HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2010年 年報 【論文】 英文原著)
Ryu K, Murata H, Koto K, Horie N, Matsui T, Nishigaki Y, Sakabe T, Takeshita H, Itoi M, Kimura S, Ashihara E, Maekawa T, Fushiki S, Kubo T : Combined effects of bisphosphonate and radiation on osteosarcoma cells.
Anticancer Res. 30(7):2713-2720, 2010.
Yokoi H, Yamada H, Tsubakimoto Y, Takata H, Kawahito H, Kishida S, Kato T, Matsui A, Hirai H, Ashihara E, Maekawa T, Iwai M, Horiuchi M, Ikeda K, Takahashi T, Okigaki M, Matsubara H : Bone marrow AT1 augments neointima formation by promoting mobilization of smooth muscle progenitors via platelet-derived SDF-1 {alpha}.
Arterioscler Thromb Vasc Biol.30(1):60-67, 2010.
Kamio N, Hirai H, Ashihara E, Tenen DG, Maekawa T, Imanishi J:Use of bicistronic vectors in combination with flow cytometry to screen for effective small interfering RNA target sequences.
Biochem Biophys Res Commun 393: 498-503, 2010
Tanaka R, Squires MS, Kimura S, Yokota A, Mallet ., Smyth  T, Thompson NT, Nagao R, Yamauchi T, Ashihara E, Ottmann OG, Lyons JF, Maekawa T. : Activity of the multi-targeted kinase inhibitor, AT9283, in imatinib-resistant BCR-ABL positive leukemic cells.
Blood 116(12):2089-95, 2010.
Kawata E, Ashihara E, Nakagawa Y, Kiuchi T, Ogura M, Yao H, Sakai K, Tanaka R, Nagao R, Yokota A, Takeuchi M, Kimura S, Hirai H, Maekawa T: A combination of a DNA-chimera siRNA against PLK-1 and zoledronic acid suppresses the growth of malignant mesothelioma cells in vitro.
Cancer Lett 294: 245-253, 2010.
Takeuchi M, Kimura S, Kuroda J, Ashihara E, Kawatani M, Osada H, Umezawa K, Yasu E, Imoto M, Tsuruo T, Yokota A, Tanaka T, Nagao R, Nakahata T, Fujiyama Y, Maekawa T: Glyoxalase-I induction during hypoxia adaptation in Bcr-Abl positive leukaemic cells.
Cell Death Diff 17:1211-1220, 2010.
Umenai T, Hirai H, Shime N, Nakaya T, Asahara T, Nomoto K, Kita M, Tanaka Y, Imanishi J:Eradication of the commensal intestinal microflora by oral antimicrobials interferes with the host response to lipopolysaccharide.
Eur J Clin Microbiol Infect Dis 29(6):633-641 (2010).
Ohsaka, A, Kikuta A, Ohto H, Ohara A, Ishida A, Osada K, Kimitamari A, Iwai A, Kai T, Maekawa T, Hoshi, Y: Guidelines for safety management of granulocyte transfusion in Japan.
Int J Lab Hematol 91(2) 201-208,2010.
Hamaguchi M, Seno T, Yamamoto A, Kohno M, Kadoya M, Ishino H, Ashihara E, Kimura S, Tsubakimoto Y, Takata H, Yoshikawa T, Maekawa T, Kawahito Y: Loxoprofen sodium, a non-selective NSAID, reduces atherosclerosis in mice by reducing inflammation.
J Clin Biochem Nutr. 47(2):138-147, 2010.
Yokota A, Kimura S, Tanaka R, Takeuchi M, Yao H, Sakai K, Nagao R, Kuroda J, Kamitsuji Y, Kawata E, Ashihara E, Maekawa T:Osteoclasts are involved in the maintenance of dormant leukemic cells.
Leuk Res, 34(6)793-799,2010.
Koto K, Murata H, Kimura S, Horie N, Matsui T, Nishigaki Y, Ryu K, Skabe T, Itoi M, Ashihara E, Maekawa T, Fushiki S, Kubo T: Zoledronic acid inhibits proliferation of human fibrosarcoma cells with induction of apoptosis, and shows combined effects with other anticancer agents.
Oncology Reports 24:233-239, 2010.
