HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2011年【論文】(英文原著)
Yao H, Ashihara E, Strovel JW, Nakagawa Y, Kuroda J, Nagao R, Tanaka R, Yokota A, Takeuchi M, Sakai K, Shimaza ki C, Taniwaki M, Strand K, Padia J, Hira H, Kimura S, Maekawa T: A novel Wnt/β-catenin signal inhibitor success fully suppresses progression of multiple myeloma in a mouse model.
Blood Cancer Journal 1, e43,2011.
Kitawaki T, Kadowaki T, Fukunaga K, Kasai Y, Maekawa T, Ohmori K, Maekawa T, Takashige K, Nieda M, Yokokawa K, Itoh T, Shimizu A, Tada H, Kuzushima K, Ishikawa T, Uchiyama T: Phase I/II a clinical trials of dendritic cell- based immunotherapy for acute myeloid leukemia in elderly patients using autologous apoptotic leukemic cells or a heteroclitic WT1 peptide as antigens.
Brit J Haematol 153: 796-799,2011.
Nagao R, Ashihara E, Kimura S, Strovel JW, Yao H, Takeuchi M, Tanaka R, Hayashi Y, Hirai H, Padia J, Strand K, Maekawa T: Growth inhibition of imatinib-resistant CML cells with the T315 mutation and hypoxia-adaptation by AV65 ? a novel Wnt/β-catenin signaling inhibitor.
Cancer Letter 312:91-10,2011.
Takeuchi M, Ashihara E, Yamazaki Y, Kimura S, Nakagawa Y, Tanaka R, Yao H, Nagao R, Hayashi Y, Hirai H, Maekawa T: Rakicidin A effectively induces apoptosis in hypoxia adapted Bcr-Abl positive leukemic cells. 
Cancer Sci 102:591-596, 2011.
 Tanaka R, Kimura S, Ashihara E, Yoshimura M. Takahashi N. Wakita H, Itoh K, Nishiwaki K, Suzuki K, Nagao R. Yao H, Hayashi Y, Satake S, Hirai H, Sawada K-I, Ottmann OG, Melo JV, Maekawa, T: Rapid automated detecti on of ABL kinase domain mutations in imatinib-resistant patients.
Cancer Letter 116:2089-2095,2011.

Kawatani, M., Takayama, H., Muroi, M., Kimura, S., Maekawa, T., Osada, H.: Identification of a small-molecule inhibitor of DNA topoisomerase II by proteomic profiling. 
Chemistry & Biology, 18:743-751, 2011.

Sakai K, Kawata E, Ashihara E, Nakagawa Y, Yamauchi A, Yao Y, Nagao R, Tanaka R, Yokota A, Takeuchi T, Hirai H, Kimura S, Hirashima M,Yoshimura N, Maekawa T: Galection-9 ameliorates acute Graft-versus-host disease through the induction of T-cell apoptosis.
Eur J Immunol 41:67-75, 2011.
Kitawaki T, Kadowaki N, Fukunaga K, Kasai Y, Maekawa T, Ohmori K, Itoh T, Shimizu A, Kuzushima K, Kondo T, Ishika wa T, Uchiyama T: Cross-priming of CD8(+) T cells in vivo by dendritic cells pulsed with autologous apoptotic leuke mic cells in immunotherapy for elderly patients with acute myeloid leukemia.
Exp Hematol 39:424-433.e2, 2011.
Katsuyama M, Hirai H, Iwata K, Ibi M, Matsuno K, Matsumoto M, Yabe-Nishimura C:Sp3 transcription factor is crucial for transcriptional activation of the human NOX4 gene.
FEBS J. 278: 964-972, 2011.
Yamamoto A, Ashihara E, Nakagawa Y, Obayashi H, Ohta M, Hara H, Adachi T, Seno T, Kadoya M, Hamaguchi M, Ishi no H, Kohno M, Maekawa T, Kawahito Y: Allograft inflammatory factor-1 is overexpreessed and induces fibroblast chemotaxis in the skin of sclerodermatous GVHD in amurine model.
Immunol Lett 135:144-150, 2011.
Shoji T, Bando T, Fujinaga T, Chen F, Yurugi K, Maekawa T, Date H : ABO-incompatible living-donor lobar lung trans plantation.
J Heart Lung Transplant 30: 479-480, 2011.
Yamamichi J, Ojima T, Yurugi M, Iida M, Imamura T, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T: Single-step, label-free quanti fication of antibody in human serum for clinical applications based on localized surface plasmon resonance.
Nanomedicine 7:889-895, 2011.

