HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧

 

2013年【論文/英文原著】
Terao C, Yoshifuji H, Kimura A, Matsumura T, Ohmura K, Takahashi M, shimizu M, Kawaguchi T, Chen Z, Naruse TK, Sato-Otubo A, Ebana Y, Maejima Y, Kinoshita H, Murakami K, Kawabata D, Wada Y, Narita I, Tazaki J, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Ogawa S, Komuro I, Nagai R, Yamada R, Tabara Y, Isobe M, Mimori T, Mastuda F: Two novel susceptibility loci to Takayasu arteritis and synergistic role of the IL12B and HLA-B regions in a Japanese population. 
Am J Human Genet 93:1-9, 2013. (doi:10.1016/j.ajhg.2013.05.024)

Okabe S, Tauchi T, Tanaka Y, Kimura S, Maekawa T, Ohyashiki K: Activity of histone deacetylase inhibitors and an Aurora kinase inhibitor in BCR-ABL expressing leukemic cells.
Cancer Cell International 13(1):32-40 ,2013. (doi:10.1186/1475-2867-13-32)

Miura Y, Yoshioka S, Yao H, Takaori-Kondo A, Maekawa T, Ichinohe T. Chimerism of bone marrow mesenchymal stem/stromal cells in allogeneic hematopoietic cell transplantation: is it clinically relevant?
Chimerism 4(3):78-83, 2013. (doi:10.4161/chim.25609)

Yoshizawa A, Egawa H, Yurugi K, Hishida R, Tsuji H, Ashihara E, Miyagawa-Hayashino A, Teramukai S, Maekawa T, Haga H, Uemoto S: Significance of semi-quantitative assessment of performed donor-specific antibody using Luminex single bead assay in living related liver transplantation.
Clinical and Developmental Immunol vol.2013,Article ID 972705, 2013.  (DOI: 10.1155/2013/972705)

Katagiri S, Tauchi T, Okabe S, Minami Y, Kimura S, Maekawa T, Naoe T, Ohyashiki K: Combination of ponatinib with Hedgehog antagonist vismodegib for therapy-resistant BCR-ABL1 positive leukemia.
Clin Cancer Res 19(6):1422-1432,2013.(doi:10.1158/1078-0432.CCR-12-1777)

Itatani Y, Kawada K, Fujishita T, Kakizaki F, Hirai H, Matsumoto T, Iwamoto M, Inamoto S, Hatano E, Hasegawa S, Maekawa T, Uemoto S, Sakai Y, Taketo MM: Loss of SMAD4 from colorectal cancer cells promotes CCL15 expression to recruit CCR1+ myeloid cells and facilitate liver metastasis. 
Gastroenterol 145(5): 1064-1075.e11, 2013.  (doi: 10.1053/j.gastro.2013.07.033)

Koto K, Murata H, Kimura K, Sawai Y,  Horie N,  Matsui T, Ryu K, Ashihara E,  Maekawa T, Kubo T,  Fushiki S: Zoledronic acid significantly enhances radiation induced apoptosis against human fibrosarcoma cells by inhibiting radioadaptive signaling.
Int J Oncol 42(2):525-534,2013.(doi: 10.3892/ijo.2012.1735)

Fujii W, Ashihara E, Hirai H, Nagahara H, Fujioka K, Murakami K, Seno T, Yamamoto A, Ishino H, Kohno M, Maekawa T, Kawahito Y.  Myeloid-derived suppressor cells play crucial roles in the regulation of mouse collagen-induced arthritis.
J Immunol 191(3): 1073-1081, 2013.  (doi: 10.4049/jimmunol.1203535)

Hayashi Y, Hirai H, Kamio N, Yao H, Yoshioka S, Miura Y, Ashihara E, Fujiyama Y, Tenen DG and Maekawa T: C/EBPβ promotes BCR-ABL-mediated myeloid expansion and leukemic stem cell exhaustion. 
Leukemia 27(3):619-628,2013.(doi: 10.1038/leu.2012.258)

Sawai Y. Murata H. Horii M, Koto K, Matsui T, Horie N, Tsuji Y, Ashihar E, Maekawa T, Kubo T, Fushiki S: Effectiveness of sulforaphane as a radiosensitizer for murine osteosarcoma cells.
Oncol Rep 29(3): 941-945 ,2013. (doi: 10.3892/or.2012.2195)

Okuda K ,Hirai H:Distinct transforming activity of ABL family tyrosine kinase oncogenes is induced by their C-terminal domain.
Open Journal of Blood Diseases,3, 23-33, 2013.

