HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2007年 年報 【論文】(英文原著)
Munaka T, Abe H, Kanai M, Sakamoto T, Nakanishi H, Shoji S, Kimura S, Maekawa T, Murakami A. Real-time monitoring of antibody secretion from B-cells on a microchip stimulated with a minute amount of mitogen.
The Analyst,  132:512-4, 2007.
Tateishi K, Ashihara E, Honsho S, Takehara N, Nomura T, Takahashi T, Ueyama T, Yamagishi M, Yaku H, Matsubara H, Oh H.: Human cardiac stem cells exhibit mesenchymal features and are maintained through Akt/GSK-3β signaling.
Biochem Biophys Res Commun, 352:635-641, 2007.
Nomura T, Ashihara E, Tateishi K, Asada S, Ueyama T, Takahashi T, Matsubara H, Oh H.: Skeletal myosphere-derived progenitor cell transplantation promotes neovascularization in delta-sarcoglycan knockdown cardiomyopathy.
Biochem Biophys Res Commun, 352:668-674, 2007.
Uchida R, Ashihara E, Sato K, Kimura S, Kuroda J, TakeuchiM, Kawata E, Taniguchi K, Okamoto M, Shimura K, Kiyono Y, Shimazaki C, Taniwaki M, Maekawa T: γδT cells kill myeloma cells by sensing mevalonate metabolites and ICAM-1 molecules on cell surface.
Biochem Biophys Res Commun, 
354: 613-618, 2007.
Wada M, Kawahito Y, Kimura S, Kohno M, Ishino H, Kimura M, Omoto A,Yamamoto A, Hamaguchi M, Tsubouchi Y, Ashihara E, Tokunaga D, Hojo T, Maekawa T, Yoshikawa Y:Small interfering RNA targeting PLK-1 induces the apoptosis of synoviocytes of rheumatoid arthritis.
Biochem Biophys Res Commun, 357:353-359, 2007.
Yokota A, Kimura S, Masuda S, Ashihara E, Kuroda J, Sato K, Kamitsuji Y,Kawata E, Deguchi Y, Urasaki Y, Terui Y, Ruthardt M, Ueda T, Hatake K, Inui K, Maekawa T: INNO-406, a novel BCR-ABL/Lyn dual tyrosine kinase inhibitor, suppresses the growth of Ph+ leukemia cells in the central nervous system and cyclosporine A augments its in vivo activity.
Blood, 109: 306-314,2007.
Horie N, Murata H, Kimura S, Takeshita H, Sakabe T, Matsui T, Maekawa T, Kubo T, Fushiki S. Combined effects of a third-generation bisphosphonate, zoledronic acid with other anti-cancer agents against osteosarcoma. 
Brit J Cancer, 96:255-261, 2007.
Kuroda J, Kimura S, Strasser A, Andreeff M, O’Reilly LA, Ashihara E, Kamitsuji Y, Yokota A, Kawata E, Takeuchi M, Tanaka R, Tabe Y, Taniwaki M, Maekawa T. Apoptosis-based dual molecular targeting by INNO-406, a second generation Bcr-Abl inhibitor, and ABT-737, an inhibitor of anti-apoptotic Bcl-2 proteins, against Bcr-Abl-positive leukemia.
Cell Death Diff, 14(9):1667-77, 2007.
Tatsumi T, Ashihara E, Yasui T, Matsunaga S, Kido A, Sasada Y, Nishikawa S, Hadase M, Koide M, Nakamura R, Irie H, Ito K, Matsui A, Matsui H, Katamura M, Kusuoka S, Matoba S, Okayama S, Horii M, Uemura S, Shimazaki C, Tsuji H, Saito Y, Matsubara H : Intracoronary Transplantation of Non-Expanded Peripheral Blood-Derived Mononuclear Cells Promotes Improvement of Cardiac Function in Patients with Acute Myocardial Infarction.
Circ J, 71(8):1199-207, 2007. 
Kawata E, Kuroda J, Wada K, Yoshida M, Kamiuchi K, Nakayama-Harusato I, Kimura S, Maekawa T, Kitagawa Y: Hypereosinophilic syndrome accompanied by Buerger’s disease-like femoral arterial occlusions.