Tauchi T, Okabe S, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T, Ohyashiki K. Combined effects of novel heat shock protein 90 inhibitor NVP-AUY922 and nilotinib in a random mutagenesis screen.
Oncogene 30:2789-2797, 2011.

Seno T, Hamaguchi M, Ashihara E, Kohno M, Ishino H, Yamamoto A,  Kadoya M, Nakamura K, Murakami K, Matoba S,  Maekawa T, Kawahito Y: 15-Deoxy-Δ12,14 prostaglandin J2 reduces the formation of atherosclerotic lesions in apolipoprotein E knockout mice.
PLoS One 6:e22541, 2011
Yamamoto-Sugitani M, Kuroda J, Ashihara E, Nagoshi H, Kobayashi T, Matsumoto Y, Sasaki N, Kiyota M, Nakayama R, Akaji K, Taki T, Uoshima N, Kobayashi Y, Horiike S, Maekawa T, Taniwaki M: Galectin-3 induced by leukemia microenvironment promotes drug resistance and bone marrow lodgment in chronic myelogenous leukemia.
Proc Natl Acad  Sci USA  108:17468-73, 2011.
Tada N, Hinotsu S, Urushihara H, Kita F, Kai S, Takahashi TA, Kato S, Takanashi M, Ito K, Sawai H, Maekawa T, Kosugi S, Kawakami K: The current status of umbilical cord blood collection in Japanese medical centers: survey of obstetricians. 
Transfusion and Apheresis Science. 44:263-268,2011.
【論文】 (英文総説)
Yao H, Ashihara E, Maekawa T:Targeting the Wnt/β-catenin signaling pathway in human cancers.
Expert Opinion on Therapeutic Targets, 15:873-887,2011.
Marunaka Y, Niisato N, Taruno A, Ohta M, Miyazaki H, Hosogi S, Nakajima K, Kusuzaki K, Ashihara E, Nishio K, Iwasaki Y, Nakahari T, Kubota T:Regulation of epithelial sodium transport via epithelial Na+ channel (ENaC). 
J Biomed Biotech,   art no.978196,2011.
Kawata E, Ashihara E, Maekawa T: RNA Interference against Polo-like Kinase-1 in Advanced Non-Small Cell Lung Cancers. 
J Clin Bioinformatics
 1:6(1-6), 2011.
2011年 【学会発表/研究会】
前川 平:わが国における細胞治療・再生治療の制度的枠組みについて.
第3回京大病院iPS細胞・再生医学研究会(京都市) 平成23年1月 21日(2011)
前川 平:アカデミアの立場から-創薬開発を経験して-.ワークショップ1「TRにおける産学連携の模索」、第7回トランスレーショナルリサーチワークショップ(TRワークショップ2011)「がん分子標的創薬とTR-産学の連携」(東京) 平成23年1月 28日(2011)
前川 平:輸血管理について-総論 -.
平成22年度京大病院看護師研修会(京都市)  平成23年1月31日(2011)
万木紀美子:輸血管理についてーより安全な輸血を目指してー.
平成22年度京大病院看護師研修会(京都市)、平成23年1月31日(2011)

芦原英司:多発性骨髄腫に対する新規治療開発.特別講演
第2回佐賀骨転移研究会(佐賀市)     平成23年3月18日(2011)

前川 平:京都大学における先端的細胞治療開発(特別講演)
第19回奈良県造血細胞移植研究会(奈良市)   平成23年5月21日(2011)

