HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2008年 年報 【論文】(英文原著)
Kuroda J, Matsumoto Y, Tanaka R, Kurita K, Kobayashi T, Shimizu D, Kimura S, Ashihara E, Horiike S, Shimazaki C, Taniwaki M. JAK2V617F-positive essential thrombocythemia and multiple myeloma with IGH/CCND1 gene translocation co-exits, but originate from separate clones.
Acta Haematol, 120:177-81, 2008.
Kitawaki T, Kadowaki N, Kondo T, Ishikawa T, Ichinohe T, Teramukai S, Fukushima M, Kasai Y, Maekawa T, Uchiyama T: Potential of dendritic cell immunotherapy for relapse after allogeneic hematopoietic stem cell transplantation, shown by WT1 peptide- and keyhole limpet hemocyanin-pulsed, donor-derived dendritic cell vaccine for acute myeloid leukemia. 
Am J Hematol, 83(4):315-317, 2008.
Nomura T, Ueyama T, Ashihara E, Tateishi K, Asada S, Nakajima N, Isodono K, Takahashi T, Matsubara H, Oh H: Skeletal muscle-derived progenitors capable of differentiating into cardiomyocytes proliferate through myostatin-independent TGF-beta family signaling.
Biochem Biophys Res Commun. 365:863-869, 2008.
Shimura K,  Ashihara E,  Shimazaki C,  Matsunaga S, Taniguchi K, Uchiyama H, Matsumoto Y, Kimura S, Matsubara H, Taniwaki M, Maekawa T:. Kinetics of circulating endothelial progenitors in patients with sclerodermatous chronic graft-versus-host disease. 
Biol Blood Marrow Transplant 14;426-37, 2008.
Muramatsu H, Kimura S, Ichinohe T, Ashihara E, Ishikawa T, Maekawa T, Uchiyama, T : Consulting clinic for related family donors in hematopoietic stem cell transplantation.
Bone Marrow Transplant 41(12):1073-1075, 2008.
Kuroda J, Kimura S, Andreef M, Ashihara E, Kamitsuji Y, Yokota A, Kawata E, Takeuchi M, Tanaka R, Murotani Y, Matsumoto Y, Tanaka H, Strasser A, Taniwaki M, Maekawa T: ABT-737 is a useful component of combinatory chemotherapies for chronic myelogenous leukaemias with diverse drug resistance mechanisms.
Br J Haematol 140:181-190、2008.
Mishima Y, Terui Y, Mishima Y, Rokudai A, Kuniyoshi R, Takizawa T, Kimura S, Ozawa K, Hatake K:Autophagy and autophagic cell death are next targets for elimination of the resistance to tyrosine kinae inhibitors. 
Cancer Sci, 99(11):2200-2208, 2008.
Kamitsuji Y, Kuroda J, Kimura S, Toyokuni S, Watanabe K, Ashihara E, Tanaka H, Yui Y, Watanabe M, Matsubara H, Mizushima Y, Hiraumi Y, Yoshikawa T, Maekawa T, Nakahata T, Adachi S:Bcr-Abl kinase inhibitor INNO-406 induces autophagy and different modes of cell death execution in Bcr-Abl-positive leukemias. 
Cell Death Diff 15:1712-1722, 2008.
Morinaga K, Yamauchi T, Kimura S, Maekawa T, Ueda T. Overcoming imatinib resistance using Src inhibitor CGP76030, Abl inhibitor nilotinib, and Abl/Lyn inhibitor INNO-406 in newly established K562 variants with BCR-ABL gene amplification. 
Int J Cancer 122: 2621-2627, 2008.
Okano A, Ashihara E, Shimazaki C, Uchiyama H, Inaba T, Taniguchi K, Maekawa T, Taniwaki M: Predictive parameters for granulocyte colony-stimulating factor-induced peripheral blood stem cell mobilization.
J Clin Apher 23:171-177, 2008.
Deguchi Y, Kimura S, Ashihara E, Niwa T, Hodohara K, Fujiyama Y, Maekawa T: Comparison of imatinib, dasatinib, nilotinib and INNO-406 in imatinib-resistant cell lines.
Leuk Res 32:980-983, 2008.
Tanaka R, Kuroda J, Stevenson W, Ashihara E, Ishikawa T, Taki T, Kobayashi Y, Kamitsuji Y, Kawata E, Takeuchi M, Murotani Y, Yokota A, Hirai M, Majima S, Taniwaki M, Maekawa T, Kimura S*. Fully automated and super-rapid system for the detection of JAK2V617F mutation. 
