HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2009年 年報 【論文】 英文原著)
Tsubakimoto Y, Yamada H, Yokoi H, Kishida S, Takata H, Kawahito H, Matsui A, Urao N, Nozawa Y, Hirai H, Imanishi J, Ashihara E, MaekawaT, Takahashi T, Okigaki M, Matsubara H: Bone marrow angiotensin AT1 receptor regulates differentiation of monocyte lineage progenitors from hematopoietic stem cells.
Arterioscler Thromb Vasc Biol, 29(10):1529-1536, 2009
Guibal FC, Alberich-Jorda M, Hirai H, Ebralidze A, Levantini E, Di Ruscio A, Zhang P, Santana-Lemos BA, Neuberg D, Wagers AJ, Rego EM, Tenen DG:Identification of a myeloid committed progenitor as the cancer initiating cell in acute promyelocytic leukemia.
Blood.114(27): 5415-5425, 2009.
Okamoto M, Hirai H, Taniguchi K, Shimura K, Inaba T, Shimazaki C, Taniwaki M, Imanishi J: Toll-like receptors (TLRs) are expressed by myeloid leukaemia cell lines, but fail to trigger differentiation in response to the respective TLR ligands.
Br J Haematol, 147(4):585-587. (2009)
Yuasa T, Sato K, Ashihara E, Takeuchi M, Maita S, Tsuchiya N, Habuchi T, Maekawa T, Kimura S: Intravesical administration of γδ T cells successfully prevents the growth of bladder cancer in the murine model.
Cancer Immunol Immun, 58:493-502, 2009.
Koto K, Horie N, Kimura S, Murata H, Sakabe T, Matsui T, Watanabe M, AdachiS, Maekawa T, Fushiki S, Kubo T. Clinically relevant dose of zoledronic acid inhibits spontaneous lung metastasis in a murine osteosarcoma model.
Cancer Lett, 274:271-278, 2009.
Ashihara E, Kawata E, Nakagawa Y, Shimazaski C, Kuroda J, Taniguchi T, Uchiyama H, Tanaka R, Yokota A, Takeuchi M, Kamitsuji Y, Inaba T, Taniwaki M, Kimura S, Maekawa T, b-catenin siRNA successfully suppressed progression of multiple myeloma in a mouse model.
Clin Cancer Res. 15:2731-2738, 2009.
Taniguchi K, Shimazaki C, Ochiai N, Maruya E, Akatsuka Y, Ashihara E, Maekawa T, Taniwaki M, Saji H: Modified ELISPOT assay may predict T-cell hyporesponsiveness to non-inherited maternal antigens.
Int J Lab Hematol, 32(1PART.1):163-168,2009.
Kaido T, Egawa H, Tsuji H, Ashihara E, Maekawa T, Uemoto S:In-hospital mortality in adult recipients of living donor liver transplantation: experience of 576 consecutive cases at a single center.
Liver Transpl, 15:1420-1425, 2009.
Matsumoto S, Tanaka F, Sato K, Kimura S, Maekawa T, Hasegawa S, Wada H: Monitoring with a non-invasive bioluminescent in vivo imaging system of pleural metastasis of lung carcinoma.
Lung Cancer, 66(1):75-79, 2009.
【論文】 英文総説)
s
Ashihara E, Kawata E, Maekawa:Future Prospect of RNA interference for cancer therapies.
Curr Drug Targets, 50(10):1577-1588, 2009.
Takeuchi M, Kimura S, Ashihara E, Maekawa T:Dual BCR-ABL/LYN tyrosine kinase inhibitor, INNO-406.
Drug of the Future 34:261-269, 2009.
【論文】 英文著書)
s
Egawa H, Taira K, Teramukai S, Haga H, Ueda Y, Yonezawa A, Masuda S, Tsuji H, Ashihara E, Takada Y, Uemoto S:Risk Factors for Recurrence of Primary Sclerosing Cholangitis After Living Donor Liver Transplantation: A SingleCenter Experience. 