前川 平:低酸素選択的リポペプチドRakicidin AのCML細胞の増殖に及ぼす影響.
平成23年度第1回合同班会議、国立がん研究センター・がん研究開発費「難治性白血病に対する標準的治療法の確立」班(小林班)、東京慈恵会医科大学)(東京)平成23年6月18日(2011)

前川 平:京大病院における先端的細胞治療開発—肺がん免疫細胞治療の可能性—(特別講演).
第2回癌と炎症の勉強会(京都市) 平成23年7月 21日 (2011)

前川 平:急性放射線症候群の診断と治療 −JCO臨界事故による患者の治療を経験して −.
京都府「緊急被ばく医療初級講座」(京都市) 平成23年7月30日 (2011)

万木紀美子、菱田理恵、前川 平:血清の非働化により腎移植前のDSA強陽性を判定しえた一症例.
第20回日本組織適合性学会大会(静岡市). 平成23年8月28日〜30日(2011)

前川 平:DASISION study.
Kyoto Leukemia Educational Seminar京都市)  平成23年9月2日(2011) 

前川 平:京都大学における先端的細胞治療開発(特別講演).
末梢血管再生治療研究会.第7回全体会(東京)   平成23年9月3日 (2011)

Ashihara E: Future prospect of RNA interference for cancer therapies. Early Morning Sympoium -MicroRNA and nanomedicine-
The12th Congress of the Asian Society of Transplantation (Invited speaker).    (Seoul, Korea)(September 27,2011)

前川 平:京都大学における細胞治療•再生治療開発への挑戦—概論—.
京都大学医学部人間健康科学専攻 細胞育成学連続講演会2011.(京都市) 平成23年10月 5日(2011)

Munaka T, Kanai M, Abe H, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T : A microfluidic device to mimic the bone marrow environment: real-time observation of the leukemic cell behavior.
15th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences.      (Seattle, Washington, USA) (October 2-6, 2011)
 Shimazu Y, Hishizawa M, Chonabayashi K, Mori M, Kondo T, Ohmori K, Tanaka R, Maekawa T, Takaori-Kondo A: A new BCR/ABL-positive megakaryoblastic cell line resistant to both imatinib and dasatinib.
第73回日本血液学会学術集会(名古屋市)平成23年10月 14日 (2011)
Yamamoto M, Kuroda J, Ashihara E, Nagoshi H, Kobayashi T, Matsumoto Y, Sasaki N, Shimura Y, Kiyota M, Nakayama R, Uoshima N, Kobayashi Y, Taki T, Horiike S, Maekawa T, Taniwaki M: Galectin-3 induced by leukemia microenvironment promotes drug resistance and BM lodgment in CML.
第73回日本血液学会学術集会(名古屋市)平成23年10月 15日 (2011)
Tauchi T, Okabe S, Kimura S, Ashihara E, Maekawa T, Ohyashiki K: Combined effects of the hedgehog inhibitor LDE225 and nilotinib in a random mutagesesis screen.
第73回日本血液学会学術集会(名古屋市)平成23年10月 15日 (2011)
Hayashi Y, Hirai H, Kamio N, Yao H, Satake S, Nagao R, Miura Y, Ashihara E, Maekawa T: Involvement of C/EBPβ in BCR/ABL-dependent leukemogenesis.
第73回日本血液学会学術集会(名古屋市)平成23年10月 15日 (2011)
Kunitomi A, Kotani S, Ukyo N, Tanaka R, Maekawa T, Nohgawa M: Cord blood transplantation for T315I-mutated blastic-phase chronic myeloid leukemia.
第73回日本血液学会学術集会(名古屋市)平成23年10月 15日 (2011)
Yao H, Ashihara E, Nagao R, Hayashi Y, Miura Y, Hirai H, Maekawa T: AV-65 inhibited the growth of myeloma cells by enhancing β-TrCP-mediated β-catenin ubiquitination.
第73回日本血液学会学術集会(名古屋市)平成23年10月 15日 (2011)
芦原英司:Wnt/b-catenin 経路阻害による多発性骨髄腫治療の可能性(特別講演).
血液疾患seminar in Niigata(新潟市)    平成23年10月21日(2011)
万木紀美子:リンパ球クロスマッチとLABScreenによるHLA抗体検査. 
第14回宝ケ池セミナー(京都市)      平成23年11月5日(2011)
前川 平:イマチニブ抵抗性慢性骨髄性白血病に対する新規チロシンキナーゼ阻害剤の開発.
第49回日本癌治療学会学術集会(名古屋市) 日本癌学会/日本臨床腫瘍学会/日本がん分子標的治療学会/日本癌治療学会共催シンポジウム「アカデミア発のがんトランスレーショナルリサーチ」 平成23年10月 28日(2011)
前川 平:京都大学における先端的細胞治療の開発(特別講演).
ヒューマンサイエンス振興財団創薬技術調査WG勉強会(東京)  平成23年11月 7日 (2011)
万木紀美子、平位秀世、丹羽紀実、竹川良子、菱田理恵、三浦康生、吉澤 淳、芦原英司、上本伸二、前川 平:肝臓移植後のB-cell mediated GVHD症例の検討.
第55回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(西宮市) 平成23年11月 26日 (2011)
前川 平:京都大学における先端的細胞治療の開発(特別講演).
ヒューマンサイエンス振興財団創薬技術調査WG勉強会(東京) 平成23年11月7日(2011)