Leuk Res 32: 1462-1467, 2008.
Jin L, Tabe Y, Konoplev S, Xu Y, Leysath CE, Lu H, Kimura S, Ohsaka A, Rios MB, Calvert L, Kantarjian H, Andreeff M, Konopleva M. CXCR4 up-regulation by imatinib induces CML cell migration to bone marrow stroma and promotes survival of quiescent CML cells.
Mol Cancer Ther 7: 48-58, 2008.
Kawata E, Ashihara E, Kimura S, Takenaka K, Sato K, Tanaka R, Yokota A, Kamitsuji Y, Takeuchi M, Kuroda J, Tanaka F, Yoshikawa T, Maekawa T: Administration of PLK-1 small interfering RNA with atelocollagen prevents the growth of liver metastases of lung cancer.
Mol Cancer Ther 7:2904-2912, 2008.
【論文】 英文総説)
s
Yokota A, Kimura S. Novel Agents to Override Imatinib Resistance Mechanisms. 
Drug Development Research, 69: 398-406, 2008.
Tanaka R, Kimura S:From the second generation Abl tyrosine kinase inhibitors to the next generation for overriding Bcr-Abl/T315I.
Expert Review of Anticancer Therapy  8: 1387-1398, 2008.
【論文】 邦文総説)
s
木村晋也、黒田純也:ゾレドロン酸によるRas関連蛋白を分子標的とした造血悪性腫瘍治療の可能性. 
医学のあゆみ(黒川峰夫編集)、医歯薬出版、東京、p113-118, 2008.
笠井泰成、前川 平:細胞プロセシングセンター.
遺伝子MOOK別冊「歩みつづける細胞移植治療の実際ー再生医療の実現に向けた科学・技術と周辺要素の理解ー」226-230,メディカルドゥ,2008.
木村晋也: ビスホスホネートでex vivo 増幅したγδT細胞による免疫細胞療法.
Clinical Calcium、18(4):81-87, 2008.
木村晋也:小動物におけるin vivoイメージング技術の進歩.
試薬会誌 26:19-21, 2008.
万木紀美子、前川 平:輸血の実際-臨床血液学、新たなエヴィデンスの実践 に向けてー.
綜合臨床57(4):752-759, 2008.
木村晋也. 新規ABLチロシンキナーゼ阻害剤-生き残るのはどれか-
ファルマシア、44(3): 213-217, 2008.
【論文】(邦文著書)
s
木村晋也: あらたなABLチロシンキナーゼ阻害剤.
医学のあゆみ(戸井雅和編集)、医歯薬出版、東京、p103-108, 2008.
前川 平、芦原英司、木村晋也:シグナル伝達系阻害剤.
がんの分子標的治療 (鶴尾 隆 編集)、南山堂、東京、291-298, 2008.
芦原英司. 多発性骨髄腫(MM).
ナーシング ・グラフィカ(林正健二、山内豊明編)、イーエックス、13-17, 2008.
芦原英司. 第IV章 多発性骨髄腫 5.多発性骨髄腫に対する化学療法.
BLOOD MASTER-血液疾患症例に学ぶ- (内山 卓 監修), インターメディカ, 東京, pp. 268-289, 2008.
前川 平:造血幹細胞の凍結保存と輸注.
みんなに役立つ造血幹細胞移植の 基礎と臨床(神田善伸 編集)、医薬ジャーナル社、大阪、pp.206-213, 2008.
【論文】(その他)
s
【文献紹介】木村晋也:RAS-RAF-MEK-dependent oxidative cell death involving voltage-dependent anion channels. 
分子細胞治療 7 (2):90-91, 2008.
万木紀美子、木村晋也: 第56回日本輸血・細胞治療学会総会印象記.
血液フロンティア;174-177,2008.
【学会発表】 (国際学会/シンポジウム)
s
前川 平:国際共同治験の現状と課題 ー治験責任医師Physician Scientistの立場からー.
国際共同治験推進会議 in Hamamatsu (浜松)     平成20年1月 26日 (2008)
【学会 発表】(国際学会/招請口演(Invited Lecture))
s
Kimura S:Current status of imatinib mesylate and the second generation ABL tyrosine kinase inhibitors in treatment of CML.