Hirai H, Kamio N, Huang G, Matsusue A, Ogino S, Kimura N, Satake S, Ashihara E, Imanishi J, Tenen  DG, Maekawa T: Cyclic AMP Responsive Element Binding Proteins Are Involved in ‘Emergency’Granulopoiesis through the Upregulation of CCAAT/Enhancer Binding Protein β.
PLoS ONE  8(1): e54862 ,2013. (doi:10.1371/journal.pone.0054862)

Terao C, Yoshifuji H, Ohmura K, Murakami K, Kawabata D, Yurugi K, Tazaki J, Kinoshita H, Kimura A, Akizuki M, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Miura Y, Maekawa T, Saji H, Mimori T : Association of Takayasu arteritis with HLA-B*67:01 and two amino acids in HLA-B protein.
Rheumatology 52(10):1769-1774, 2013.   (doi: 10.1093/rheumatology/ket241)

Atsuta I, Liu S, Miura Y, Akiyama K, Chen C, An Y, Shi S, Chen FM : Mesenchymal stem cells inhibit multiple myeloma cells via the Fas-L/Fas pathway.
Stem Cell Res Ther. 4:111,2013.  (doi: 10.1186/scrt322)  

Ohsumi A, Chen F, Yurugi K, Maekawa T, Shoji T, Sato M, Aoyama A, Bando T, Date H.: Incidence and pattern of hemolytic anemia after minor ABO-mismatched living-donor lobar lung transplantation.  
Surg Today 43(11):1250-1253, 2013.(doi: 10.1007/s00595-012-0422-3)

2013年 年報 【論文】(邦文総説)

三浦康生:間葉系幹細胞による造血制御と臨床応用.
血液内科 67:227-231,2013.

2013年 年報 【論文】(英文著書)

Ashihara E, Maekawa T: RNA Interference for Oncology: Clinical Prospects Beyond the Hype.
Emerging Trends in Cell and Gene Therapy. Danquah MK, Mahato RI, editors. Springe, New York Heidelberg Dordrecht London: pp287-305, 2013.

林 嘉宏、平位秀世、前川 平: 慢性期CMLと類白血病反応に共通する分子機構.
血液内科 67 (5):638-645, 2013. 

三浦康生:間葉系幹細胞と造血. 小澤敬也(編集). 間葉系幹細胞を用いた細胞治療.
血液フロンティア. 医薬ジャーナル社 23:21-27,2013.
笠井泰成、前川 平:細胞調製施設の概要と運営.
整形・災害外科、臨時増刊号「再生医療の現況と最前線」戸口田淳也 企画編集.金原出版、56(5): 451-459, 2013.
万木紀美子、前川 平:輸血療法とその副作用—見逃されている臨床病態.
日本医事新報、4663:40-46, 2013.

三浦康生:間葉系幹細胞による造血制御.
臨床血液 54(5),431-435, 2013.(Cover figure selection)

平位秀世:好中球分化異常と疾患
臨床血液 54(10), 27-38, 2013.

2013年 年報 【論文】(邦文原著)

万木紀美子、小島裕人、平位秀世、菱田理恵、藤井直樹、大久保和俊、三浦康生、兼松明弘、近藤忠一、吉岡聡、小川修、高折晃史、佐治博夫、前川平:HLA抗体検査における血清非働化の必要性について-血清非働化によりHLA抗体強陽性を判定しえた2症例の経験から-
輸血・細胞治療学会誌 59(3),462-468, 2013.
【国際学会/シンポジウム】

Miura Y: Pharmacological Targeting of Bone Marrow Mesenchymal Stromal/Stem cells for Regulation of Hematopoiesis.
AsiaCORD 2013, Scientific Symposium I-2 “New Insights into Stem Cell Biology-Interactions between Stromal Cells & Solid tumor/Leukemic Stem Cells”, (Kobe, Japan)(April 19, 2013)