Internal Med, 46, 1919-1922(2007)
Tateishi K, Ashihara E, Takehara N, Nomura T, Honsho S, Nakagami T, Morikawa S, Takahashi T, Ueyama T, Matsubara H, Oh H: Clonally amplified cardiac stem cells are regulated by Sca-1 signaling for efficient cardiovascular regeneration.
J Cell Sci , 120(Pt 10):1791-800, 2007.
Egawa H, Ohmori K, Haga H, Tsuji H, Yurugi K, Miyagawa-Hayashino A, Oike F, Fukuda A, Yoshizawa J, Takada Y, Tanaka K, Maekawa T, Ozawa K, Uemoto S: B-cell surface marker analysis for improvement of rituximab prophylaxis in ABO-incompatible adult living donor liver transplantation.
Liver Transpl, 13(4):579-588, 2007.
Sakashita H, Haga H, Ashihara E. Wen M-C, Tsuji H, Miyagawa-Hayashino A, Egawa H, Takada Y, Maekawa T, Uemoto S, Manabe T: Significance of C4d staining in ABO-identical/compatible liver transplantation.
Mod Pathol, 20(6):676-684, 2007.
Kageyama S, Iwaki H, Inoue H, Isono T, Yuasa T, Nogawa M, Maekawa T, Ueda M, Kajita Y, Ogawa O, Toguchida J, Yoshiki T: A novel tumor-related protein, C7orf24, identified by proteome differential display of bladder urothelial carcinoma. 
Proteomics- Clinical Applications 1 (2):192-199, 2007.
Yurugi K, Kimura S, Ashihara E, Tsuji H, Kawata E,Kamitsuji Y, Hishida R, Takegawa M, Egawa H, Maekawa T: Rapid and Accurate Measurement of Anti-A/B IgG Antibody in ABO-unmatched Living Donor Liver Transplantation by Surface Plasmon Resonance.
Transfusion Med, 83(7) :97-106, 2007.
Ashihara E, Tsuji H, Sakashita Y, Haga H, Yurugi K, Kimura S, Egawa H, Manabe T, Uemoto S, Maekawa T: Anti-donor antibody in patients receiving ABO-identical and HLA-mismatched living donor liver transplants: effect on survival.
Transplantation, 83(4): 506-509, 2007
【論文】 英文著書)
s
Kuroda J, Kimura S: The role of BH3-only proteins in cancer and anti-cancer therapeutics.
Cell Apoptosis Research Trends, New York: Nova Publisher, 1-39, 2007.
【論文】英文総説)
s
Niwa T, Asaki T, Kimura S: Bcr-Abl/Lyn Dual Tyrosine Kinase Inhibitor, INNO-406. 
Analytical Chemistry Insights, 2 :93-106, 2007.
Yuasa T, Kimura S, Ashihara E, Habuchi T, Maekawa T:Zoledronic Acid -multiplicity of anti-cancer action-.
Current Medicinal Chemistry, 14, 2126-2135, 2007.
Nomura T,  Ashihara E,  Tateishi K,  Ueyama T,  Takahashi T,  Yamagishi  M  Kubo T,  Yaku H,  Matsubara H,  Oh H:Therapeutic potential of stem/progenitor cells in human skeletal muscle for cardiovascular regeneration.
Curr Stem Cell Res Ther, 2:293-300, 2007.
Maekawa T, Ashihara E, Kimura S:The Bcr-Abl tyrosine kinase inhibitor imatinib and promising new agents against Philadelphia chromosome-positive leukemias.
Int J Clin Oncol ,12(5):327-340, 2007.
Cragg MS, Kuroda J, Puthalakath H, Huang DCS, Strasser A: Gefitinib-induced killing of NSCLC cell lines expressing mutant EGFR requires BIM and can be enhanced by BH3 mimetics.
PLoS Med ,4:1681-1690, 2007.
【論文】(邦文原著)
s
小林裕、室谷佳秀、澤井奈々、赤荻照章、迫雅美、林英夫、松本洋典、黒田純也、野村憲一、堀池重夫、島崎千尋、木村晋也、吉川敏一、谷脇雅史:「濾胞性リンパ腫に対するRituximabとCladribine併用療法の経験」
癌と化学療法. 34巻10号 p.1623-1627, 2007.
