: 当院におけるABO亜型検出状況-Am型疑い症例を経験して-.
63回日本輸血細胞治療学会(東京)       平成27年5月28日(2015)

万木紀美子、菱田理恵、吉澤 淳 、丹羽紀実、竹川良子 、杉本絵美 、三浦康生、平位秀世、上本伸二、前川 平: 肝臓移植症例における術前のHLA抗体保有状況についての検討.
63回日本輸血細胞治療学会 (東京)       平成27年5月28日(2015)

横田明日美、平位秀世、庄司月美、前川 平、奥田恵子:TEL-ABLとTEL-ARGは異なる細胞分化経路を活性化して白血病発症を誘導する.(E-1312)
74回日本癌学会学術総会(名古屋)        平成27年10月10日(2015)

岩佐磨佐紀、三浦康生、藤城綾、杉野典子、佐藤淳至、田村彰広、横田明日美、木藤克之、平位秀世、安藤朗、高折晃史、一戸辰夫、前川平:ボルテゾミブは前駆B細胞性白血病細胞の骨髄間葉系幹細胞への接着を減弱させる。(P-3228)
74回日本癌学会学術総会(名古屋)               平成27年10月10日(2015)

Yokota A, Hirai H, Shoji T, Maekawa T, Okuda K: TEL-ARG and TEL-ABL activate distinct differentiation pathways in response to IL-3.  [Abstract #OS-1-216]
The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology(77回日本血液学会学術総会)
(金沢)     平成27年10月16日(2015)

Sato A, Hirai H, Tamura A, Yokota A, Shoji T,Iwasa M, Fujishiro A, Miura Y, Maekawa T:C/EBPβ facilitates cell cycle entry of HSPCs in response to hematological stresses.[Abstract #OS-1-123]
The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (第77回日本血液学会学術総会)(金沢)       平成27年10月16日(2015)

万木紀美子、平位秀世、菱田理恵、丹羽紀実、三浦康生、前川 平、菱澤方勝、近藤忠一、高折晃史:骨髄移植患者およびドナーの保有するHLA抗体についての検討。[Abstract #PS-1-318]
The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (第77回日本血液学会学術総会)(金沢)       平成27年10月16日(2015)

Fujishiro A, Miura Y, Iwasa M, Tamura A, Sato A, Yokota A, Hirai H, Ando A, Maekawa T, Ichinohe T:Effects of low-dose irradiation on human bone marrow mesenchymal stromal/stem cells. [Abstract #PS-2-167]
The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (第77回日本血液学会学術総会)(金沢)       平成27年10月17日(2015)

Tamura A, Hirai H, Yokota A, Sato A, Shoji T, Iwasa M, Fujishiro A, Miura Y, Maekawa T: M-CSF receptor is a downstream target of C/EBPβ in Ly6C monocytes development.[Abstract #PS-3-75]
The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (第77回日本血液学会学術総会)(金沢)       平成27年10月18日(2015)

2015年 【研究会/一般演題】
平位秀世、佐藤淳至、田村彰広、横田明日美、庄司月美、三浦康生、志馬伸朗、前川平: C/EBPbetaによる造血幹細胞制御.
第19回造血器腫瘍研究会(佐賀)            平成27年1月23日(2015)
奥田恵子、横田明日美、庄司月美、平位秀世、前川平:ABLファミリー遺伝子間での生理作用の違いから検討できる分子機構とその意義.
19回造血器腫瘍研究会(佐賀)            平成27年1月24日(2015)

岩佐磨佐紀、三浦康生、藤城綾、吉岡聡、木藤克之、安藤朗、平位秀世、一戸辰夫、前川平:凍結保存されたさい帯血ユニットからの間葉系幹細胞分離の検討.
第23回近畿臍帯血幹細胞移植研究会(大阪)                  平成27年5月9日(2015)【優秀演題賞】

岩佐磨佐紀、三浦康生、藤城綾、杉野典子、木藤克之、平位秀世、安藤明、一戸辰夫、高折晃史、前川平:間葉系幹細胞を標的とした急性リンパ芽球性白血病の治療戦略の基礎検討.
KYOTO BASIC SCIENCE FORUM(京都)                平成27年4月24日 (2015)