Ushiki T, Kizaka-Kondoh S, Ashihara E, Tanaka S, Masuko M, Hirai H, Kimura S, Aizawa Y, Maekawa T, Hiraoka M. Noninvasive tracking of donor cell homing by near-infrared fluorescence imaging shortly after bone marrow transplantation.
PLOS One, 5:e11114, 2010.
Ito K, Aoyama T, Fukiage K, Otsuka S, Furu M, Jin Y, Nasu A, Ueda M, Kasai Y, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T, Kobayashi A, Yoshida S, Niwa H, Otsuka T, Nakamura T, Toguchida J: A novel method to isolate mesenchymal stem cells from bone marrow in a closed system using a device made by non-woven fabric.
Tissue Eng Part C Methods 16(1):81-91, 2010.

Fujita Y, Ihara M, Ushiki T, Hirai H, Kizaka-Kondoh S, Hiraoka M, Ito H, Takahashi R:Early protective effect of bone marrow mononuclear cells againstischemic white matter damage through augmentation of cerebral blood flow. 
Stroke 41: 2938-2943, 2010.

Sekimoto M, Imanaka Y, Shirai T, Sasaki H, Komeno T, Lee J, Yoshihara K, Ashihara E, Maekawa T:Risk-adjusted assessment of incidence and quantity of blood use in acute-care hospitals in Japan: an analysis using administrative data.
Vox Sang 98:538-546, 2010.
【論文/英文総説】
s
Ashihara E, Kawata E, Maekawa:Future Prospect of RNA interference for cancer therapies.
Curr Drug Targets. 11(3): 345-360, 2010.
【邦文論文/原著】
s
務中達也、叶井正樹、木村晋也、芦原英司、阿部浩久、庄司習一、前川 平:細胞解析チップ―生体内のがん細胞の挙動研究を目指してー.
島津評論、66(3-4):141-149, 2010.
村松裕子、木村晋也、一戸辰夫、芦原英司、石川隆之、前川 平、内山 卓:造血幹細胞移植における血縁ドナーのための専門外来.
日本輸血・細胞治療学会雑誌 56(1):68-71, 2010.
【論文/邦文総説】
s
芦原英司:RNA干渉を用いたがん治療.
癌と化学療法 37:2033-2041, 2010.
芦原英司:RNA干渉による造血器悪性腫瘍治療.
京都府立医科大学雑誌 119:729-746, 2010.
笠井泰成:細胞プロセシングセンター(CPC)における臨床検査技師の役割.
検査と技術、38(13):1246-1249, 2010.
芦原英司,前川 平:悪性腫瘍に対するsiRNA療法.
最新RNAと疾患研究2009.第3章 RNA研究から臨床へ.中村義一 編.
メディカルドゥ,大阪:pp139-1462010.
【その他/研究報告書】
s
前川 平:再生医療実用化を促進するセルプロセシングセンター運用のための 人材育成プロジェクト. 厚生労働省科学研究費補助金(医療技術実用化総合研究事業)「再生医療実用 化を促進するセルプロセシングセンター運用のための人材育成プロジェクトに 関する研究」
平成21年度 総括・分担研究報告書(主任研究者:前川 平)、p.2-6, 2010.(平成22年5月)
【国際学会/一般演題】
s
Tanaka R, Kimura S, Hosomi T, Hirai M, Nagao R,Takeuchi M, Yao H, Sakai K, Hirai H, Ashihara E, Maekawa T : A Novel Automated Assay for the Detection of BCR-ABL Kinase Domain Mutations.
15th Congress of the European Hematology Association (EHA) (Fira Barcelona Gran Via, Barcelona, Spain) (June 12, 2010)
Ashihara E, Munaka T, Kimura K, Kanai M,  Abe H, Hirai H, Shoji S, Maekawa T: Isopentenyl pyrophosphate (IPP), a metabolite produced in myeloma cells, induces the chemotaxis of γσT cells.(publication #2766)
The American Society of Hematology 52st Annual Meeting and Exposition(ASH)(Orange County Convention Center, Orlando, FL, USA) (December 5, 2010) Blood 115(20)××××.