Dig Dis Sci, 54:1347-54, 2009.
【論文】 邦文総説)
s
横田 明日美、木村晋也: 骨芽細胞ニッチと血管性ニッチ.
医学の歩み, 228(11):1109-1112, 2009.
平位秀世:C/EBPファミリー転写因子による好中球産生の制御機構.
医学のあゆみTOPICS, 23(12): 1199-1200, 2009.
八尾尚幸、前川 平:造血器腫瘍治療における輸血療法の適応は?. 特集「支持療法・輸血」.
EBM 血液疾患の治療 2010-2011:493-497, 2009.
長尾里奈、木村晋也:慢性骨髄性白血病に対する新規薬剤の現況.
小児血液学会雑誌 23:1-8, 2009.
万木紀美子、前川 平:?.血液製剤.2) 輸血療法の実際.
綜合臨床 第58巻増刊号「今すぐに役立つ 輸液ガイドブック」、永井書店、大阪、58:390-398, 2009.
八尾尚幸、芦原英司、前川 平:支持療法 ー輸血・成分輸血、Epo, G-CSFなど ー.特集「骨髄性白血病 ー 病因・治療研究の進歩」.
日本臨床 67(10):1951-1957, 2009.
【論文】(邦文著書)
s
木村晋也: 15 白血病の分子標的療法. 
小児科専門医のための生涯教育ナビゲーター(五十嵐 隆編集)、中山書店、東京、(印刷中)2009
【論文】(その他)
s
平位秀世:好中球造血の二つのモードと疾患.
京都がん研究会メールマガジン65(9月号), 2009.
西川昭子、村山敏典、前川 平:産業界のためのガイダンス ヒトの細胞,組織,および細胞・組織製剤 (HCT/P)に関する規制 小規模事業所の準拠ガイド.
臨床評価36(Suppl XXVI): 183-196 (2009) 
西川昭子、村山敏典、前川 平:産業界のためのガイダンス ヒトの細胞,組織,および細胞・組織製剤―(HCT/P)のドナーの適格性判断. 
臨床評価36(Suppl XXVI): 197-256 (2009) 
西川昭子、村山敏典、前川 平:産業界のためのガイダンス 第?相研究新薬のためのCGMP (Guidance for Industry ? CGMP for Phase 1 Investigational Drugs). 
臨床評価36(Suppl XXVI): 257-273 (2009) 
前川 平:開発段階に応じたGMP規制(stepwise approach, フェーズ1 GMP)の重要性─アカデミアにおけるトランスレーショナルリサーチ推進のために─. 
臨床評価36(Suppl XXVI): 274 (2009)
【国際学会/招請口演(Invited Lecture)】
s
Kimura S: Exploring the antitumor mechanisms of bisphosphonates in clinic. Modulating the immune response.  
2009 ZENITH Meeting. (Ceville, Spain) (January 25, 2009)
Kimura S : How to cure CML ?  
The 24th Nagoya International Cancer Treatment Symposium. (Nagoya, Japan) (February 15, 2009)
Kimura S: Lesson from CML, molecular targets in myeloid leukemias. 
6th Korean Society of Hematology AML/MDS Working PArty Symposium, 3rd Korean-Japan Joint Symposium on "Molecular Targets and AML/MDS Therapeutics" (Seoul, Korea)(March 14, 2009)
【国際学会/シンポジウム】
s
Maekawa T: Molecular target and cellular therapeutics developed in the department of transfusion medicine and cell therapy.  
MD Anderson Cancer Center & Kyoto Univ. Grad. School of Medicine International Symposium 2009 (Kyoto University Alumni Hall, Kyoto, Japan)    (March 22, 2009) 
【国際学会/一般演題】
s
Ikeguchi R, Kakinoki R, Aoyama T, Goto K, Maekawa T, Nakamura T, Toguchida J: Clinical application of bone marrow stromal cells to avascular necrosis of the femoral head combined with vascularized iliac bone graft.