Yao H, Miura Y, Yoshioka S, Hayashi Y, Yokota A, Tamura A, Ichinohe T, Hirai H and Maekawa T. Parathyroid hormone enhances expansion through CDH11 in human bone marrow mesenchymal stromal/stem cells.
AsiaCORD 2013, Scientific Symposium I-1 “New Insights into Stem Cell Biology- Stem Cell Development & Differentiation”(Kobe, Japan)(April 19, 2013)

【国際学会/一般演題】
Fujii W, Nagahara H, Kajitani  N, Fujioka K, Murakami K, Nakamura K, Seno T, Yamamoto A, Ishino H, Kohno M, Kawahito Y:Protective roles of myeloid-derived suppressor cells in autoimmune arthritis murine models through inhibiting pro-inflammatory immune response of CD4+ T cell.
The 57th Annual General Assemble and Scientific Meeting of the Japan Collage of Rheumatology(Kyoto, Japan) (April 18, 2013) (※JCR2013 International Workshop Award 受賞

Yoshioka S, Miura Y, Yao H, Hayashi Y, Tamura A, Hishita T, Ichinohe T, Hirai H, Takaori-Kondo A and Maekawa T. C/EBPβ in mesenchymal stromal/stem cells regulates early B cell lymphopoiesis.
AsiaCORD 2013, Scientific Symposium I-1 “New Insights into Stem Cell Biology- Stem Cell Development & Differentiation” (Kobe, Japan)(April 19, 2013)

Ohe H, Uchida Y, Yoshizawa A, Hirao H, Taniguchi M, Maruya E, Maekawa T, Uemoto S, Terasaki PI: Impact of donor-specific anti-HLA and anti-angiotensin-II type 1 receptor antibodies on graft fibrosis after immunosuppression withdrawal in pediatric liver transplantation.
The 13th Congress of the Asian Society of Transplantation (Kyoto, Japan)(September 2-6, 2013)

Fujii W, Ashihara E, Hirai H, Nagahara H, Fujioka K, Murakami K, Seno T, Yamamoto A, Ishino H, Kohno M, Maekawa T, Kawahito Y: Myeloid-derived suppressor cells have regulatory roles in mouse collagen-induced arthritis.  
Annual European Congress of Rheumatology (Madrid, Spain)(June 13, 2013)

Yoshioka S, Miura Y, Yao H, Iwasa M, Sato A, Tamura A, Yokota A, Hishita T, Ichinohe T,  Hirai H, Maekawa T:  C/EBPβ expressed by bone marrow mesenchymal stromal cells is indispensable for precursor B-cell lymphopoiesis. [Abstract #1213]. American Society of Hematology, 55th Annual Meeting, New Orleans, LA, USA, December 7, 2013.
American Society of Hematology, 55th Annual Meeting, New Orleans, LA, USA, December 6, 2013.  Abstract Achievement Award.
Yokota A, Hirai H, Hayashi Y, Tamura A, Sato A, Yao H, Yoshioka S, Iwasa M, Ashihara E, Miura Y, Maekawa T: Cytokine-STATs signalings upregulate endogenous C/EBPβ in BCR-ABL+ leukemic cells independently from BCR-ABL signaling. [Abstract #1468].
American Society of Hematology, 55th Annual Meeting, New Orleans, LA, USA, December 7, 2013.Abstract Achievement Award.
Tamura A, Hirai H, Hayashi Y, Yokota A, Sato A, Yao H, Yoshioka S, Iwasa M, Ashihara E, Miura Y, Maekawa T: Cell-intrinsic and -extrinsic involvement of C/EBPβ in the regulation of hematopoietic stem cells. [Abstract #1202].
American Society of Hematology, 55th Annual Meeting, New Orleans, LA, USA, December 7, 2013.
Ashihara E, Nakagawa Y, Yao H, Yokota A, Miura Y, Takata K, Kitamura Y, Hirai H , Maekawa T: Hypoxia-Adapted Myeloma Cells Possess Stem Cell Character. [Abstract #3088]. 
American Society of Hematology, 55th Annual Meeting, New Orleans, LA, USA, December 8, 2013.
Yao H, Miura Y, Yoshioka S, Iwasa M, Sato A, Tamura A, Yokota A, Ashihara E, Ichinohe T, Hirai H,Maekawa T: Direct Interaction with Bone Marrow Mesenchymal Stromal/Stem Cells Is Required for Hematopoietic Expansion by Parathyroid Hormone. [Abstract #3689].
American Society of Hematology, 55th Annual Meeting, New Orleans, LA, USA, December 9, 2013.

