HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2012年【論文/英文原著】

Morimoto N, Ito T, Takemoto S, Katakami M, Kanda N, Tada H, Tanaka S, Teramukai S, Kawai K, Nakamura Y, Kasai Y, Masayuki Y, Maekawa T, Shimizu A, Suzuki S: An exploratory clinical study on the safety and efficacy of an autologous fibroblast-seeded artificial skin cultured with animal product-free medium in patients with diabetic foot ulcers.  
Int Wound J 9 :1-8, 2012. (doi: 10.1111/j.1742-481X.2012.01064.x)

Satake S, Hirai H, Hayashi Y, Shime N, Tamura A, Yao H, Yoshioka S, Miura Y, Inaba T, Fujita N, Ashihara E, Imanish J, Sawa T, MaekawaT: C/EBPβ is involved in the amplification of early granulocyte precursors during candidemia-induced ‘emergency’ granulopoiesis.
J Immunol,189(9):4546-4555, 2012.  (doi: 10.4049/jimmunol.1103007)

Miyagawa-Hayashino A, Yoshizawa A, Uchida Y, Egawa H, Yurugi K, Masuda S, Minamiguchi S, Maekawa T, Uemoto S, Haga H: Progressive graft fibrosis and donor-specific HLA antibodies in pediatric late liver allografts.
Liver Transpl. 18(11):1333-1342,2012. (doi: 10.1002/lt.23534)

Sawai Y, Murata H, Koto K, Matsui T, Horie N, Ashihara E, Maekawa T, Fushiki S, Kubo T. Effects of low-intensity pulsed ultrasound (LIPUS) on osteosarcoma and cancer cells.
Oncol Rep 28:481-486, 2012. (doi: 10.3892/or.2012.1816)

Ohsumi A, Chen F, Yurugi K, Maekawa T, Shoji T, Sato M, Aoyama A, Bando T, Date H: Incidence and pattern of hemolytic anemia after minor ABO-mismatched living-donor lobar lung transplantation.
Surg Today 11:1-4, 2012. (doi: 10.1007/s00595-012-0422-3)

【論文/邦文総説】

吉岡聡、前川平:III. 造血器腫瘍の診断と治療 治療法 支持療法;輸血副作用とHLA抗体.
日本臨床 70巻増刊号2 造血器腫瘍学 ‐基礎と臨床の最新研究動向-, 211-245, 2012.

前川 平:細胞周期調節系.
分子標的治療 —がんから他疾患までの治癒を目指して中川和彦編集、
日本臨牀(増刊号) 70(suppl 8):119-124, 2012.
【論文/邦文著書】

前川 平:造血幹細胞の凍結保存と輸注.
みんなに役立つ造血幹細胞移植の基礎と臨床改訂版(神田善伸 編集).  医薬ジャーナル社、大阪、pp.254-261, 2012.

【論文/邦文その他】

三浦康生,通堂満:MALTリンパ腫.
New専門医を目指すケースメソッドアプローチ.3 血液疾患 第25章:248—261、日本医事新報社、2012

2012年 年報 【国際学会/一般演題】
Okabe S, Tauchi T, Kimura S, Maekawa T, Ohyashiki K: Successful co-treatment of BCR-ABL leukemic cells with ponatinib, an ABL kinase inhibitor, and vorinostat, a histone deacetylase inhibitor: A potential treatment for BCR-ABL positive leukemia cells.
17th Congress of European Society of Hematology (Amsterdam, The Netherland)(June 14-17, 2012)

Morimoto N, Ito T, Kanda N, Kawai K, Nakamura Y, Teramukai S, Yokode M, Maekawa T, Shimizu A, Suzuki S.: An exploratory clinical study on the safety and efficacy of an autologous fibroblast-seeded artificial skin cultured with animal-product free medium in patients with diabetic foot ulcers.
4th Congress of the World Union of Wound Healing Societies (Yokohama, Japan)(September 2-6, 2012)

Fujii W, Ashihara E, Hirai H, Nagahara H, Murakami K, Nakamura K, Seno T, Yamamoto A, Ishino H, Kohno M, Maekawa T, Kawahito Y: Myeloid-derived suppressor cells accumulated in soleens of mice with collagen-induced arthritis and inhibited immune response od CD4+ T cells. 
American College of Rheumatology 2012 Annual Scientific Meeting (Arthritis Rheum 2012;64 Suppl:S877, Abst. #2070) (Washington, DC, USA) (November 13, 2012)

Tamura A, Hirai H, Hayashi Y, Yao H, Yoshioka S, Miura Y, Ashihara E, Maekawa T: C/EBPβ-mediated expansion of hematopoietic stem/progenitors precedes ‘emergency’ granulopoiesis induced by candidemia
The 54th ASH Annual Meeting and Exposition(Blood (ASH annual meeting abstracts) 2012; 120(21): #2336) (Atlanta, GA, USA)(December 9, 2012)