Satake S, Hirai H, Shime N, Nagao R, Tanaka R, Yao H, Hayashi Y, Ashihara E, Inaba T, Fujita N , Imanishi J, Maekawa T: Candidemia-Induced emergency granulopoiesis consists of successive dual waves triggered by the shift from C/EBP
alpha to C/EBP beta dependency. (publication#3778)
The American Society of Hematology 52st Annual Meeting and Exposition(ASH)(Orange County Convention Center, Orlando, FL, USA) (December  6, 2010) Blood 115(20)××××.
Tauchi T, Okabe S, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T, Ohyashiki K: Combined effects of the heedgehog pathway inhibitor LDE225 and Nilotinib in a raddom mutagenesis screen. (publication #595)
The American Society of Hematology 52st Annual Meeting and Exposition(ASH)(Orange County Convention Center, Orlando, FL, USA) (December 6, 2010) Blood 115(20)××××.
【国際学会/シンポジウム】
s
Maekawa T: Development of new agents in the treatment of imatinib-resistant Ph+ leukemias.
The 30th Internationl Symposium by Princess Takamatsu Foundation for Cancer Research.(Kyoto,Japan) (December 23, 2010)
【学会発表/特別講演】
s
前川 平:先端的細胞治療・再生治療開発と検査技師の役割(特別講演)
第54回日本輸血・細胞治療学会東海支部例会(愛知県) 平成22年3月 13日 (2010)
前川 平:血液がんに対する分子標的治療の動向(特別講演)
第9回日本産婦人科がん分子標的研究会(大津)   平成22年9月10日 (2010)
前川 平:京都大学における先端的細胞治療・再生治療開発への挑戦(特別講演)
第10回静岡中部血液疾患研究会(静岡) 平成22年11月6日 (2010)
前川 平:京都大学における先端的細胞治療・再生治療開発への挑戦 ー検査技師のあらたな活躍分野ー(特別講演) 
第54回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(大津市) 平成22年11月27日 (2010)
【研究会/特別講演】
s
芦原英司:悪性腫瘍に対するRNA干渉療法の可能性.
第24回新潟分子病態・再生医学セミナー(新潟市)   平成22年2月12日(2010)
前川 平:京都大学における先端医療開発への挑戦.
第62回佐賀ブルートアーベント(佐賀市)       平成22年2月12日(2010)
前川 平:ASH2009 Review in CML.
第9回京滋CMLフォーラム(京都市)  平成22年2月26日(2010)
前川 平:慢性骨髄性白血病治療のあらたな課題(特別講演)
北陸造血器腫瘍研究会 第50回記念講演会(福井)  平成22年3月3日(2010)
芦原英司:悪性腫瘍に対するRNA干渉療法. 
第7回 神戸先端血液学フォーラム(神戸) 平成22年3月6日(2010)
前川 平:慢性骨髄性白血病のあらたな治療戦略とその課題(特別講演)
Shizuoka Hematology Forum 2010(静岡市) 平成22年4月24日(2010)
前川 平:慢性骨髄性白血病治療の進歩とあらたな課題(特別講演)
三重血液研究会(津市)      平成22年5月21日 (2010)
【国内学会/シンポジウム】
s
青山朋樹、中村孝志、前川 平、戸口田淳也:難治性骨壊死疾患に対する間葉系幹細胞を用いた臨床試験.シンポジウム3「細胞治療」.
第31回臨床薬理学会年会(京都)平成22年12月 1日(2010)
【学会発表/一般演題】
s
万木紀美子、芦原英司、菱田理恵、丹羽紀実、平位秀世、前川 平:骨髄移植 後、ドナー由来のHLA抗体により血小板輸血不能となった一例.
第58回日本輸血・細胞治療学会総会(名古屋)  平成22年5月 28日 (2010)
江川裕人、万木紀美子、菱田理恵、丹羽紀実、竹川良子、渡邊珠緒、辻博昭、 平位秀世、芦原英司、前川 平、吉澤 淳、上本伸二:術前抗ドナー感作の問 題点:肝移植とHLA抗体の臨床的意義.