ASTEX Seminar (Cambridge, UK)(January 16, 2008) 
Maekawa T: On the cutting edge of cellular and molecular therapeutics developed in Kyoto university hospital. (Invited Plenary Lecture)
The Annual Symposium 2008 of the Korean Society for Laboratory Medicine (Seoul, Korea)    (April 10, 2008)
Kimura S. Glyoxalase I as a novel therapeutic target for CML cells resistant to tyrosine kinase inhibitors.
The 10th International Conference on Chronic Myeloid Leukemia (Boston, USA) (Sep 6, 2008)
【学会 発表】(国際学会/一般演題)
s
Ito K, Aoyama T, Otsuka S, Fikiage K, Jin Y, Nasu A, Ueda M, Kasai Y, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T, Kobayashi A, Yoshida S, Otsuka T, Nakamura T, Toguchida J: Development of a new device using the non-woven fabrics for isolation of mesenchymal stem cells from bone marrow.
The 6th International Society for Stem Cell Research Annual Meeting (Philadelphia, USA) (June 13, 2008)
AoyamaT, Kakinoki R, Ikeguchi R, Goto K, Furu M, Ito K, Mitsui H, Ueda M, Kasai Y, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T, Nakamura T, Toguchida J: Clinical trial of the new treatment for osteonecrosis using autologous bone marrow stromal cells.
International Symposium on Regenerative Medicine-Tenth Anniversary of Institute for Frontier Medical Sciences(Kyoto, Japan) (December 4, 2008)
Nagao R, Kimura S, Ashihara E, Takeuchi M, Tanaka R, Yokota A, Yao H, Strovel JW, Cholody WM, Maekawa T :  A novel beta-catenin inhibitor, AV65 suppresses the growth of CML cell lines which acquire imatinib-resistance because of Abl kinase domain mutations including T315I and hypoxia-adaptation.
The American Society of Hematology 50th Annual Meeting and Exposition (ASH)(Moscone Center, San Francisco, California, USA)  (December 6, 2008) (Abstract#1081) Blood 112:11(supple): 395, 2008.
Tanaka R, Squires MS, Kimura S, Yokota A, Mallett K, Smyth T, Thompson NT, Nagao R, Yamauchi T, Ashihara E, Lyons JF, Maekawa T: Activity of the Multi-Targeted Kinase Inhibitor, AT9283 on Imatinib-Resistant CML Models.
The American Society of Hematology 50th Annual Meeting and Exposition (ASH)(Moscone Center , San Francisco, California,USA) (December 6, 2008) (Abstract#1104) Blood 112:11(supple): 403, 2008.
Yokota A, Kimura S, Tanaka R, Nagao R, Sakai K, Yao H, Takeuchi M, Kawatani M, Osada H, Ashihara E, Maekawa T :  Roles of Osteoclasts in Leukemic Cells.
The American Society of Hematology 50th Annual Meeting and Exposition (ASH)(Moscone Center, San Francisco, California, USA) (December 8, 2008) (Abstract#3184) Blood 112:11(supple): 1092, 2008.
Takeuchi M , Kimura S, Kuroda J, Ashihara E, Kawatani M, Osada H, Umezawa K, Yasui E, Imoto M, Tsuruo T, Hodohara K,  Nakahata T,  Fujiyama Y, Maekawa T:Glyoxalase-I inhibition eliminates hypoxia-adapted CML cells resistant to imatinib, dasatinib, and INNO-406.
The American Society of Hematology 50th Annual Meeting and Exposition (ASH)(Moscone Convention Center , San Francisco,CA,USA)  (December 8, 2008) (Abstract#3185) Blood 112: 11(supple): , 2008.
【学会 発表】(教育講演)
s
前川 平:遅発性溶血性輸血副作用(Delayed Hemolytic Transfusion Reaction, DHTR)
-見逃されている臨床病態-.
第70回日本血液学会、教育講演(京都)         平成20年10月10日(2008)
【学会発表】(特別講演)
s
木村晋也:薬物療法だけでCMLは完治できるのか? 
第10回TOCHIGI HEMATOLOGY SEMINAR(宇都宮)     平成20年2月22日(2008)
前川 平:輸血同意書について(輸血拒否患者への対応を含む)
平成19年度血液製剤の使用適正化講演会(京都)    平成20年3月8日  (2008)
木村晋也: 「薬物療法による CML 完治への道」
第2回虎の門SCTカンファレンス(東京)    平成20年5月22日(2008)
木村晋也: 白血病および多発性骨髄腫に対するゾレドロン酸の抗腫瘍作用.