Yoshioka S, Miura Y,Yao H, Hayashi Y, TamuraA, Ichinohe T, Hirai H,  Takaori-Kondo A, Maekawa T: Expression of C/EBPβ in Bone Marrow Mesenchymal Stem Cells Is Mandatory for Early-Stage B Cell Lymphopoiesis.
The 54thASH Annual Meeting and Exposition(Blood (ASH annual meeting abstracts) 2012; 120(21): #3457)(Atlanta, GA, USA) (December 10,2012)

Yao H, Miura Y, Yoshioka S, Hayashi Y, Tamura A, Hirai H, Maekawa T: Mesenchymal stem cells skewed their phenotype toward the osteogenic lineage support the hematopoietic cell differentiation.
The 54th ASH Annual Meeting and Exposition (Blood (ASH annual meeting abstracts) 2012; 120(21): #3458)(Atlanta, GA, USA)(December 10, 2012)

Hayashi Y, Hirai H, Tamura A, Yao H, Yoshioka S, Miura Y, Ashihara E, Fujiyama Y, Tenen DG, Maekawa T: C/EBPβ is upregulated through STAT5 and accelerates exhaustion of leukemic stem cells in chronic phase of chronic myeloid leukemia.
The 54th ASH Annual Meeting and Exposition (Blood (ASH annual meeting abstracts) 2012; 120(21): #907)(Atlanta, GA, USA)(December 11, 2012)
【学会発表/シンポジウム】

Miura Y: Regulation of hematopoiesis by mesenchymal stem cells. Symposium 4 “Mesenchymal stem cells: Progress Toward Clinical Application for Hematopoietic Stem Cell Transplantation”.
The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (Abst. Book, p191, SY-4-3) (Kyoto, Japan)(October 20, 2012)

【学会発表/班会議】

三浦康生、一戸辰夫、八尾尚幸、吉岡聡、前川平:間葉系幹細胞を利用した造血促進に関する検討.
厚生労働科学研究免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業「灌流法により採取された骨髄細胞を用いた骨髄内骨髄移植療法:基礎から臨床へ」(池原班)平成23年度第2回造血幹細胞移植合同班会議(東京) 平成24年1月8-9日 (2012)

林 嘉宏、平位秀世、前川 平:慢性期CMLの病態形成におけるC/EBPβの機能解明.
第16回造血器腫瘍研究会(がん研究開発費「がん幹細胞に対する新規分子標的治療薬の開発を目指した基礎研究」班会議(東京) 平成24年1月28日 (2012)

三浦康生、八尾尚幸、吉岡聡、平位秀世、前川平:骨髄間葉系幹細胞による造血制御.
国立がん研究センター・がん研究開発費「難治性白血病に対する標準的治療法の確立」班(小林班)平成24年度第1回合同班会議(東京) 平成24年6月23日(2012)

前川 平:低酸素環境に適応した骨髄腫細胞の動態解析.
がん微小環境ネットワークの統合的研究(文部科学省・科学研究費補助金・新学術領域研究)班会議(東京)平成24年7月 6日 (2012)

三浦 康生ほか:骨髄間葉系幹細胞によるB細胞分化制御.
生労働科学研究「灌流法により採取された骨髄細胞を用いた骨髄内骨髄移植療法:基礎から臨床へ」平成24年度第1回造血細胞移植合同班会議(名古屋) 平成24年7月8日(2012)

【学会発表/一般演題】
Yoshioka S, Miura Y, YaoH, HayashiY, HiraiH, Takaori-KondoA and MaekawaT.  Defective function of mesenchymal stem cells predisposes C/EBPβ deficient mice to impaired B-cell lymphopoiesis. (Best presentation selection)
第1回京都大学血液腫瘍内科リトリート(京都) 平成24年2月11日 (2012)
森美奈子、近藤忠一、菱澤方勝、錦織桃子、三浦康生、山下浩平、一戸辰夫、門脇則光、高折晃史:骨髄腫に対するフルダラビンを前処置に用いた同種造血幹細胞移植後の治療成績の検討.
第34回日本造血細胞移植学会総会(大阪) 平成24年2月24日-25日(2012)

佐々木 裕哉、近藤 忠一、一戸 辰夫、山下 浩平、伊藤 健、永井 雄也、小谷 槙一、万木 紀美子、高折 晃史:同種臍帯血移植前のvirtual cross match test によりdonor specifi c HLA 抗体を回避し生着した3症例における、移植後HLA 抗体の推移.
34回日本造血細胞移植学会総会(大阪)  平成24年2月25日 (2012)