American society for reconstructive microsurgery, Annual scientific meeting (Maui, Hawaii, USA) (Jan. 12, 2009)
Satake S, Hirai H, Shime N, Ashihara E, Inaba T, Fujita N, Maekawa T, Imanishi J:Flow Cytometric Dissection of Mouse Granulopoiesis in Response to Fungal Sepsis. 
第49回  International Conferance on Antimicrobial Agents and Chemotherapy《サンフランシスコ、米国》 (Sep.12-15,2009)
Kawahito Y, Hamaguchi M, Seno T, Yamamoto A, Khno M, Thubouchi Y, Kadoya M, Ishino H, Kimura s, Ashihara E, Maekawa T. Inflammation and atherothscrelosis.
The 9th World Congress on Inflammation. Tokyo, Japan) (July 6-10, 2009)
Ushiki T, Kizaka-Kondoh S, Ashihara E, Tanaka S, Hirai H, Kimura S, Maekawa T, Hiraoka M: A novel approach fordynamic analysis of transplanted hematopoietic stem/progenitor cells in vivo by near-infrared fluorescence imaging. 
2009 World Molecular Imaging Congress (Montreal, Canada)(September 23-26,2009)
Kamio N, Hirai H, Ashihara E, Maekawa T, Tenen  DG,Imanishi J: A FACS-based method for screening of effective small interfering RNAtarget sequences.
Joint Symposium of the 5th Annual Meeting of the Oligonucleotide Therapeutics Society and the 19th Antisense Symposium (Fukuoka, Japan) (November 4, 2009)
Hirai H, Kamio N, Matsusue A, Ogino S, Kimura N, Satake S, Ashihara E, Maekawa T, Tenen DG, Imanishi J: CREB Is Involved in the Regulation of C/EBPβ During ‘emergency’ Granulopoiesis.
The American Society of Hematology 51st Annual Meeting and Exposition (New Orleans, USA)(December 5, 2009)
Sakai K, Kawata E, Ashihara E, Yamauchi A, Kimura S, Hirai H, Hirashima M, Yoshimura N, Maekawa T , Galectin-9 Ameriorates Acute GVHD by Inducing T-cell Apoptosis and Increasing Regulatory T cell. ※publication番号未定
The American Society of Hematology 51st Annual Meeting and Exposition(ASH)(Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, USA) (December 5, 2009)
Takeuchi M, Kimura S, Kuroda J, Ashihara A, Kawatani M, Osada H, Umezawa K, Yasui E, Imoto M, Tsuruo T, Yokota A, Tanaka R, Nagao R, Nakahata T, Fujiyama Y, Maekawa T, Hypoxia-Adapted CML cells are more primitive population and are Eradication by Glyoxalase-1 Inhibitors. ※publication番号未定
The American Society of Hematology 51st Annual Meeting and Exposition(ASH)(Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, USA)(December 6, 2009)
Yao H, Ashihara A,  Nagao R, Kimura S, Hirai H, Strovel JW, Padia J, Cholody WM, Maekawa T : AV-65, a Novel Inhibitor of the Wnt/β-catenin Signaling Pathway, Inhibits the Proliferation of Myeloma Cells. (publication#: 2866)