【学会発表/研究会】

三浦康生、吉岡聡、八尾尚幸、平位秀世、前川平、一戸辰夫:骨髄間葉系幹細胞の前駆B細胞性白血病細胞増殖への影響. 厚生労働科学研究免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業「灌流法により採取された骨髄細胞を用いた骨髄内骨髄移植療法:基礎から臨床へ」(池原班)
平成24年度第2回造血幹細胞移植合同班会議(東京) 平成25年1月13日-14日(2013)

【学会発表/教育講演】

平位秀世:好中球分化異常と疾患. (教育講演5)
第75回日本血液学会総会 (札幌)   平成25年10月11日(2013)

三浦康生:間葉系幹細胞による血液細胞の増幅制御. 
都大学医学部附属病院探索医療センター研究セミナー(京都) 平成25年2月20日(2013)
前川 平:血液疾患から考えるグリベック耐性の機序(特別講演).
21回近畿GIST研究会(大阪)      平成25年10月19日(2013)
【学会発表/特別講演】
前川 平:輸血療法とその副作用―見逃されている臨床病態―(教育講演).
第110回日本内科学会総会・講演会(東京、東京国際フォーラム)       平成25年4月 13日 (2013)  
吉岡聡,三浦康生,万木紀美子,平位秀世,東 弥生,高折晃史,前川 平: 接着法による効率的なさい帯血からの間葉系幹細胞分離に関する検討
第61回日本輸血・細胞治療学会総会(横浜)    平成25年5月17日(2013)
2013年 【学会発表/一般演題】

万木紀美子、平位秀世、菱田理恵、吉澤 淳、吉岡 聡、三浦康生、芦原英司、上本伸二、前川 平:原発性胆汁性肝硬変患者が保有するHLA抗体について.
第61回日本輸血・細胞治療学会総会(横浜)    平成25年5月16日 (2013)

万木紀美子、平位秀世、藤本康弘、河村朋子、樋口征昭、丹羽紀美、竹川良子、菱田理恵、三浦康生、辻 肇、上本伸二、前川 平:高頻度抗原に対する不規則抗体および複合抗体陽性の肝臓移植症例への対応 ― 院内および血液センターとの連携の重要性 ―.
第61回日本輸血・細胞治療学会総会(横浜)    平成25年5月17日 (2013)
渡邊弘子、竹下明裕、友田 豊、万木紀美子、西野主眞、大友直樹、奥田 誠、安田広康、川畑絹代、内川 誠、紀野修一、大戸 斉:赤血球不規則抗体検査に関する共同研究報告.
第61回日本輸血・細胞治療学会総会(横浜)    平成25年5月18日 (2013)

田村彰広、平位秀世、佐竹早紀子、志馬伸朗、佐和貞治:転写因子C/EBPbはカンジダ感染後の造血幹細胞・骨髄系前駆細胞の増殖を制御する. 
87回日本感染症学会(横浜) 平成25年6月5日(2013)

林 嘉宏、平位秀世、横田明日美、八尾尚幸、三浦康生、芦原英司、前川 平:転写因子C/EBPβは骨髄系分化・増殖の誘導によりCML幹細胞を減少させる.
第17回日本がん分子標的治療学会学術総会(京都)   平成25年6月13日(2013)