第3回Kanagawa Hematological Conference (横浜) 平成20年6月20日(2008)
木村晋也:造血幹細胞移植と輸血療法.
平成20年度認定輸血検査技師試験合同研修会(京都) 平成20年6月28日(2008)
木村晋也:悪性腫瘍に対するゾレドロン酸の多彩な作用.
神奈川肺癌骨転移研究会(神奈川)      平成20年7月24日(2008)
木村晋也:ゾメタ・トライアングル. 
第2回京都肺癌骨転移セミナー(京都)平成20年8月1日(2008)
木村晋也:ビスホスホネート製剤の抗腫瘍効果.
第13回中国乳癌骨転移研究会(岡山)   平成20年8月2日(2008)
芦原英司: 「γδT細胞による細胞免疫療法の基礎」
第4回東京骨髄腫講演会(東京)       平成20年10月17日(2008)
木村晋也:CML治療:Abl 阻害剤のその次に.
第36回  北摂血液疾患談話会(大阪)     平成20年11月8日(2008)
木村晋也: CML 治療の Up to Date.
新宿血液セミナー. (東京)平成20年11月27日(2008)
木村晋也:抗癌剤としてのビスホスホネート.
ABC Summit. (三重)平成20年11月29日(2008)
【学会発表】(シンポジウム )
s
Shinya Kimura. INNO-406, a novel BCR-ABL tyrosine kinase inhibitor for imatinib-resistant patients.
第6回日本臨床腫瘍学会 ASCO-JSMO Joint Symposiun (福岡市)
平成20年3月21日 (2008)
木村晋也. ゾレドロン酸の多彩な薬理作用.
Novartis Breast Cancer Symposium. (東京)   平成20年3月29日 (2008)
木村晋也:イマチニブ耐性CMLに対する新規チロシンキナーゼ阻害剤の開発.
第70回日本血液学会総会、シンポジウム8(京都)  平成20年10月11日(2008)
前川 平:イマチニブ耐性CMLに対する新たなキナーゼ阻害剤開発の現状とわが国の課題 ー Physician Scientistの立場からー (New kinase inhibitors for imatinib-resistant CML and critical paths for novel drug development in Japan)
第67回日本癌学会学術総会シンポジウム1「アカデミアから創薬パイプライン創設へ向けての新しい流れ ( A new stream from academia to a pipeline for innovative drug developments)」(名古屋)                          平成20年10月28日(2008)
【学会発表】(ワークシ ョップ)
s
前川 平:siRNAをもちいたがん治療戦略.薬理学テクニカルセミナー2008「RNAiの基礎研究および医薬開発への応用」
第81回日本薬理学会年会(横浜) 平成20年3月 19日 (2008)
木村晋也、Squires M, Reule M, Curry J, Yule M, 田中瑠璃子、Thompson N, Lyons J, 前川 平:新規Abl/Aurora/JAK2阻害剤AT9283のBCR-ABL/T315Iに対する効果 (Effects of AT9283, a novel Abl/Aurora/JAK2 inhibitor, against Bcr-Abl/T315I, the last obstacle for CML treatment)
第67回日本癌学会学術総会ワークショップ18-2「新規分子標的薬 (Novel molecular target agents)」(名古屋)          平成20年10月29日(2008)
黒田純也、上辻由里、芦原英司、木村晋也、松本洋典、堀池重夫、島崎千尋、前川 平、谷脇雅史:Homoharringtonineのアポトーシス抵抗性分子多重阻害による抗骨髄腫細胞効果
第38回日本骨髄腫研究会総会(広島)    平成20年11月15日(2008)
八尾尚幸、芦原英司、長尾里奈、木村晋也、Jeffrey W Strovel、Wieslaw M Cholody、前川 平:多発性骨髄腫に対する新規Wnt/β-cateninシグナル阻害剤 AV-65の抗腫瘍効果
第38回日本骨髄腫研究会総会(広島)   平成20年11月15日(2008)
古林 勉、黒田純也、松本洋典、栗田佳代子、田中瑠璃子、芦原英司、木村晋也、清水大介、堀池重夫、島崎千尋、谷脇雅史:JAK2V617F陽性本態性血小板増加症に合併したIGH/CCND1陽性JAK2V617F陰性多発性骨髄腫:造血器腫瘍重複における異クローン性の証明
第38回日本骨髄腫研究会総会(広島)    平成20年11月15日(2008)
【学会発表】(コーポレート・セミナー)
s
木村晋也:挑戦、CML患者により良い長期治療ベネフィットを提供するために
~CML治療戦略とその薬剤選択コンセプト~
第70回日本血液学会、コーポレート・セミナー(京都)  平成20年10月10日(2008)
【学会発表】(一般演題)
s
志村和穂、芦原英司、島崎千尋、平位秀世、藤本佳子、内山人二、谷口享子、木村晋也、谷脇雅史、前川 平:同種造血幹細胞移植後の閉塞性細気管支炎症例における末梢血血管内皮前駆細胞の動態.