パネルディスカッション2「移植医療とHLA抗体/輸血療法.PD2-1」
第58回日本輸血・細胞治療学会総会(名古屋) 平成22年5月 28日 (2010)
前川 平:京都大学における生体肝移植時の輸血療法.パネルディスカッション2「移植医療とHLA抗体/輸血療法.PD2-3」
第58回日本輸血・細胞治療学会総会(名古屋) 平成22年5月 28日 (2010)
藤原晴美、竹下明裕、渡邊弘子、押田眞知子、友田 豊、万木紀美子、星 順 隆、高橋孝喜、前川 平、大戸 斉:大学病院輸血部技師の教育への関与と重要性.
第58回日本輸血・細胞治療学会総会(名古屋) 平成22年5月 30日 (2010)
Kamio N, Hirai H, Satake S, Tanaka R, Nagao R, Yao H, Hayashi Y, Takeuchi M, Ashihara E, Maekawa T: A flow cytometry-based method for screening of effective small interfering RNA target sequences.
第16回日本遺伝子治療学会年次学術集会(栃木)  平成22年 7月2日(2010)
Kawata T, Ashihara E, Hirai H, Maekawa T: A combination of a DNA-chimera siRNA against PLK-1 and zoledronic acid suppresses the growth of malignant mesothlioma cells in vitro.
第16回日本遺伝子治療学会年次学術集会(栃木)      平成22年 7月2日(2010)
武内美紀、芦原英司、木村晋也、長尾里奈、田中瑠璃子、八尾尚幸、平位秀世、山崎洋子、前川 平:低酸素環境適応により治療抵抗性を獲得した慢性骨髄性白血病(CML) 細胞に対する、低酸素標的薬剤Rakicidin A の有効性.
第14回日本がん分子標的治療学会学術集会(東京)    2010年7月7日(2010)
田中瑠璃子、木村晋也、長尾里奈、横田明日美、武内美紀、平位秀世、芦原英司、前川 平:イマチニブ耐性患者におけるBCR-ABL 点突然変異の全自動点突然変異解析法に関する検討.
第14回日本がん分子標的治療学会学術集会(東京) 平成22年7月8日(2010)
田中瑠璃子、木村晋也、横田明日美、長尾里奈、八尾尚幸、武内美紀、芦原英司、平位秀世、前川 平:慢性骨髄性白血病治療におけるT315I遺伝子変異による耐性克服を目指して
~新規キナーゼ阻害剤AT9283の開発~
文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」主催
第11回 がん若手研究者ワークショップ  平成22年9月2日 (2010) (茅野市)
八尾尚幸、芦原英司、長尾里奈、田中瑠璃子 、佐竹早紀子 、林 慶紘、平位秀世 、前川 平:多発性骨髄腫に対する新規Wnt/b-cateninシグナル阻害剤の抗腫瘍効果.
文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」主催
第11回 がん若手研究者ワークショップ(茅野市)平成22年9月3日 (2010)
八尾尚幸、芦原英司、平位秀世、前川平:多発性骨髄腫に対する新規Wnt/β-cateninシグナル阻害剤の抗腫瘍効果.
第69回日本癌学会学術総会(大阪)     平成22年9月22日(2010)
Hirai H, Kamio N, Matsusue A, Ogino S, Kimura N, Satake S, Tanaka R, Nagao R, Yao H, Hayashi Y, Takeuchi M, Ashihara E, Huang G, Tenen DG, Imanishi  J, Maekawa T: 「骨髄系細胞の分化と機能制御」「緊急」顆粒球造血時のC/EBPβの制御におけるCREBファミリー転写因子. Involvement of CREBs in the regulation of C/EBPβduring “emergency” granulopoiesis.
第72回日本血液学会学術集会(横浜)          平成22年9月24日(2010)
佐竹早紀子、平位秀世、志馬伸朗、長尾里奈、田中瑠璃子、八尾尚幸、林嘉宏、武内美紀、芦原英司、稲葉亨、藤田直久、今西二郎、前川平:「骨髄系細胞の分化と機能制御」敗血症における2相性”緊急”好中球造血のフローサイトメトリーによる解析. Candidemia-induced “emergency” granulopoiesis consists of successive biphasic waves.