藤井渉、芦原英司、平位秀世、村上憲、妹尾高宏、山本相浩、石野秀岳、河野正孝、前川平、川人豊 : コラーゲン誘導関節炎におけるMyeloid-derived suppressor cellsは関節炎の制御に重要な役割を果たす.
第34回日本炎症・再生医学会 (京都)                平成25年7月3日(2013)     ※優秀演題賞受賞
八尾尚幸:副甲状腺ホルモンは骨髄間葉系幹細胞を刺激し、cadherin-11を介して造血細胞の増幅を増強する.
平成25年度第9回麒麟塾(東京)                平成25年7月13日 (2013)

Yao H, Miura Y, Yoshioka S, Iwasa M, Sato A, Hayashi Y, Tamura A, Yokota A, Ichinohe T, Tohyama K, Hirai H, Maekawa T: Proliferation and differentiation of hematopoietic cells by osteogenic-induced bone marrow MSCs.
The 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (Jpn J Clin Hematol. 2013;54:346, OS-2-113), Sapporo, Oct 12, 2013.

Tamura A, Hirai H, Hayashi Y, Yokota A, Yao H, Yoshioka S, Sato A, Iwasa M, Ashihara E, Miura Y, and Maekawa T. Involvement of C/EBPβ in the regulation of hematopoietic stem cells.
The 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (Jpn J Clin Hematol. 2013;54:437, PS-1-2), Sapporo, Oct 11, 2013. (ポスター)

万木紀美子、平位秀世、藤本康弘、丹羽紀実、竹川良子、菱田理恵、三浦康生、上本伸二:高頻度抗原に対する不規則抗体(抗Jra抗体)の抗体価推移の検討.
第75回日本血液学会総会 (臨床血液2013;54:689, PS-2-359)(札幌) 平成25年10月12日(2013) (ポスター)

寺尾知可史、吉村弘、窪田純久、渡邊奈津子、西原永潤、清水正和、川口喬久、小島裕人、万木紀美子、三浦康生、佐治博夫、前川平、山田亮、伊藤公一、宮内昭、赤水尚史、松田文彦:抗甲状腺薬による無顆粒球症はHLA領域の4つの多型と関連する.
第56回日本甲状腺学会学術集会(日本甲状腺学会雑誌2013;89:467, OS6-7)(和歌山)  平成25年11月16日(2013)

寺尾知可史、吉村弘、窪田純久、渡邊奈津子、西原永潤、清水正和、川口喬久、小島裕人、万木紀美子、三浦康生、佐治博夫、前川平、山田亮、伊藤公一、宮内昭、赤水尚史、松田文彦:抗甲状腺薬による無顆粒球症はHLA領域の4つの多型と関連する.
第58回日本人類遺伝子学会(仙台)         平成25年11月23日(2013)

寺尾 知可史、吉藤 元, 木村 彰方, 松村 貴由, 大村 浩一郎, 成瀬 妙子, 佐藤 愛子, 前島 康浩, 和田 庸子, 成田 一衛, 川口 鎮司, 山中 寿, 前川 平, 小川 誠司, 小室 一成, 永井 良三, 田原 康玄, 磯部 光章, 三森 経世, 松田 文彦:IL12Bは高安動脈炎の新規疾患感受性遺伝子でありHLA-B*52:01と相互作用を示す.
第41回日本臨床免疫学会 (下関)                    平成25年11月28日(2013)

万木紀美子、三浦康生、菱田理恵、北脇年雄、錦織桃子、菱澤方勝、近藤忠一、北野俊行、芦原英司、高折晃史、平位秀世、前川平:骨髄移植症例におけるドナー由来HLA抗体への対応.
第100回近畿血液学地方会(大阪)      平成25年11月30日(2013)

Fujii W, Ashihara E, Hirai H, Fujioka K, Seno T, Ishino H, Kawahito Y: Myeloid-derived suppressor cells play crucial roles in the regulation of mouse collagen-induced arthritis .
Annual Meeting of the Japanease Society for Immunology, 2013(第42回日本免疫学会学術集会) (千葉)                                                                     平成25年12月12日(2013)

【学位審査会】
吉岡 聡:平成25年(2013)12月20日(金)14:00〜15:00 於:北病棟7階カンファレンスルーム  

【文部科学省 科学研究費補助金】

事業名:独立行政法人日本学術振興会 平成25年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金)(奨励研究) 
課題番号:25931002  
課題名:間葉系幹細胞を応用した臍帯血移植成績向上のための基礎的・臨床的研究
研究期間: 平成25年度 
研究者:八尾尚幸