第30回日本造血細胞移植学会総会(大阪)    平成20年2月29日  (2008)
万木紀美子、芦原英司、辻博昭、竹川良子、菱田理恵、木村晋也、一戸辰夫、 石川隆之、内山 卓、前川 平:ABO式血液型不適合同種造血幹細胞移植後の 輸血量と抗A、抗B抗体残存期間の検討.
第56回日本輸血・細胞治療学会総会(博多)  平成20年4月27日(2008)
牛木隆志、近藤科江、芦原英司、加藤友久、田中正太郎、木村晋也、前川 平、平岡真寛:正常造血幹細胞移植におけるin vivo dynamic imagingー造血幹細胞同定への応用へ向けてー. 
第3回日本分子イメージング学会総会・学術集会(大宮)       平成20年5月22-23日
木村 晋也、芦原 英司、前川 平:新規ABL阻害剤INNO-406の開発状況.
第12回がん分子標的治療研究会(東京)     平成20年6月26日(2008)
田中 瑠璃子、黒田 純也、木村 晋也、芦原 英司、前川 平:がんの診断および治療に関与する点突然変異の超迅速・全自動検出法開発.
第12回がん分子標的治療研究会(東京)     平成20年6月26日(2008)
武内 美紀、黒田 純也、木村 晋也、芦原 英司、川谷 誠、長田 裕 之、鶴尾 隆、梅澤 一夫 、前川 平:慢性骨髄性白血病細胞の低酸素環境適応におけるGlyoxalase-1の重要性.《優秀ポスター賞受賞》
第12回がん分子標的治療研究会(東京)     平成20年6月26日(2008)
芦原 英司、河田 英里、黒田 純也、木村 晋也、前川 平:β-catenin siRNAによる骨髄腫増殖抑制効果.
第12回がん分子標的治療研究会(東京)     平成20年6月26日(2008)
川谷 誠、高山 浩、室井 誠、木村 晋也、前川 平、長田裕之:抗腫瘍活性物質GUT-70の作用機構解析.
第12回がん分子標的治療研究会(東京)     平成20年6月27日(2008)
室井 誠、風見 紗弥香、高山 浩、川谷 誠、木村 晋也、前川 平、長田裕之:GUT-70、並びに、誘導体BNS-22のプロテオミクスを用いた作用標的解析.
第12回がん分子標的治療研究会(東京)     平成20年6月27日(2008)
上辻由里、足立壮一、渡部基信、松原央、水嶋康浩、平海良美、油井理洋、渡邉健一郎、黒田純也、芦原 英司、木村晋也、前川平、中畑龍俊:新規Bcr-Abl阻害剤INNO-406によるbcr-abl陽性白血病細胞株に対する細胞死誘導.
第70回日本血液学会(京都)      平成20年10月10日(2008)
武内美紀、黒田純也、上辻由里、木村晋也、芦原英司、程原佳子、藤山佳秀、川谷 誠、長田裕之、安井英子、梅澤一夫、鶴尾隆、前川平:低酸素環境適応性CML細胞に対するGlyoxalase-1阻害時の効果
第70回日本血液学会(京都)      平成20年10月10日(2008)
田中瑠璃子、木村晋也、横田明日美、芦原英司、山内高弘、Matthew SSquires、Matthias Reule、Jayne Curry、Kirsty Mallett、Murray Yule、Neil T Thompson、John F Lyons、前川 平:
新規 Aurora キナーゼ阻害剤AT9283の?BCR-ABL/T315Iに対する効果.