The American Society of Hematology 51st Annual Meeting and Exposition(ASH)(Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, USA) (December  6, 2009)
Tanaka R, Kimura S, Hosomi T, Hirai M, Nagao R, Yokota A,Takeuchi M, Yao H, Sakai K, Adachi S, Hirai H, Ashihara E, Maekawa T  Automated and Rapid Detection of BCR-ABL Kinase Domain Mutations in IM Resistant Patients with Ph+ Leukemias. ※publication番号未定
The American Society of Hematology 51st Annual Meeting and Exposition(ASH)(Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, USA) (December  6, 2009) 
Nagao R, Ashihara A,  Kimura S, Yao H, Takeuchi M, Yokota A, Tanaka R, Hirai H, Strovel JW, Padia J, Cholody WM, Maekawa T : Inhibition of Wnt/β-Catenin Signaling by AV65 Treatment Caused Cell Cycle Arrest and Induced Caspase-Independent or -Dependent Apoptosis in CML Cells. ※publication番号未定
The American Society of Hematology 51st Annual Meeting and Exposition (ASH)(Ernest N. Morial Convention Center, New Orleans, USA)(December  6, 2009)
【学会/特別講演】
s
前川 平:第2世代チロシンキナーゼ阻害剤によるCML治療のあらたな展開(特別講演)
タシグナ発売記念講演会(東京)            平成21年4月18日(2009)
芦原英司:多発性骨髄腫に対する新規治療法の可能性 
第31回滋賀血液疾患研究会(草津) 平成21年5月16日(2009)
前川 平:慢性骨髄性白血病の治療戦略ーあらたな課題ー(特別講演)
Hematology Symposium 2009 in Sendai(仙台)    平成21年 10月 10日(2009)
前川 平:細胞治療・再生治療とはー研究成果を患者さんに届けるために今何 が必要かー(特別講演)
臨床検査展開学細胞育成士養成プロジェクトセミナー「細胞治療の最先端とそれを支える細胞治療センターの役割」(京都)                    平成21年10月14日(2009)
前川 平:慢性骨髄性白血病に対するあらたな治療戦略(特別講演)
平成21年度造血器腫瘍研究会(厚生労働省がん研究助成金「造血器腫瘍の発症と難治化に関わる分子標的の基礎的・臨床的研究」班会議)(東京)  平成21年10月30日 (2009)
前川 平:2nd TKIs によるCML治療のあらたな課題.
Tokyo CML Expert Meeting(東京) 平成21年11月 21日 (2009)
【学会/教育講演】
s
芦原英司:RNA干渉を用いたがん治療の可能性.
第71回日本血液学会学術集会(京都)       平成21年10月25日(2009)
【学会/シンポジウム】
s
芦原英司: RNA干渉によるがん治療の開発 
第18回日本Cell Death学会学術集会(長崎) 平成21年8月1-2日(2009)
【学会/ワークショップ】
s
武内美紀、木村晋也、黒田純也、芦原英司、川谷 誠、長田裕之、梅澤一夫、鶴尾 隆、前川 平:低酸素環境に適応した慢性骨髄性白血病細胞(CML)に対するglyoxalase-1(Glo-1) 阻害剤の有効性. 
第13回日本がん分子標的治療学会学術集会(徳島市)     平成21年6月25日(2009)
田中瑠璃子、木村晋也、横田明日美、芦原英司、前川 平:新規マルチターゲット型チロシンキナーゼ阻害剤AT9283のT315Iを含むイマチニブ耐性変異BCR-ABLに対する効果. 
第13回日本がん分子標的治療学会学術集会(徳島市)     平成21年6月26日(2009)
八尾尚幸、芦原英司、長尾里奈、木村晋也、前川 平:(特別賞受賞演題)多発性骨髄腫に対する新規Wnt/β-cateninシグナル阻害剤の抗腫瘍効果. 
第13回日本がん分子標的治療学会学術集会(徳島市)     平成21年6月26日(2009)
長尾里奈、木村晋也、芦原英司、武内美紀、田中瑠璃子、横田明日美、八尾尚幸、前川 平:各種イマチニブ耐性CML細胞株に対する新規β-catenin阻害剤AV65の増殖阻害効果. 
第13回日本がん分子標的治療学会学術集会(徳島市)     平成21年6月26日(2009)
牛木隆志、近藤科江、芦原英司、田中正太郎、木村晋也、前川 平、平岡真寛:In vivo dynamic imaging after bone marrow transplantation in mice.
