HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧

 

 

2014年 年報 【論文/英文原著)

Yamamichi J, Ojima T, Iida M, Yurugi K, Imamura T, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T: Surface chemical approach to single-step measurement of antibody in human serum using localized surface plasmon resonance biosensor on microtiter plate system.
Anal Bioanal Chem 406:4527-4533,2014. (doi: 10.1007/s00216-014-7833-5)

Ebihara Y, Ishikawa K, Mochizuki S, Tanaka R, Manabe A, Iseki T, Maekawa T, Tsuji K: Allogeneic stem cell transplantation for patients with acute myeloid leukemia developing from severe congenital neutropenia. 
Br J Haematol, 164(3):459-461, 2014.

Okabe S, Tauchi T, Tanaka Y, Kitahara T, Kimura S, Maekawa T, Ohyashiki K : Efficacy of the dual PI3K and mTOR inhibitor NVP-BEZ235 in combination with nilotinib against BCR-ABL-positive leukemia cells involves the ABL kinase domain mutation.
Cancer Biology and Therapy 15(2):207-215,2014. (doi: 10.4161/cbt.26725)

Hirai H, Fujishita T, Kurimoto K, Miyachi H, Kitano S, Inamoto S, Itatani Y, Saitou M, Maekawa T, Taketo MM: CCR1-mediated Accumulation of Myeloid Cells in the Liver Microenvironment Promoting Mouse Colon Cancer Metastasis.
Clinical and Experimental Metastasis 31(8):977-989, 2014.    (doi: 10.1007/s10585-014-9684-z)

Morishima T, Watanabe K, Niwa A, Hirai H, Saida S, Tanaka T, Kato I, Umeda K, Hiramatsu H, Saito MK, Matsubara K, Adachi S, Kobayashi M, Nakahata T, Heike T: Genetic correction of HAX1 in induced pluripotent stem cells from a patient with severe congenital neutropenia improves defective granulopoiesis.
Haematologica 99(1):19-27,2014. (doi: 10.3324/haematol.2013.083873)

Morimoto N, Ito T, Takemoto S, Katakami M, Kanda N, Tada H, Tanaka S, Teramukai S, Kawai K, Nakamura Y, Kasai Y, Masayuki Y, Maekawa T, Shimizu A, Suzuki S:An exploratory clinical study on the safety and efficacy of an autologous fibroblast-seeded artificial skin cultured with animal product-free medium in patients with diabetic foot ulcers.
Intemationa Wound Journal 11(2), 183-189, 2014. (doi: 10.1111/j.1742-481X.2012.01064.x)

Yamakawa N, Fujimoto M, Kawabata D, Terao C, Nakashima R, Imura Y, Yukawa N, Yoshifuji H, Ohmura K, Fujii T, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Saji H, Matsuda F, Haga H, Mimori T: A Clinical, Pathological and Genetic Characterization of Methotrexate-Associated Lymphoproliferative Disorders.
J Rheumatol 41:293-299, 2014. (doi: 10.3899/jrheum.130270)

Salah A, Fujimoto M, Yoshizawa A, Yurugi K, Miyagawa(Hayashino) A, Sumiyoshi S, Minamiguchi S, Uemoto S, Maekawa T, Haga H: Applicatioon of complement component 4d immunohistocheistry to ABO-compatible and ABO-incompatible.
Liver Transpl 20 (2) , 200-209, 2014.  (doi:10.1002/lt.23789)

Okabe S, Tauchi T, Kimura S, Maekawa T, Kitahara T, Tanaka Y, Ohyashiki K:Combining the ABL1 kinase inhibitor ponatinib and the histone deacetylase inhibitor vorinostat: A potential treatment for BCR-ABL-positive leukemia. 
PLos ONE 9 (2) , 28 February 2014, Article number e89080.  (doi: 10.1371/journal.pone.0089080)

Yoshioka S, Miura Y, Yao H, Satake S, Hayashi Y, Tamura A, Hishita T, Ichinohe T, Hirai H, Takaori-Kondo A, Maekawa T: CCAAT/Enhancer-Binding Protein β Expressed by Bone Marrow Mesenchymal Stromal Cells Regulates Early B-Cell Lymphopoiesis. 
Stem Cells 32: 730–740, 2014. (doi: 10.1002/stem.1555)