前川 平:血液がんにおける低酸素状態を標的と下薬剤の開発—慢性骨髄性白血病を例にあげて―.
第32回日本臨床薬理学会年会(浜松市)、シンポジウム16 「抗がん薬開発・臨床試験の最前線」平成23年12月 2日 (2011)

【国際学会/一般演題】

Munaka T, Kanai M, Abe H, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T:A microfluidic device to mimic the bone marrow environment: real-time observation of the leukemic cell behavior.
The 15th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences.Seattle, Washington, USA)(2011 Oct 2-6)

Hayashi Y, Hirai H, Yao H, Yoshioka S,Satake S, Kamio N, Miura Y, Ashihara E, Fujiyama Y, Tenen DG , Maekawa T:BCR/ABL-Mediated Myeloid Expansion Is Promoted by C/EBPβ, a Regulator of Emergency Granulopoiesis.
53rd ASH Annual Meeting and Exposition, San Diego, US, December 11-13, 2011.
Yao H, Miura Y, Yoshioka S, Hayashi Y, Hirai H,  Maekawa T: Parathyroid Hormone Stimulates Human Mesenchymal Stem Cells to Enhance the Expansion of Hematopoietic Stem Cells. 
53rd ASH Annual Meeting and Exposition, San Diego, US, December 11-13, 2011.

平位秀世、林 嘉宏、前川 平:転写因子C/EBPβの慢性骨髄性白血病の病態形成への関与.厚生労働科学研究費補助金・がん臨床研究事業『成人難治性白血病におけるバイオマーカーに基づく層別化治療法の確立』班(直江班)国立がん研究センター・がん研究開発費『難治性白血病に対する標準的治療法の確立』班(小林班)
 平成23年度第2回合同班会議(名古屋大学)(名古屋市)、国立がん研究センター・がん研究開発費「難治性白血病に対する標準的治療法の確立」班(小林班)、平成23年12月 17日  (2011)

2011年 補助金/民間助成
【文部科学省科学研究費助成事業】前川平、平位秀世、三浦康生、芦原英司:基盤研究(B)(一般)課題名:慢性骨髄性白血病幹細胞とT315I変異クローンの根絶.研究期間:平成21年度〜平成23年度. 課題番号:21390293

【文部科学省科学研究費助成事業】前川平:学術助成基金助成金(新学術領域研究(研究領域提案型)課題名:骨髄低酸素環境における骨髄腫幹細胞の解析と治療標的分子同定. 研究期間:平成23年度〜平成24年度. 課題番号:23112507