第9回文部科学省特定領域研究「がん」5領域 若手研究者ワークショップ(長野) 平成21年9月3-6日(2009)
【学会/一般演題】
s
伊藤錦哉、青山朋樹、吹上謙一、大塚聖視、金 永輝、那須 輝、上田路子、 笠井泰成、木村晋也、前川 平、小林 明、吉田進也、大塚隆信、中村孝志、 戸口田淳也. 骨髄間葉系幹細胞分離法デバイスの開発.
第8回 日本再生医療学会総会 (東京)平成21年3月6日 (2009)
牛木隆志、近藤科江、芦原英司、田中正太郎、平位秀世、木村晋也、前川 平、平岡真寛:光イメージングを用いた造血幹細胞移植への新規アプローチ. 
第4回日本分子イメージング学会総会・学術集会(東京) 平成21年5月14-15日(2009)
渡邊弘子、押田眞知子、友田 豊、万木紀美子:赤血球不規則抗体に関する国内調査共同研究
第57回日本輸血・細胞治療学会(さいたま市)   平成21年5月28日(2009)
万木紀美子、木村晋也、尾島徹則、飯田美絵、山道淳太、丹羽紀実、竹川良子、菱田理恵、芦原英司、今村剛士、前川平:局在表面プラズモン共鳴原理による抗A, 抗B抗体価測定ー表面プラズモン共鳴法の問題点解決に向けた取り組みー
第57回日本輸血・細胞治療学会(さいたま市)    平成21年5月29日(2009)
横田明日美、木村晋也、武内美紀、田中瑠璃子、長尾里奈、八尾尚幸、坂井利規、芦原英司、前川 平:破骨細胞はin vitroで白血病細胞の増殖を抑制する.
第68回日本癌学会学術総会(横浜)         平成21年10月2日(2009)
武内美紀、木村晋也、横田明日美、芦原英司、前川平: Effects of Glyoxalase-1 inhibitors on Hypoxia-adapted stem cell like CML cells.
第68回日本癌学会学術総会(横浜)         平成21年10月2日(2009)
万木紀美子、木村晋也、尾島徹則、飯田美絵、山道淳太、丹羽紀実、竹川良子、菱田理恵、芦原英司、今村剛士、前川平:局在表面プラズモン共鳴原理による抗A, 抗B抗体価測定ー表面プラズモン共鳴法の検体処理能力改善に向けてー
第41回日本臨床検査自動化学会(横浜)    平成21年10月10日(2009)
長尾 里奈, 芦原 英司, 木村晋也, 武内美紀, 田中瑠璃子, 横田明日美, 八尾尚幸, 前川平:新規β-catenin阻害剤AV65の、イマチニブ耐性CML細胞株に対する増殖阻害効果.
第71回日本血液学会学術集会(京都)          平成21年10月23日(2009)
八尾尚幸, 芦原英司, 長尾里奈, 武内美紀, 田中瑠璃子, 横田明日美, 平位秀世, 前川 平:多発性骨髄腫に対する新規Wnt/b-cateninシグナル阻害剤 の抗腫瘍効果.
第71回日本血液学会学術集会(京都)       平成21年10月23日(2009)
武内美紀、木村晋也、芦原英司、山崎洋子、藤山佳秀、前川平:低酸素環境適応性CML細胞に対する、低酸素標的薬剤RakicidinAの有効性.
第71回日本血液学会学術総会(京都)        平成21年10月24日(2009)
横田明日美、木村晋也、武内美紀、田中瑠璃子、長尾里奈、八尾尚幸、坂井利規、芦原英司、前川 平:骨芽細胞、破骨細胞が白血病細胞に与える影響.
第71回日本血液学会学術集会(京都)      平成21年10月24日(2009)
田中瑠璃子, 木村晋也,長尾里奈,横田明日美,武内美紀,芦原英司,橋口智史,細見敏也,平井光春,前川 平:イマチニブ耐性CML患者におけるBCR-ABL新規全自動点突然変異解析法に関する検討.