笠井泰成、中川陽子、松岡玲子、芦原英司、木村晋也、前川平:
再生医療分野における海外動向.再生医療に用いられる細胞・再生組織の評価と安全性(大串 始 監修)、シーエムシー出版、東京、p.288-303, 2007.
【論文】(邦文総説)
s
木村晋也. 新たなABLチロシンキナーゼ阻害剤.
医学の歩み 224(1):109-114, 2007.
前川 平:「日本における抗がん剤の臨床開発」欧米からの周回遅れを挽回するために?学の立場から?:イマチニブ耐性CMLに対する新規Bcr-Abl/Lynチロシンキナーゼ阻害剤の開発を例にあげて.
第一回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム、癌と化学療法 34(2):301-304, 2007.
横田明日美、木村晋也、芦原英司、前川平: 変異ABLチロシンキナーゼを標的とした新規Ph白血病治療薬.
Cancer Frontier9: 137-145, 2007.
木村晋也: Ph陽性白血病に対する新規チロシンキナーゼ阻害剤の開発状況.
血液・腫瘍科 54 (6): 710-718, 2007.
黒田純也、木村晋也: Ph陽性白血病~ABLキナーゼ変異検出と新規薬剤~.
血液フロンティア 17(7):19-29, 2007.
木村晋也: 新しい分子標的薬. 
日本臨床 65(1):46-51, 2007.
前川 平:Cell Therapy-基礎研究から臨床応用へ.
BioClinica 22(12): 1036-1037, 2007.
芦原英司:γδT細胞の抗腫瘍メカニズムと臨床応用.
BioClinica 22(12): 1044-1050, 2007.
上辻由里、木村晋也: イマチニブ耐性克服 -新たなチロシンキナーゼ阻害剤INNO-406- 
Biotherapy 4;256-263, 2007.
木村晋也: Ph陽性白血病治療におけるBCR-ABL変異検出の臨床的意義.
Front Wave in Hematology 21:8-9, 2007.
田中瑠璃子、木村晋也:Ph陽性白血病治療におけるBCR-ABL変異検出の臨床的意義<変異BCR-ABLの検出方法>. 
Front Wave in Hematology 22:8-9, 2007.
木村晋也:CMLに対する分子標的.
臨床血液 48(1):46-55, 2007.
木村晋也:ポスト・イマチニブ薬
臨床血液48(6)475-484,2007
【論文】(邦文著書)
s
笠井泰成、中川陽子、松岡玲子、芦原英司、木村晋也、前川平:再生医療分野における海外動向.
再生医療に用いられる細胞・再生組織の評価と安全性(大串 始 監修)、シーエムシー出版、東京、p.288-303, 2007.
前川 平:輸血関連急性肺障害の予防と治療方針は?
EBM-血液疾患の治療.(押見和夫、別所正美、岡本真一郎、加藤淳 編集)、中外医学社、東京、pp.568-573, 2007.
前川 平:
輸血・成分輸血.内科学(第九版).(杉本恒明、矢崎義雄 総編集)、朝倉書店、東京、pp. 166-174, 2007.
【論文】(その他)
s
前川 平、木村晋也、上辻由里、横田明日美、芦原英司、佐藤 澄、河田英里、湯浅 健、黒田純也、万木紀美子、笠井泰成:血液学に魅せられて―常に臨床のことを考え、基礎研究を行う―.
最新・血液内科シリーズ、VISION,Vol.19、私と仲間たち、大日本住友製薬、大阪、31pp, 2007.
【海外臨床報告】芦原英司:難治性慢性リンパ性白血病に対するオブリメルセン(Bcl-2 antisense)とフルダラビン+シクロフォスファミド併用療法とフルダラビン+シクロフォスファミド単独療法の比較試験(ランダマイズ化第 III相試験)
Front Wave in Hematology 21:10-11、2007.
【学会発表】 (国際学会/シンポジウム)
s
Maekawa, T.: Phase 1 GMP for cell thyerapy and academia.
2nd Franco-Japanese Translational Research Initiative (Paris, France) (29th May, 2007)
Kasai Y, Nakagawa Y, Matsuoka R, Maekawa T: Establishment of Cell Processing Center for Advanced Cell Therapy in Kyoto University Hospital.
Kyoto University 21st Century COE Symposium (Kyoto, Japan) (29th-30th June, 2007)
Maekawa T.: Bcr-Abl mutations and new agents in the treatment of imatinib-resistant Ph+ leukemias.