Yao H, Miura Y, Yoshioka S, Miura M, Hayashi Y, Tamura A, Iwasa M, Sato A, Hishita T, Higashi Y, Kaneko H, Ashihara E, Ichinohe T, Hirai H,  Maekawa T: Parathyroid hormone enhances hematopoietic expansion via upregulation of cadherin-11 in bone marrow mesenchymal stromal cells.
Stem Cells, 32:2245-2255, 2014 . (doi: 10.1002/stem.1701)

Aoyama T, Goto K, Kakinoki R, Ikeguchi R, Ueda M Kasai Y, Maekawa T, Tada H, Teramukai S, Nakamura T, Toguchida J: An exploratory clinical trial for idiopathic osteonecrosis of femoral head by cultured autologous multipotent mesenchymal stromal cells augmented with vascularized bone grafts. 
Tissue Engineering –partB reviews 20(4),233-242, 2014. (doi: 10.1089/ten.teb.2014.0090)

Ohe H, Uchida Y, Yoshizawa A,  Hirao H, Taniguchi M, Maruya E, Yurugi K, Hishida R, Maekawa T, Uemoto S, Tersaki PI: Association of anti-human leukocyte antigen and anti-angiotensin II type 1 receptor antibodies with liver allograft fibrosis after immunosuppression withdrawal.  
Transplantaion 98(10): 1105–1111,2014.  (doi: 10.1097/TP.0000000000000185)

2014年 年報 【論文/英文総説】

板谷喜朗、河田健二、平位秀世、波多野悦朗、前川平、上本伸二、坂井義治、武藤誠: 大腸癌におけるSMAD4欠損によりケモカインCCL15が分泌され、CCR1陽性骨髄細胞が集積し、肝転移を促進する.
INTESTINE 18(6), 2014
2014年 【国際学会/一般演題】

Iwasa M, Miura Y, Fujishiro A, Tamura A, Sato A,  Yokota A,  Nakagawa Y, Yoshioka S, Hirai  H, Andoh A, Ichinohe T Maekawa T:
TITLE: Effects of Irradiation on the Functional Characteristics of Human Bone Marrow Mesenchymal Stromal/Stem Cells. [Abstract #1589] (poster)
American Society of Hematology, 56th Annual Meeting, San Francisco, CA, USA, December 6, 2014.

Yokota A, Hirai H, Shoji T, Maekawa T, Okuda K:
C-Terminal Domain of ABL Family Kinases, ABL and ARG, Defines Their Distinct Leukemogenic Activities in Vivo.
 [Abstract #2368] (poster)
American Society of Hematology, 56th Annual Meeting, Sun Francisco, CA, USA, December 7, 2014. Abstract Achievement Award.
Hirai H, Fujishita T, Kurimoto K, Saitou M,  Maekawa T,  Mark M Taketo :
CCR1-Mediated Formation of Liver Microenvironment for Cancer Metastasis.  [Abstract #4102] (poster)
American Society of Hematology, 56th Annual Meeting, San Francisco, CA, USA, December 8, 2014.

Tamura A, Hirai H, Yokota A, Sato A, Yao H, Iwasa M, Fujishiro A, Miura Y,  Maekawa T: Essential Roles of C/EBPβ in Survival of Ly6C– monocytes. [Abstract #224] (oral)
American Society of Hematology, 56th Annual Meeting, San Francisco, CA, USA, December 8, 2014. Abstract Achievement Award.

Takeshita A, Adachi M, Kim DW, Han KS, Kwon SY, Kim HO, Suh JS, Watanabe H, Uchikawa M,  Tomoda Y, Yurugi K,  Kino S,  Ohto H:
 Differences in Transfusion-Related Alloimmunity to Erythrocytes Between South Korea and Japan; Recent Results from the Third Cooperative International Study of Alloimmunity to Antigen Diversity in Asian Populations.  [Abstract #4295] (poster)
American Society of Hematology, 56th Annual Meeting, San Francisco, CA, USA, December 8, 2014.
2014年 【学会発表/教育講演】
前川 平
:医学研究と利益相反マネジメント. 
The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
(第76回日本血液学会学術総会)
(大阪)      2014年11月1日(2014)
2014年【学会発表/シンポジウム】