第72回日本血液学会学術集会(横浜)       平成22年9月24日(2010)
Nagao R, Hirai H, Satake S, Yao H, Tanaka R, Hayashi Y, Ashihara E, Maekawa T:The developmental process of myeloid-derived suppressor cells in the bone marrow of tumor-bearing mice. (ポスター賞受賞)
Kyoto University Global COE “Center for Frontier Medicine” International Symposium/Retreat2010. (Hyogo, Japan) (November 5, 2010)
【研究会/一般演題】
s
木村晋也、前川 平:T315I遺伝子変異を持つCMLに対するオーロラキナーゼ阻害剤、AT9283の開発について.
平成22年度第1回合同班会議(名古屋)厚生労働省がん研究開発費「成人白血病の難治機構の分子レベルでの解明とそれに基づく分子標的治療の開発に関する研究」班(直江班)
平成22年6月19日 (2010)
芦原英司、河田英里、前川 平:肺がんに対するRNA干渉療法の開発
第4回iPUC-II(Integrated Pulmonary Circulation Research II)(東京)平成22年6月26日(2010)
山本相浩、芦原英司、前川 平、川人 豊. 強皮症様GVHDマウスモデルの皮膚線維化におけるallograft inflammatory factor-1の関与について.
第36回免疫カンファレンス (京都市) 平成22年11月20日
【学会発表/その他】
s
輸血部主催学術講演会
講演者:Gang Huang, PhD(Division of Experimental Hematology & cancer Biology, Cincinnati Children’s Hospital Medical Center)
演題: Novel Oncogenic Signaling by MLL Related Leukemogenic Proteins.
京都大学医学系研究科学術講演会(京都)       平成22年7月14日(2010)
前川 平:(特別講義)
滋賀医科大学特別講義(大津市)   平成22年10月20日 (2010)
【文部科学省科学研究費補助金】
s
前川 平(研究代表者),平位秀世, 木村晋也,芦原英司: 基盤研究(B)(一般)(H21~H23)
課題番号21390293「慢性骨髄性白血病幹細胞とT3151変異クローンの根絶」
前川平(研究代表者), 平位秀世:挑戦的萌芽研究(H22)
課題番号22650227「癌転移を制御する骨髄由来細胞の細胞系譜決定」
芦原英司(研究代表者), 前川 平: 基盤研究(C)(一般)(H20~H22)
課題番号20591121「抗体結合型βカテニン siRNAを用いた多発性骨髄腫に対する新規治療法の開発」
平位秀世(代表研究者):基盤研究(C)(一般)(H21~H23) 
課題番号21591246「C/EBP転写因子による顆粒球分化と増殖のカップリング調節」
平位秀世(研究分担者):基盤研究(C)(一般)(H21~H23)
課題番号:21590443「骨髄球系抑制細胞の産生機構とインターロイキン17の関与の解明」
平位秀世(研究分担者):基盤研究(C)(一般)(H ~H )
課題番号:20592125「好中球の転写因子C/EBPに着目した敗血症性急性肺損傷の病態解析」
田中瑠璃子, 前川 平(受入研究者):特別研究員奨励費(H22)課題番号22・4570「難治性骨髄性白血病の完治を可能とする新規治療法の開発」
【文科省受託研究】
s
前川 平(分担研究者):再生医療の実現化プロジェクト, 京都大学iPS細胞研究統合推進拠点「臨床応用のための安全性の確保及びその評価技術の開発」(H20~H24)
前川 平(分担研究者): 橋渡し研究支援推進プログラム「創薬・新規医療開発のアカデミア拠点形成」(H19~H23)
【厚生労働省科学研究費補助金】
s
前川 平(分担研究者):免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業「新たな移植細胞療法に向けた造血幹細胞のex vivo増幅技術の開発と応用」(課題番号H20-免疫一般-018)(H20~H22)
前川平(分担研究者):H22年度厚生労働省がん研究開発費 (課題番号:21分指-6-?)「成人白血病の難治機構の分子レベルでの解明とそれに基づく分子標的治療の開発に関する研究」(H21~H23)
前川平(研究代表者):臨床研究基盤設備推進研究事業「再生医療実用化を促進するセルプロセシングセンター運用のための人材育成プロジェクト」(課題番号H21-臨研(教育)-一般-009)(H21-H23)
【民間助成】
s
平位秀世: 財団法人藤原記念財団 平成22年度少壮研究者奨励金 「フローサイトメトリーによる坦癌状態での骨髄造血の解析」平成22年6月(2010)
back to top