The 12th Japanese Foundation for Cancer Research-International Symposium on Cancer Chemotherapy (JFCR-ISCC)(Tokyo, Japan) (December3,2007)  
【学会 発表】(国際学会/招請口演(Invited Lecture))
s
Kimura S: INNO-406, a new dual Bcr-Abl/Lyn tyrosine kinase inhibitor. MD
Anderson Cancer Center, Leukemia Seminar (Houston, USA)  (January 17, 2007)
Kimura S: Development of new tyrosine kinase inhibitors.
Glasgow University, Haematology and Oncology Division Seminar (Glasgow, UK)(February 13,  2007)
Kimura S: How to treat CML patients in post imatinib era.
Frankfurt University Hospital, Leukemia Meeting (Frankfurt, Germany)(February 14,  2007)
Kimura S: Post imatinib era.
Munich University, Haematology Labo Meeting. (Munich, Germany) (February 15, 2007)
Kimura S: INNO-406, a new dual Bcr-Abl/Lyn tyrosine kinase inhibitor.
Heidelberg University, Oncology and Hematology Seminar (Manheim, Germany)(February 19, 2007)
Kimura S: INNO-406, a novel Bcr-Abl/Lyn inhibitor.  
The San Antonio Cancer Institute Seminar Series(San Antonio, Texas, USA) (March  2nd, 2007)
Maekawa T: Current status and future prospects of cell therapy in Japan. (Plenary Lecture, Invited)
First Symposium of Innovative Research Institute for Cell Therapy (Lee Kun-Hee Hall, Cancer Research Institute, Seoul National University College of Medicine, Seoul, Korea)                   (18th May, 2007)
Kimura S: INNO-406, from bench to Clinic.
International Conference on Chronic Myeloid Leukemia Prospects for the 21st Century(Mandelieu, France) (29th September, 2007)
【学会 発表】(国際学会/一般演題)
s
Kamitsuji Y, Adachi S, Kimura S, Watanabe K, Watanabe M, Matsubara H, Mizushima Y, Hiraumi Y, Yui Y, Kuroda J, Ashihara E, Heike H, Maekawa T, Nakahata T: Cell Death and Autophagy Induced by INNO-406, a Novel Bcr-Abl inhibitor, in Philadelphia-positive Leukemias. (Abstract Numuber 2768)
第98回米国癌学会(AACR)(LA , USA)     平成19年4月16日(2007)
Kawata E, Ashihara E, Kimura S, Kuroda J, Maekawa T: Intravenous administraion ofPLK-1 siRNA with atelocollagen as an in vivo drug delivery system (DDS) successfully prevents the growth ofmurine liver metasasis of non small cell lung cancer. (Abstract Number 4821)
第98回米国癌学会(AACR)(LA, USA)     平成19年4月17日(2007)
Kawata E, Ashihara E, Kimura S, Kuroda J, Maekawa T:Intravenous administration of PLK-1 siRNA with atelocollagen as an in vivo drug delivery system (DDS) inhibits the growth of murine liver metastasis of non small cell lung cancer.
第14回欧州臨床腫瘍学会(ECCO)(スペイン、バルセロナ) 平成19年9月24日(2007)
Kamitsuji Y, Adachi S, Kimura S, Watanabe K, Kuroda J, Ashihara E, Maekawa T, Nakahata T:Cell death and autophagy induced by INNO-406, a novel Bcr-Abl inhibitor, in Philadelphia-positive leukaemias.
第14回欧州臨床腫瘍学会(ECCO)(スペイン、バルセロナ) 平成19年9月27日(2007)
Ashihara E, Shimura K,  Shimazaki C,  Matsunaga S,  Tanaka R,  Yokota A,   Murotani Y,  Takeuchi M,  Kawata E,  Kamitsuji Y,  Kuroda J,  Taniwaki M,  Kimura S, Maekawa T: [1078] Kinetics of Circulating Endothelial Progenitors in Patients with Sclerodermatous Chronic Graft-Versus-Host Disease. The American Society of Hematology 49th Annual Meeting and Exposition(ASH) (Georgia World Congress Center, Atlanta, Georgia, USA) (December 8, 2007) (Abstract #  1078) Blood,  :  (supple), 2007.