第71回日本血液学会学術集会(京都)        平成21年10月24日(2009)
Hirai H:Involvement of CREB in the regulation of "emergency" granulopoiesis through
upregulation of C/EBP
Kyoto University Global COE "Center for Frontier Medicine" International Symposium/Retreat2009. (Hyogo, Japan) (November 7, 2009)
Tanaka R, Kimura S, Nagao R, Yokota A, Takeuchi M, Yao H, Sakai K, Hirai H, Ashihara E, Maekawa T: Overcoming CML with T315I Mutation ~Detection and Therapeutics~.
Kyoto University Global COE "Center for Frontier Medicine" InternationalSymposium/Retreat2009. (Hyogo, Japan) (November 7, 2009)
Nagao R, Ashihara E, Kimura S, Takeuchi M, Tanaka R, Yokota A, Yao H, Maekawa T: A novel beta-catenin signaling inhibitor, AV65 suppresses the growth of imatinib-resistant CML cell lines.
Kyoto University Global COE "Center for Frontier Medicine" International Symposium/Retreat2009. (Hyogo, Japan) (November 7, 2009)
山本相浩、芦原英司、河野正孝、坪内康則、和田 誠、石野秀岳、濱口真英、河田英里、角谷昌俊、妹尾高宏、尾林 博、前川 平、川人 豊: 強皮症様GVHDマウスモデルにおける線維化とallograft inflammatory factor-1の関連についての検討.
第37回日本臨床免疫学会総会(東京)         平成21年11月13日(2009)
万木紀美子、芦原英司、丹羽紀実、竹川良子、菱田理恵、平位秀世、前川 平:京大病院における自己血輸血の現状 ー返血時の凝固トラブルの検討ー
第53回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(京都)  平成21年11月28日(2009)
松岡玲子、片上幹子、笠井泰成、芦原英司、前川 平:細胞治療・再生治療の開発に必要な細胞プロセシングセンターにおける課題.
第53回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(京都)  平成21年11月28日(2009) 
片上幹子、松岡玲子、笠井泰成、芦原英司、前川 平:治療用ヒト細胞の品質管理に必要なエンドトキシン測定時の反応阻害軽減を目的とした前処理方法の検討.
第53回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(京都)  平成21年11月28日(2009)
万木紀美子、芦原英司、菱田理恵、丹羽紀実、竹川良子、平位秀世、前川 平、菱澤方勝、西澤正俊、近藤忠一、石川隆之:BTM後、ドナー由来HLA抗体により血小板輸血不応となった一例.
第92回近畿血液学地方会(京都)         平成21年12月12日(2009)
【学会/研究会】
s
前川 平:PLK-1を標的としたsiRNAによる癌治療法の開発 – わが国における臨床開発への隘路とその克服 -.
siRNAデリバリー技術情報交換会(大阪)           平成21年1月20日(2009)
芦原英司:核酸医薬を用いた癌治療の将来性について.
siRNAデリバリー技術情報交換会(大阪)           平成21年1月20日(2009)
前川 平:緊急輸血について
平成20年度血液製剤の使用適正化講演会(京都)    平成21年3月14日(2009)
前川 平:低酸素環境とCML幹細胞.
平成21年度第1回合同班会議(名古屋)厚生労働省がん研究助成金『成人白血病の難治機構の分子レベルでの解明とそれに基づく分子標的治療の開発に関する研究』班(直江班)                        平成21年6月20日 (2009)
万木紀美子:臓器移植とHLA抗体検査.
第12回宝ケ池セミナー(京都)            平成21年11月14日(2009)
平位秀世:C/EBP family 転写因子による顆粒球造血の制御.
第15回 血液科学セミナー(東京)平成21年11月22日(2009)
木村晋也、前川 平:新規ABL/LYN阻害剤INNO-406の臨床第I相試験結果.