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(B)
課題番号:24390244
課題名:CML幹細胞の特異的代謝経路と転写因子制御を標的とした新規治療法の開発
研究期間:平成24年度〜平成26年度
申請代表者:前川平、 分担研究者:三浦康生

事業名:文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究
課題番号:25112706
課題名:骨髄低酸素環境における骨髄腫幹細胞維持分子を標的とした新規治療開発
研究期間:平成25年度〜平成26年度
申請代表者:前川平

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:25461415
課題名:C/EBPβの制御による慢性骨髄性白血病幹細胞の維持機構の解明と治療への応用
研究期間:平成25年度〜平成27年度
研究代表者:平位秀世 

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:25430149
課題名:STAT-C/EBPβ経路を介した慢性骨髄性白血病幹細胞枯渇療法の開発
研究期間:平成25年度〜平成27年度
研究代表者:横田明日美、研究分担者:平位秀世

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会) 挑戦的萌芽研究
課題番号:24659461
課題名:薬物刺激間葉系幹細胞を用いたDual Stem Cell Therapyの開発
研究期間:平成24年度〜平成25年度
申請代表者:前川平,   分担研究者:平位秀世、三浦康生

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:23591404
課題名:骨髄腫幹細胞ニッチ”の解析と治療標的分子の同定
研究期間:平成23年度〜平成25年度
研究代表者:芦原英司、  研究分担者:平位秀世  
事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)一般
課題番号:23592678
課題名:転写因子C/EBPβによる好中球造血・機能制御の解析に基づく敗血症病態の解明
研究期間:平成23年度〜平成25年度
研究代表者:志馬伸朗,  研究分担者:平位秀世 
事業名:文部科学省 研究振興局 受託研究
課題名:がん微小環境を標的とした革新的治療法の実現
H23年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)
H24年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発及び活性型ナルディライジンを標的とする新規抗体製剤の開発)
H25(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)
研究期間:平成23年12月15日〜平成24年3月31日
              平成24年4月5日〜平成25年3月31日
              平成25年4月2日〜平成26年3月31日
研究代表者:武藤 誠, 分担研究者:前川平、平位秀世
事業名:厚生労働科学研究費補助金 がん研究開発費
課題番号:23-A-23
課題名:難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究
研究期間:平成23年度〜平成25年度
申請代表者:小林幸夫(独立行政法人国立がん研究センター中央病院)、分担研究者:前川平
事業名:文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
課題名:創薬・新規医療開発のアカデミア拠点形成
実施期間:平成24年度〜原則5年間
代表申請者:上本伸二、 分担研究者:前川平
事業名:文部科学省 研究振興局 受託研究
課題名:「再生医療実現拠点ネットワークプログラム」『疾患・組織別実用化研究拠点』
拠点名:iPS細胞技術を応用した血液細胞療法の開発拠点
実施期間:平成25年4月〜
研究代表者:江藤浩之,  分担研究者:前川平

事業名:広島大学原爆放射線医科学研究所 共同利用・共同研究
課題名:電離放射線が間葉系幹細胞の多分化能・造血支持能に与える影響の検討
原医研受入研究者:一戸辰夫 
共同研究者(代表):三浦康生、 共同研究者:前川平、八尾尚幸

【民間助成】

田村彰広:京都大学教育研究振興財団 国際研究集会発表助成(第55回アメリカ血液学会)平成25年2月27日(2013)

林 嘉宏: 公益財団法人 京都大学教育研究振興財団 「在外研究長期助成」平成25年2月27日(2013)

三浦康生:公益財団法人 細胞科学研究財団 平成25年度研究助成 平成25年6月1日(2013)

吉岡聡:平成25年度卓越した大学院拠点形成支援補助金「国際学会派遣」(第55回アメリカ血液学会) 平成25年10月18日(2013)

横田明日美:平成25年度卓越した大学院拠点形成支援補助金「国際学会派遣」(第55回アメリカ血液学会)平成25年10月18日(2013)

 




back to top