Yokota A,  Kimura S, Masuda S,  Ashihara E,  Urasaki Y,  Terui Y, Ruthardt M, Ueda T,  Hatake K, Inui K, Maekawa T: Anti-Tumor Effect of INNO-406, a Novel Bcr-Abl Inhibitor in Combination with Cyclosporin A Against the Murine Central Nervous System and Systemic Leukemia Model. The American Society of Hematology 49th Annual Meeting and Exposition(ASH) (Georgia World Congress Center, Atlanta, Georgia, USA) (December 8, 2007) (Abstract #  1598) Blood,  :  (supple), 2007.
Tabe Y, Jin L, Konoplev S, Hongbo L, Kimura S, Rios MB, Kantarjian HM, Andreeff M, Konopleva M: Upregulation of CXCR4 Is Essential for the Migration and Survival of Quiescent CML Progenitor Cells in the Bone Marrow Microenvironment after Imatinib Treatment. The American Society of Hematology 49th Annual Meeting and Exposition(ASH) (Georgia World Congress Center, Atlanta, Georgia, USA) (December 8, 2007) (Abstract #  1004) Blood,  :  (supple), 2007.
Kawata E,  Ashihara E, Tanaka R, Yokota A, Murotani Y, Taniguchi M, Kamitsuji Y, Kuroda J, Inaba T, Shimazaki C, Kimura S, Maekawa T: β-Catenin siRNA Successfully Suppressed the Progression of Multiple Myeloma in In Vivo Mouse Model. 「ASH Travel Award 」The American Society of Hematology 49th Annual Meeting and Exposition(ASH) (Georgia World Congress Center, Atlanta, Georgia, USA) (December 9, 2007) (Abstract #  2906) Blood,  :  (supple), 2007.
Takeuchi M, Kuroda J, Kimura S, Ashihara E, Umezawa K, Yasui E, Kawatani M, Osada H,  Hodohara K, Fujiyama Y, Maekawa T: Glyoxalase-I Is a Potential Therapeutic Target for Chronic Myelogenous Leukemia Cells That Have Acquired Drug Resistance through Adaptation to Hypoxia. The American Society of Hematology 49th Annual Meeting and Exposition(ASH) (Georgia World Congress Center, Atlanta, Georgia, USA) (December 10, 2007) (Abstract #  2931) Blood,  :  (supple), 2007.
Kamitsuji Y,  Kuroda J,  Kimura S,  Watanabe K,  Ashihara E,  Yui Y,  Watanabe M, Matsubara H, Mizushima Y, Hiraumi Y, Tanaka H, Kawata E, Maekawa T, Nakahata T,  Adachi S: The Bcr-Abl Kinase Inhibitor INNO-406 Induces Autophagy and Different Modes of Cell Death Execution in Bcr-Abl-Positive Leukemias.
  The American Society of Hematology 49th Annual Meeting and Exposition(ASH) (Georgia World Congress Center, Atlanta, Georgia, USA) (December 10, 2007) (Abstract #  2951) Blood,  :  (supple), 2007.
Le Coutre P, Kantarjian H, Cortes J, Nagler A, Pinilla J. Hochhause A, Jones D, Kimura S, Craig A, Carroll E, Giampalmi J, Ottmann O: INNO-406 Demonstrates Activity in Patients with Philadelphia Chromosome Positive Leukemias who are Intolerant or Resistant to Imatinib and Second Generation Tyrosine Kinase Inhibitors. The American Society of Hematology 49th Annual Meeting and Exposition(ASH) (Georgia World Congress Center, Atlanta, Georgia, USA) (December 10, 2007) (Abstract #   ) Blood,  :  (supple), 2007.
Kimura S, Deguchi Y, Ashihara E, Niwa T,  Hodohara K, Fujiyama Y,  Maekawa  T: Comparison of Imatinib, Dasatinib, Nilotinib and INNO-406 in Imatinib-Resistant Cell Lines. The American Society of Hematology 49th Annual Meeting and Exposition(ASH) (Georgia World Congress Center, Atlanta, Georgia, USA) (December 11, 2007) (Abstract # 2952) Blood,  :  (supple), 2007.