一戸辰夫、大島久美、岩佐磨佐紀、藤城綾、三浦康生、前川平:放射線被ばくが骨髄由来間葉系幹細胞の機能に与える影響。
平成27年度広島大学長崎大学連携研究カンファレンス(広島) 平成27年6月6日(2015)
田村彰広: C/EBPbetaはLy6C-単球の生存に必須である.
第二回京都免疫クロストー(京都)                平成27年6月20日(2015)
2015年 【その他】

平位秀世:(特別講義) 疾病予防における生体防御制御機構.
京都府立医科大学保健予防医学特別講義 (京都)   平成27年5月14日(2015)

前川 平:(特別講義)
京都府立医科大学特別講義(京都)  平成27年6月2日(2015)

前川 平:今さら聞けない、輸血のABC(第2弾).
京大病院「医療安全に関する講習会」(京都)    平成27年12月1日(2015)

 

【補助金&助成金】

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:15K09453
課題名:骨髄間葉系間質細胞を標的とした前駆B細胞性急性白血病治療に関する検討
研究期間:平成27年度〜平成29年度
研究代表者:三浦康生

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:25461415
課題名:C/EBPβの制御による慢性骨髄性白血病幹細胞の維持機構の解明と治療への応用
研究期間:平成25年度〜平成27年度
研究代表者:平位秀世 

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:25430149
課題名:STAT-C/EBPβ経路を介した慢性骨髄性白血病幹細胞枯渇療法の開発
研究期間:平成25年度〜平成27年度
研究代表者:横田明日美
研究分担者:平位秀世         

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:26461436
課題名:骨髄低酸素微小環境に潜む多発性骨髄腫幹細胞の根絶をめざした新規治療法の開発
研究期間:平成26年度〜平成28年度
研究代表者:芦原英司
研究分担者:横田明日美

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会) 基盤研究(B)
課題番号:26293277
課題名:急性および晩発性放射線障害に対する包括的細胞治療法の開発
研究期間:平成26年度〜平成28年度
研究代表者:広島大学 一戸辰夫
研究分担者:前川平、三浦康生

事業名:文部科学省 研究振興局 受託研究
課題名:がん微小環境を標的とした革新的治療法の実現
H23年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)
H24年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発及び活性型ナルディライジンを標的とする新規抗体製剤の開発)
H25年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)
H26年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)
H27年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)

研究期間:平成23年12月15日〜平成24年3月31日
              平成24年4月5日〜平成25年3月31日
              平成25年4月2日〜平成26年3月31日
              平成26年4月1日〜平成27年3月31日 
     平成27年4月1日〜平成28年3月31日

研究代表者:武藤 誠
研究分担者:前川平、平位秀世

 

事業名:文部科学省 研究振興局 受託研究
課題名:「再生医療実現拠点ネットワークプログラム 再生医療の実現化ハイウェイ」
拠点名:iPS細胞技術を基盤とする血小板製剤の開発と臨床試験」
実施期間:平成26年4月〜
研究代表者:江藤浩之
研究分担者:前川平

事業名:文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
課題名:創薬・新規医療開発のアカデミア拠点形成
実施期間:平成24年度〜原則5年間
代表申請者:上本伸二、 分担研究者:前川平

事業名:広島大学原爆放射線医科学研究所 共同利用・共同研究
課題名:電離放射線が間葉系幹細胞の多分化能・造血支持能に与える影響の検討
原医研受入研究者:一戸辰夫 
共同研究者(代表):三浦康生、 共同研究者:岩佐磨佐紀、藤城綾、藤井紀恵、杉野典子

事業名:27年度金沢大学がん進展制御研究所共同研究  
課題名:慢性骨髄性白血病におけるケモカイン産生制御機構解明
共同研究者:平位秀世

事業名:若手研究者支援事業 シニア・コア研究者フォローアップ事業
課題名:平成27年度京都大学コアステージバックアップ研究費 
研究者:前川平 

横田明日美:文部科学省新学術領域研究 がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動.
平成27年度国際交流海外派                    平成27年10月(2015)
【民間助成】

三浦康生: 京都大学学術研究支援室 平成26年度第2回英文校閲費支援制度.  平成27年1月23日(2015)

藤城 綾:平成27年度公益財団法人京都大学教育研究振興財団国際研究集会発表助成.   平成27年2月(2015)
岩佐磨佐紀:29回公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団研究交流助成金.   平成27年3月 (2015)
佐藤淳至:27平成27年度加藤記念国際交流助下期)平成27年10月(2015)

田村彰広:公益財団法人 ライフサイエンス振興財団   国際交流援助(研究集会)   平成27年10月(2015)



 

 

 




back to top