吉澤淳、上田大輔、平田義弘、菱田理恵、万木紀美子、平位秀世、宮川文、秦浩一郎、植村忠弘、藤本康弘、小川晃平、森章、岡島英明、海道利実、前川平、羽賀博典、上本伸二:肝移植における抗ドナー抗体陽性に対する抗体関連型拒絶反応の予防と治療. シンポジウムⅡ 各臓器移植での交代関連拒絶の現状と対策.
23回日本組織適合性学会(長崎)         平成26年9月15日(2014)

2014年 【学会発表/一般演題】

平位秀世、田村彰広、横田明日美、佐藤淳至、岩佐磨佐紀、三浦康生、前川 平:単球造血におけるC/EBPβの機能解析.
18回造血器腫瘍研究会(兼、がん研究開発費「がん幹細胞に対する新規分子標的治療薬の開発を目指した基盤研究」班会議)(東京)     平成26年2月7日(2014)

三浦康生、八尾尚幸、吉岡 聡、岩佐磨佐紀、田村彰広、佐藤 淳、横田明日美、平位秀世、一戸辰夫、前川 平:間葉系幹細胞と副甲状腺ホルモンを応用した造血細胞の増幅. (O26-1)
第36回日本造血細胞移植学会総会(沖縄)       平成26年3月8日(2014)

万木紀美子、三浦康生、菱田理恵、平位秀世、北脇年雄、錦織桃子、菱澤方勝、近藤忠一、北野俊行、高折晃史、前川平. 骨髄移植症例におけるドナー由来HLA抗体への対応.
62回日本輸血・細胞治療学会総会(奈良)         平成26年5月16日(2014)

前川 平:低酸素環境下での骨髄腫細胞の増殖動態.平成26年度第1回班会議.
がん微小環境ネットワークの統合的研究(文部科学省・科学研究費補助金・新学術領域研究)班会議 (東京)
 平成26年6月 5日 (2014)

井上雄太:感染時顆粒球産生におけるC/EBPbetaの働き.
基礎医学研究者育成プロジェクト第3回4大学リトリート(犬山市)    平成26年8月22日(2014)

上田大輔、吉澤淳、平田義弘、菱田理恵、万木紀美子、宮川文、秦浩一郎、植村忠弘、藤本康弘、小川晃平、森章、岡島英明、海道利実、前川平、羽賀博典、上本伸二:成人肝移植後における抗ドナーHLA抗体測定意義の検討.
23回日本組織適合性学会(長崎)         平成26年9月13日~9月15日(2014)

吉岡聡、三浦康生、八尾尚幸、岩佐磨佐紀、藤城綾、東弥生、田村彰広、佐藤淳至、横田明日美、平位秀世、一戸辰夫、高折晃史、前川平:さい帯血バンク保存基準に満たない小容量さい帯血ユニットを利用した間葉系幹細胞樹立の試み.
23回日本組織適合性学会(長崎)                  平成26年9月15日(2014)

平田義弘、吉澤淳、上田大輔、菱田理恵、万木紀美子、平位秀世、宮川文、小川絵里、安井良僚、園田真理、岡島英明、海道利実、前川平、羽賀博典、上本伸二:抗ドナー抗体(DSA)陽性で高度な移植肝繊維化の進行を認めた症例に対して免疫抑制療法強化でDSAが陰性化し線維化が改善した1例.
23回日本組織適合性学会(長崎)         平成26年9月15日(2014)

 

横田明日美、平位秀世、林 嘉宏、田村彰広、佐藤淳至、八尾尚幸、岩佐麿佐紀、藤城 綾、三浦康生、前川 平:BCR-ABL発現白血病細胞に対するC/EBPβを介したIFNαの作用. 
73回日本癌学会学術総会(横浜) 平成26年9月26日(2014)

Sato A, Hirai H, Tamura A, Yokota A, Hayashi Y, Yao H, Yoshiioka S, Iwasa M, Miura Y, Maekawa T: C/EBPβpromotes initial expansion and exhaustion of hematopoietic stem cells in response to stresses. (転写因子C/EBPβは造血幹細胞の造血回復初期の増幅及び枯渇を促進する)
 
The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
(第76回日本血液学会学術総会)(大阪) 2014年10月31日(2014)

Tamura A, Hirai H, Yokota A, Sato A, Yao H, Yoshioka S, Iwasa M, Miura Y, Ashihara E, Maekawa T: Critical roles of C/EBP β for survival of Ly6C-Monocytes. ( C/EBPβはLy6C-単球の生存に必須である)