佐竹早紀子、平位秀世、志馬伸朗、稲葉亨、藤田直久、今西二郎:感染時の好中球造血において転写因子C/EBPbetaは造血幹細胞・前駆細胞を含む未分化細胞集団の増幅に関与する.
第86回日本感染症学会(長崎)    平成24年4月26日(2012)
林 嘉宏、平位秀世、八尾尚幸、三浦康生、芦原英司、前川 平:BCR/ABLの白血病原性における転写因子 C/EBPβの関与.
第16回日本がん分子標的治療学会学術集会(小倉) 平成24年6月28日(2012)

吉岡聡、一戸辰夫、下嶋典子、菱澤方勝、大森勝之、Geraghty DE、石谷昭子、高折晃史:成人T細胞白血病ウイルス感染者の末梢血T細胞におけるHLA-Fの表面発現分画についての検討.
第21回日本組織適合性学会(東京)  平成24年9月15日(2012)

万木紀美子, 平位秀世, 菱田理恵, 吉澤 淳, 三浦康生, 芦原英司, 上本伸二, 前川 平:原発性胆汁性肝硬変患者が保有するHLA抗体の特異性について.
21回日本組織適合性学会大会 (東京)   平成24年9月16日(2012)

林 嘉宏、平位秀世、八尾尚幸、芦原英司、前川 平:BCR-ABL による C/EBPβの発現亢進が慢性骨髄性白血病の骨髄球系造血亢進および病態進行をもたらす.
第71回日本癌学会学術総会(札幌)          平成24年9月19日(2012)

芦原英司、八尾尚之、平位秀世、前川 平:新規Wnt/beta-カテニン経路阻害剤AV65による多発性骨髄腫細胞の増殖抑制効果.
第71回日本癌学会学術総会(札幌)          平成24年9月20日(2012)

Yao H, Miura Y, Yoshioka S, Hayashi Y, Tamura A, Hirai H, Maekawa T: Pharmacological mesenchymal stem cell-based intervention as a novel approach to expand hematopoietic cells.
Kyoto University Global COE “Center for Frontier Medicine” International Symposium/Retreat2012.(Hyogo, Japan) (October 5, 2012)

Tamura A, Hirai H, Satake S, Hayashi Y, Miura Y, Maekawa T: Involvement of C/EBPβ in the amplification of early granulocyte precursors during candidemia-induced emergency granulopoiesis.
Kyoto University Global COE “Center for Frontier Medicine” International Symposium/Retreat2012. (Hyogo, Japan) (October 5, 2012)

Yao H, Miura Y, Yoshioka S, Hayashi Y, Ashihara E, Hirai H, Maekawa T: Parathyroid hormone stimulates mesenchymal stem cells to enhance expansion of hematopoietic cells.
The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (Abst. book, p.265, OS-1-119) (Kyoto, Japan)(October 19, 2012)

Yoshioka S, Miura Y, Yao H, Hayashi Y,Satake S, Hishita T, Hirai H,Takaori-Kondo A,Maekawa T: Defective mesenchymal stem cells contribute to impaired B cell lymphopoiesis in C/EBPb knockout mice.
The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (Abst. book, p.292, OS-2-25) (Kyoto, Japan)(October 20, 2012)

Okabe S, Tauchi T, Kimura S, Maekawa T, Ohyashiki K: Co-treatment with ponatinib and HDAC inhibitor vorinostat: A treatment for Ph-positive cells. 
The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (Abst. book, p.257, OS-1-96) (Kyoto, Japan)(October 20, 2012)
Katagiri S, Tauchi T, Okabe S, Kimura S, Maekawa T, Ohyashiki K: Targeting the Hedgehog pathway in therapy-resistant BCR-ABL1 positive leukemia with ponatinib.
The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (Abst. book, p.324, OS-2-122) (Kyoto, Japan)(October 20, 2012)
Tauchi T, Katagiri S, Okabe S, Kimura S, Maekawa T, Ohyashiki K: Combined effects of ponatinib and dasatinib against T315I mutant forms of BCR-ABL1.
The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (Abst. book, p.327, OS-2-129) (Kyoto, Japan)(October 20, 2012)
Hayashi Y, Hirai H, Tamura A, Yao H, Yoshioka S, Miura Y, Ashihara E, Fujiyama Y, Maekawa T: Involvement of C/EBPβ in the pathogenesis of chronic phase chronic myeloid leukemia. 
The 74th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology (Abst. book, p.327, OS-2-127) (Kyoto, Japan)(October 20, 2012)
【国内/研究会】
三浦康生:間葉系幹細胞による造血制御と臨床応用に向けた基礎的検討.
特定非営利活動法人HLA研究所京滋免疫血液研究会(京都) 平成24年2月16日(2012)
前川 平:低酸素適応幹細胞の転写制御を標的とした慢性骨髄生白血病に対する革新的治療法の開発.
公益財団法人 小林がん学術振興会 第6回研究助成金贈呈式 記念講演(東京) 平成24年6月23日(2012)