平成21年度第2回合同班会議(名古屋)厚生労働省がん研究助成金『成人白血病の難治機構の分子レベルでの解明とそれに基づく分子標的治療の開発に関する研究』班(直江班)
平成21年12月19日 (2009)
【学会発表/その他】
s
前川 平:造血幹細胞と再生医学-先端医療開発への挑戦-(特別講義)
滋賀医科大学特別講義(滋賀医科大学)       平成21年10月21日 (2009)
【文部科学省科学研究費補助金】
s
前川 平(研究代表者),木村晋也,芦原英司: 基盤研究(B)(一般)(H21~H23)課題番号21390293「慢性骨髄性白血病幹細胞とT3151変異クローンの根絶」 
芦原英司(研究代表者)、前川 平: 基盤研究(C)(一般)(H20~H22)課題番号20591121「抗体結合型βカテニン siRNAを用いた多発性骨髄腫に対する新規治療法の開発」
横田明日美、前川 平(受入研究者):特別研究員奨励費(H19~H21)課題番号19・5922「白血病幹細胞ニッシェを標的にした新規治療法の開発」
平位秀世(代表研究者):基盤研究(C)(一般)(H21~H23) 課題番号21591246「C/EBP転写因子による顆粒球分化と増殖のカップリング調節」
平位秀世(分担研究者):基盤研究(C)(一般)課題番号21590443「骨髄球系抑制細胞の産生機構とインターロイキン17 の関与の解明」
平位秀世(分担研究者):基盤研究(C )(一般)課題番号20592125「好中球の転写因子C/EBPbetaに着目した敗血症性急性肺損傷の病態解析」
【文科省受託研究】
s
前川 平(分担研究者):再生医療の実現化プロジェクト, 京都大学iPS細胞研究統合推進拠点「臨床応用のための安全性の確保及びその評価技術の開発」(H20~H24)
前川 平(分担研究者): 橋渡し研究支援推進プログラム「創薬・新規医療開発のアカデミア拠点形成」(H19~H23)
【厚生労働省科学研究費補助金】
s
前川 平(分担研究者):免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業「新たな移植細胞療法に向けた造血幹細胞のex vivo増幅技術の開発と応用」(課題番号H20-免疫一般-018)(H20~H22)
前川 平(分担研究者):医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業「院内血液製剤の適正な製造体制・順守基準に関する研究」(課題番号H20-医薬・一般-006)(H20~H21)
前川平(分担研究者):がん研究助成金 (課題番号:21分指-6 マル1 )「成人白血病の難治機構の分子レベルでの解明とそれに基づく分子標的治療の開発に関する研究」(H21~H23)
前川平(研究代表者):臨床研究基盤設備推進研究事業「再生医療実用化を促進するセルプロセシングセンター運用のための人材育成プロジェクト」(H21-H23)(課題番号H21-臨研(教育)-一般-009)
【民間助成】
s
平位秀世:財団法人安田記念医学財団 癌研究助成「癌の浸潤を促進する骨髄由来細胞の同定と制御」 平成21年12月12日(2009)
武内美紀:財団法人東洋紡百周年記念バイオテクノロジー研究財団 短期研究助成(海外学会発表)(平成21年度秋期)         平成21年10月(2009)
八尾尚幸: 財団法人東洋紡百周年記念バイオテクノロジー研究財団 短期研究助成(平成21年度秋期)               平成21年 10月(2009)
田中瑠璃子: 財団法人加藤記念バイオサイエンス研究振興財団 国際交流助成(後期)                   平成21年10月(2009)
田中瑠璃子: 財団法人藤原記念財団 平成21年度少壮研究者奨励金 「慢性骨髄性白血病の診断および治療に関与する点突然変異の超迅速・全自動検出法の構築」平成21年6月(2009)
長尾里奈: 平成21年度グローバルCOEプログラム国際学会発表派遣(後期)  平成21年 9月(2009)
back to top