The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
(第76回日本血液学会学術総会)
(大阪)    2014年10月31日(2014)

Iwasa M, Miura Y, Yao H, Yoshioka S, Fujishiro A, Tamura A, Sato A, Yokota A, Hirai H, Ando A, Ichinohe T, Maekawa T: Effect of irradiation on the characteristics of human bone marrow mesenchymal stromal/stem cells. (放射線がヒト骨髄間葉系幹細胞に及ぼす影響の検討)
 
The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
(第76回日本血液学会学術総会)
(大阪)     2014年11月1日(2014)

Yokota A, Hirai H, Maekawa M, Okuda K: C-terminal domain of ABL and ARG kinases defines their distinct leukemogenic activities in mice.(ABLおよびARGキナーゼのC末端領域は造白血病活性を制御する)

The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
(第76回日本血液学会学術総会)
(大阪)     2014年11月2日(2014)

Yokota A, Hirai H, Hayashi Y, Tamura A, Sato A, Yao H,Yoshioka S, Iwasa M, Miura Y,  Maekawa T:
Involvement of C/EBP β in IFN α-induced differentiation of BCR-ABL-expressing leukemic cells. (IFNαによって誘導されるBCR-ABL発現白血病細胞の分化にお
けるC/EBPβの関与)  優秀ポスター賞
The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
(第76回日本血液学会学術総会)
(大阪)             2014年10月31日(2014
)

Yoshioka S, Miura Y, Yao H, Iwasa M, Fujishiro A, Higashi Y, Yokota A, Tamura A, Sato A, Hirai H, Ichinohe T, Takaori-Kondo A, Maekawa T: Isolation of mesenchymal stromal/stem cells from UCB ineligible for public UCB donation.(さい帯血バンクの保存基準に満たないさい帯血からの間葉系幹細胞の樹立) 
The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology 
(第76回日本血液学会学術総会)
(大阪)                   2014年11月1日(2014)

Matsuda Y, Yamauchi T, Shigemi H, Negoro E, Morinaga K, Uzui K, Nishi R, Kimua S, Maekawa T, Ueda T: Panovinostat and Ponatinib show synergistic cytotoxicity against Imatinib-resistant CML cell lines.
The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology
(第76回日本血液学会学術総会)
(大阪)                    2014年11月1日(2014)

Tanizawa A, Kurosawa H, Watanabe A, Ito M, Tono C, Shima H, Yuza Y, Muramatsu H, Hotta N, Okada M, Hirai H, Shimada H: 小児慢性期慢性骨髄性白血病に対する多施設共同観察研究(CML-08)平成26年度予備解析:変異解析について.
56小児血液がん学会学術集会(岡山)    平成26年11月28日 (2014)
2014年 【学会発表/研究会】

藤井 渉:骨髄由来抑制細胞はコラーゲン誘導関節炎の制御に重要な役割を果たす.
第24回京都府立医科大学学友会青蓮賞受賞講演会 (京都) 平成26年3月7日(2014)

吉岡聡、三浦康生、八尾尚幸、岩佐磨佐紀、藤城綾、東弥生、田村彰広、佐藤淳至、横田明日美、平位秀世、一戸辰夫、高折晃史、前川平:さい帯血バンク保存基準に満たない少容量さい帯血ユニットを利用した間葉系幹細胞樹立の試み.
22回近畿臍帯血幹細胞移植研究会(大阪)                平成26年5月10日(2014)
三浦康生:Physiological & Pathological Precursor B-cell Lymphopoiesis Regulated by Bone Marrow Mesenchymal Stromal/Stem Cells. 
13回先端血液フォーラム(特別講演)(岡山)     平成26年6月20日(2014)
2014年  【学会発表/その他(特別講義)】

平位秀世: 疾病予防における生体防御制御機構.
京都府立医科大学・保健予防医学特別講義 (京都)   平成26年5月15日(2014)

前川 平:(特別講義)
京都府立医科大学特別講義(京都)  平成26年5月28日(2014)

三浦康生:よく見る血液疾患の診断と治療.
33回武庫川女子大学薬学講座(兵庫)   平成26年7月19日(2014)

万木紀美子:輸血管理. (研修会)
京大病院 輸液管理認定看護研修レベル 養成コース(京都)  平成26年10月31日(2014)