丹羽紀実:「緊急時の輸血について~当院で経験した産科症例を中心に~」
第61回京大病院 検査部 臨床検査カンファレンス(京都)  2012年7 月4 日(2012)

藤井 渉、芦原英司、平位秀世、永原秀剛、村上 憲、中村 薫、妹尾高宏、山本相浩、河野正孝、前川 平川人 豊:コラーゲン誘導関節炎におけるMyeloid-derived suppressor cellsの意義.
15回比叡RAフォーラム(京都) 平成24年9月22日 (2012)

Fujii W, Ashihara E, Hirai H, Nagahara H, Murakami K, Nakamura K, Seno T, Yamamoto A, Ishino H, Kohno M, Maekawa T, Kawahito Y: Myeloid-derived suppressor cells play a protective role in autoimmune arthritis.
2012 Young Physician Workshop (Kyoto, Japan)(October 24, 2012)

2012年【補助金】

事業名:文部科学省 再生医療の実現化プロジェクト
委託業務題目:京都大学iPS細胞研究統合推進拠点 臨床応用のための安全性の確保及びその評価技術の開発
研究期間:平成20年度〜平成24年度
分担研究者:前川 平

事業名:独立行政法人日本学術振興会 平成24年度科学研究費助成事業(学術助成基金助成金(挑戦的萌芽研究)) 
課題番号:24659461
課題名:薬物刺激間葉系幹細胞を用いたDual Stem cell Therapyの開発
研究期間: 平成24年度〜平成25年度
研究者:前川平、三浦康生、平位秀世

事業名:文部科学省 H24年度科学研究費助成事業(学術助成基金助成金(新学術領域研究(研究領域提案型))
課題番号:23112507
課題名:骨髄低酸素環境における骨髄腫幹細胞の解析と治療標的分子同定
研究期間:平成23年度〜平成24年度
代表研究者:前川 平

事業名:独立行政法人日本学術振興会 平成24年度科学研究費助成事業(学術助成基金助成金(基盤研究(B))
課題番号:24390244
課題名:CML幹細胞の特異的代謝経路と転写印紙制御を標的とした新規治療法の開発 
研究期間:平成24年度〜平成26年度 
研究者:前川平、三浦康生

事業名:独立行政法人日本学術振興会  平成24年度科学研究費助成事業(学術助成基金助成金(基盤研究(C一般)
課題番号:23591404
課題名:骨髄腫幹細胞ニッチ”の解析と治療標的分子の同定
研究期間:平成23〜25年度
研究代表者:芦原英司、分担研究者:平位秀世

事業名:独立行政法人日本学術振興会  平成24年度科学研究費助成事業(学術助成基金助成金(基盤研究(C一般)
課題番号:23592678
課題名:転写因子C/EBPβによる好中球造血・機能制御の解析に基づく敗血症病態の解明
研究期間:平成23年度〜平成25年度
分担研究者:平位秀世

事業名 独立行政法人日本学術振興会 平成24年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(研究活動スタート支援))
課題番号:23890090   
課題名:間葉系幹細胞の薬物的機能賦活を利用した臍帯血細胞移植技術の改良
研究期間:平成23年度〜平成24年度
代表研究者:三浦康生

2012年【受託研究】

事業名:文部科学省 研究振興局 受託研究
課題名:がん微小環境を標的とした革新的治療法の実現」
    H23年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)
    H24年(微小環境に注目したがんの治療戦略開発及び活性型ナルディライジンを標的とする新規抗体製剤の開発)
研究期間:平成23年12月15日〜平成24年3月31日   
     平成24年4月5日〜平成25年3月31日
分担研究者:前川 平、平位秀世

事業名:厚生労働科学研究費補助金 がん研究開発費
課題番号:23-A-23
課題名:難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究
研究期間:平成23年度〜平成25年度
申請代表者:小林幸夫(独立行政法人国立がん研究センター中央病院)
分担研究者:前川平 
分担する研究項目:慢性白血病治療薬の開発

2012年【民間助成】

前川平:公益財団法人 小林がん学術振興会第6回研究助成 
「がん薬物療法に関する革新的治療法に対する研究助成」(臨床)
研究課題:低酸素適応幹細胞の転写制御を標的とした慢性骨髄性白血病に対する革新的治療法の開発」          平成24年5月23日(2011)

三浦康生:公益財団法人金原一郎記念医学医療振興財団 
第27回基礎医学医療研究助成金 
研究課題:間葉系幹細胞を利用した新しい臍帯血移植の開発に関する基礎的検討.                 
平成24年9月10日(2012)

 田村彰広:京都大学教育研究振興財団
国際研究集会発表助成(第55回アメリカ血液学会)
平成25年2月27日(2013)



 

 


back to top