【厚生労働科学研究費補助金】前川平: がん研究開発費. 課題番号:23-A-23. 課題名:難治性白血病に対する標準的治療法の確立に関する研究. 研究期間:平成23年度〜平成25年度. 申請代表者:小林幸夫(独立行政法人国立がん研究センター中央病院) 分担する研究項目:慢性白血病治療薬の開発.
【独立行政法人日本学術振興会】平位秀世:平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(C)) 「C/EBP転写因子にyる顆粒球分化と増殖のカップリング調節」課題番号:21591246.平成21年度〜平成23年度.
【独立行政法人日本学術振興会】平位秀世(分担研究者):平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(C)) 「”骨髄腫幹細胞ニッチ”の解析と治療標的分子の同定」課題番号23591404.平成23年度〜平成25年度.
【独立行政法人日本学術振興会】平位秀世(分担研究者):平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(C))「転写因子C/EBP βによる好中球造血・機能制御の解析に基づく敗血症病態の解明. 課題番号23592678.平成23年度〜平成25年度.
【独立行政法人日本学術振興会】平位秀世(分担研究者):平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(基盤研究(C))「骨髄球系抑制細胞の産生機構とインターロイキン17の関与の解明」. 課題番号21590443.平成21年度〜平成23年度.
【独立行政法人日本学術振興会】三浦康生:平成23年度科学研究費助成事業(科学研究費補助金(研究活動スタート支援)) 「間葉系幹細胞の薬物的機能賦活を利用した臍帯血細胞移植技術の改良」.課題番号:23890090.平成23年度〜平成24年度

【文部科学省】前川平:再生医療の実現化プロジェクト 委託業務題目:京都大学iPS細胞研究統合推進拠点.臨床応用のための安全性の確保及びその評価技術の開発. 研究期間:平成20年度〜平成24年度. 代表申請者:山中伸弥

【厚生労働科学研究費補助金】申請代表者:前川平. 分担研究者:高桑徹也、青山朋樹、伊吹謙太郎、川真田伸、笠井泰成. 医療技術実用化総合研究事業(臨床研究基盤設備推進研究事業)課題名:再生医療実用化を促進するセルプロセシングセンター運用のための人材育成プロジェクト(課題番号H21-臨研(教育)-一般-009). 研究期間:平成21年度〜平成23年度.

【文部科学省】前川平:橋渡し研究支援推進プログラム 委託業務題目:創薬・新規医療開発のアカデミア拠点形成. 研究期間:平成19年度〜平成23年度. 代表申請者:上本伸二

【独立行政法人科学技術振興機構】三浦康生:研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP(フィージビリティスタディ(探索タイプ)) . 研究期間: 平成23年8月1日〜平成24年3月31日. 課題番号:AS231Z00155F.
【受託研究:文部科学省 研究振興局】前川平:「がん微小環境を標的とした革新的治療法の実現」(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)研究期間:平成23年12月15日〜平成24年3月31日
【受託研究:文部科学省 研究振興局】平位秀世:「がん微小環境を標的とした革新的治療法の実現」(微小環境に注目したがんの治療戦略開発)研究期間:平成23年12月15日〜平成24年3月31日
【独立行政法人科学技術振興機構】芦原英司、前川 平、羽室淳爾(研究代表者): 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)フィージビリティスタディ(探索タイプ). 研究期間: 平成23年8月1日〜平成24年3月31日.「エクスゾームの膜脂質組成を応用した癌特異的な新規DDSの開発による分子標的がん治療基盤技術の開発」

【民間助成】三浦康生: 財団法人藤原記念財団平成22年少壮研究者奨励金. 平成23年6月14日(2011)

【民間助成】平位秀世:2011年度武田科学振興財団 医学系研究奨励(基礎).「感染時の類白血病反応と慢性骨髄性白血病に共通する分子基盤の解明」平成23年7月26日(2011)

【民間助成】三浦康生:公益信託 日本白血病研究基金助成金. 平成23年11月14日(2011)
【民間助成】前川 平:公益財団法人 先進医薬研究振興財団. 「ナノ技術を応用した抗HLA抗体・抗顆粒球抗体の超迅速測定法の開発-TRALI撲滅を目指して-」平成23年11月15日(2011)

【民間助成】三浦康生:京都大学医学部附属病院探索医療センター研究助成金. 平成23年9月22日(2011)

back to top