前川 平:顆粒球輸血—その光と影—.話題提供1.
58回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(和歌山) 平成26年11月 15日 (2014)

前川 平:医学研究におけるCOIマネジメントの在り方(特別講演)
15回佐賀大学ヒトゲノム遺伝子解析研究臨床研究治験推進セミナ(佐賀)   平成26年11月 19日(2014)
【特許出願】

発明の名称 :細胞選別器及び細胞選別方法
京大整理番号:3538
国際出願番号:PCT/JP2012/070788
米国出願番号:14/342,583(出願日:2014/03/04)
米国公開番号:US2014-0227733(公開日:2014/08/14)

【補助金&助成金】

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(B)
課題番号:24390244
課題名:CML幹細胞の特異的代謝経路と転写因子制御を標的とした新規治療法の開発
研究期間:平成24年度〜平成26年度
研究代表者:前川 平
研究分担者:三浦康生 

事業名:文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究
課題番号:25112706
課題名:骨髄低酸素環境における骨髄腫幹細胞維持分子を標的とした新規治療開発
研究期間:平成25年度〜平成26年度
研究代表者:前川平

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:25430149
課題名:STAT-C/EBPβ経路を介した慢性骨髄性白血病幹細胞枯渇療法の開発
研究期間:平成25年度〜平成27年度
研究代表者:横田明日美
研究分担者:平位秀世

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:25461415
課題名:C/EBPβの制御による慢性骨髄性白血病幹細胞の維持機構の解明と治療への応用
研究期間:平成25年度〜平成27年度
研究代表者:平位秀世 

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:26461436
課題名:骨髄低酸素微小環境に潜む多発性骨髄腫幹細胞の根絶をめざした新規治療法の開発
研究期間:平成26年度〜平成28年度
研究代表者:芦原英司
研究分担者:横田明日美

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会) 基盤研究(B)
課題番号:26293277
課題名:急性および晩発性放射線障害に対する包括的細胞治療法の開発
研究期間:平成26年度〜平成28年度
研究代表者:広島大学 一戸辰夫
研究分担者:前川平、三浦康生

事業名:文部科学省 研究振興局 受託研究
課題名:がん微小環境を標的とした革新的治療法の実現
H23年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)
H24年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発及び活性型ナルディライジンを標的とする新規抗体製剤の開発)
H25(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)
研究期間:平成23年12月15日〜平成24年3月31日
              平成24年4月5日〜平成25年3月31日
              平成25年4月2日〜平成26年3月31日
              平成26年4月1日〜平成27年3月31日 
研究代表者:武藤 誠
研究分担者:前川平、平位秀世

 

事業名:文部科学省 研究振興局 受託研究
課題名:「再生医療実現拠点ネットワークプログラム 再生医療の実現化ハイウェイ」
拠点名:iPS細胞技術を基盤とする血小板製剤の開発と臨床試験」
実施期間:平成26年4月〜
研究代表者:江藤浩之
研究分担者:前川平

事業名:文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
課題名:創薬・新規医療開発のアカデミア拠点形成
実施期間:平成24年度〜原則5年間
代表申請者:上本伸二、 分担研究者:前川平

横田明日美:文部科学省新学術領域研究 がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動.
平成26年度国際交流海外派                    平成26年10月(2014)

事業名:広島大学原爆放射線医科学研究所 共同利用・共同研究
課題名:電離放射線が間葉系幹細胞の多分化能・造血支持能に与える影響の検討
原医研受入研究者:一戸辰夫 
共同研究者(代表):三浦康生、 共同研究者:岩佐磨佐紀、藤城綾

【民間助成】

 前川 平:第25年度 高松宮妃癌研究基金研究助成金(Research Grant of the Princess Takamatsu Cancer Research Fund)
「低酸素ニッチに潜む白血病幹細胞をターゲットにした新規治療法の開発」       平成26年2月21日(2014)

 三浦康生:武田科学振興財団 2014年度 医学系研究奨励(臨床)(Takeda Science Foundation) 
「間葉系幹細胞を標的とした造血細胞移植後合併症の病態解明と治療への応用」         平成26年11月12日(2014)
 田村彰広:26回(平成26年度)加藤記念国際交流助成(下期)                      平成26年9月(2014)

 




back to top