第70回日本血液学会(京都)      平成20年10月10日(2008)
北脇 年雄,門脇 則光,福永 桂子、平井麻起子、笠井 泰成,前川 平,大 森 勝之,伊藤 達也,多田 春江,福島 雅典,清水 章,石川 隆之,内 山 卓:自己白血病細胞を貪食した樹状細胞による高齢者AMLに対する細胞免 疫療法.
第70回日本血液学会総会(京都)  平成20年10月11日 (2008).
芦原英司、志村和穂、島崎千尋、木村晋也、谷脇雅史、前川 平:同種造血幹細胞移植後の閉塞性細気管支炎症例における末梢血血管内皮前駆細胞の動態.
第70回日本血液学会(京都)      平成20年10月12日(2008)
横田明日美、木村晋也、田中瑠璃子、長尾里奈、坂井利規、八尾尚幸、室谷佳秀、武内美紀、河田英里、上辻由里、黒田純也、川谷誠、長田裕之、芦原英司、前川平:破骨細胞がin vitroと in vivoでBa/F3 wt bcr-ablの細胞増殖に与える影響.
第70回日本血液学会(京都)      平成20年10月12日(2008)
万木紀美子、木村晋也、丹羽紀実、竹川良子、菱田理恵、芦原英司、前川平:京大病院における過去5年間の新鮮凍結血漿使用量の推移.
第52回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(奈良)    平成20年11月29日(2008)
【学会発表】(研究会)
s
田中瑠璃子、木村晋也、芦原英司、石川隆之、黒田純也、前川 平: 超迅速・全自動での突然変異検出法開発
第15回京都がん研究会(京都)            平成20年2月29日(2008)
木村晋也、芦原英司、武内美紀、佐藤 澄、湯浅 健、土屋順彦、羽渕友則、前川 平: マウス正所性膀胱がんモデルに対する γδT細胞局所注入療法.
第12回 京都分子血液フォーラム(京都)        平成20年6月21日(2008)
木村晋也、芦原英司、前川 平: 新規ABL阻害剤INNO-406の臨床第I相試験.
第16回 京都がん研究会(京都市)      平成20年9月12日(2008)
河田英里、芦原英司、坂井利規、木村晋也、前川 平:ガレクチン-9による急性GVHD抑制効果
第32回 京都造血幹細胞移植研究会(京都) 平成20年10月3日(2008)
【研究助成】
s
文部科学省科学研究費補助金
前川 平(研究代表者),木村晋也,芦原英司: 基盤研究(B)(一般)(H18~H20)
課題番号18390283「新規Bcr-Abl/Lyn同時阻害剤による難治性白血病治療法の開発」
芦原英司(研究代表者)木村晋也,前川 平,島崎千尋: 基盤研究(C)(一般)(H20~H22)
課題番号20591121「抗体結合型β-カテニン siRNAを用いた多発性骨髄腫に対する新規治療法の開発」
木村晋也(研究分担者), 村田博昭(研究代表者):基盤研究(C)(一般)「ビスフォスフォネートを用いた悪性骨軟部腫瘍に対する治療戦略」
横田明日美、前川 平:特別研究員奨励費(H19~H21)
課題番号19・5922「白血病幹細胞ニッシェを標的にした新規治療法の開発」
厚生労働省科学研究費補助金
前川 平(分担研究者):平成20年度厚生労働科学研究費補助金 (免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業)「新たな移植細胞療法に向けた造血幹細胞のex vivo増幅技術の開発と応用」(課題番号H20-免疫一般-018)
前川 平(分担研究者):平成20年度厚生労働科学研究費補助金 (医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)「院内血液製剤の適正な製造体制・順守基準に関する研究」(課題番号H20-医薬・一般-006)
独立行政法人科学技術振興機構
前川 平:地域イノベーション創出総合支援事業 シーズ発掘試験 B(発展型)
課題名:「新規siRNA高感度定量法を用いたがん治療におけるsiRNA投与法の最適化」
民間団体助成
芦原 英司:小林がん学術振興会
「がん薬物治療法分野における先駆的研究者の発掘と奨学研究助成」の基礎分野
平成20年6月
芦原 英司:財団法人 藤原記念財団 平成20年度少壮研究者奨励金
「骨髄腫に対するβ-catenin siRNAによる治療法の開発」平成20年6月
back to top