Kuroda J, Kimura S, Andreeff M, Ashihara E, Kamitsuji Y, Strasser A, Taniwaki M, Maekawa T: ABT-737 Is a Useful Component of Combinatory Chemotherapies for Chronic Myelogenous Leukemias with Diverse Drug Resistance Mechanisms. The American Society of Hematology 49th Annual Meeting and Exposition(ASH) (Georgia World Congress Center, Atlanta, Georgia, USA) (December 11, 2007) (Abstract #  808) Blood,  :  (supple), 2007.
【学会 発表】(特別講演)
s
前川 平:わが国における細胞治療の発展と細胞プロセシング―京都大学の挑戦-.(特別講演)
第1回愛宕再生医療研究会(東京、慈恵医大)    平成19年1月13日(2007)
前川 平:先端医療開発に魅せられて ー府立医大、東大医科研、そして京大で ー.
第2回近畿血液疾患治療研究会(京都)  平成19年1月20日(2007)
前川 平:慢性骨髄性白血病の治療ー過去、現在、そして未来ー.(特別講演)
第55回神奈川血液研究会プログラム(横浜)  平成19年2月3日(2007)
前川 平:グリベック耐性Ph陽性白血病に対する新規分子標的治療法の開発.(特別講義)
平成18年度神戸大学大学院医学研究科大学院講義(神戸)   平成19年3月13日(2007)
木村晋也:ZOMETA TRIANGLE -骨髄腫治療の新しい可能性-
ゾメタ適応拡大記念講演会(山口)         平成19年4月12日(2007)
木村晋也:「骨転移治療におけるゾメタの位置づけ ~患者QOLの向上を目指して~」
郡山学術講演会(郡山)             平成19年4月27日(2007)
木村晋也: 新規ABLチロシンキナーゼ阻害剤の開発状況.
第8回 東海難治性血液腫瘍研究会(名古屋)    平成19年6月15日(2007)
木村晋也:分子標的治療における遺伝子検査の重要性.
ARKRAY遺伝子研究会(京都市) 平成19年9月7日(2007)
木村晋也:新規ABLチロシンキナーゼ阻害剤生き残るのはどれ?
第18回新薬創製談話会(沼津市)平成19年9月12日(2007)
木村晋也:ゾレドロン酸の抗腫瘍効果
第8回 神戸骨転移セミナー(神戸)平成19年10月12日 (2007)
木村晋也:「CMLを治す」
第1回 Meet the Expert in Fukui (福井)  平成19年10月25日(2007)
芦原英司:「RNA干渉、及び細胞免疫療法を用いた新規治療法の可能性」
多発性骨髄腫学術講演会(新潟)      平成19年11月2日(2007)
木村晋也:CML治療における残された課題. 
第1回 先進血液学レクチャー(東京)       平成19年11月13日 (2007)
木村晋也:分子標的療法:白血病のあたらしい治療法を例に.
第32回 東日本小児科学会(東京)         平成19年11月23日 (2007)
【学会発表】(シンポジウム )
s
前川 平:グリベック耐性白血病に対する新規チロシンキナーゼ阻害剤の開発.
シンポジウムII.「制がん剤開発のトランスレーショナルリサーチの進展」
第23回日本DDS学会(熊本)          平成19年6月14日 (2007)
前川 平:分子標的治療法開発における産学連携の重要性.
フォーラムデイスカッション「薬理学研究者は創薬のトランスレーショナル研究に如何に参画すべきか?」
創薬薬理フォーラム 第15回シンポジウム(東京) 平成19年9月 19日 (2007)
黒田純也:白血病の分子標的治療とBcL-2ファミリー.
学会シンポジウム4「細胞死と血液疾患」
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月11日(2007)
木村晋也:Emerging treatment options in chronic myeloid leukemia. 
合同シンポジウム9「白血病に対する分子標的療法の新展開」
第69回日本血液学会・第46回日本臨床血液学会・合同総会(横浜) 平成19年10月13日(2007)
【学会発表】(ワークシ ョップ)
s
木村晋也、足立壮一、上辻由里、黒 田純也、芦原英司、中畑龍俊、前川 平: BCR-ABL陽性白血病細胞における新規ABL阻害剤INNO-406の細胞死誘導機序. (Mechanism of INNO-406-mediated cell death in Bcr-Abl+ leukemic cells.)
第66回日本癌学会学術総会 English Workshop(横浜) 平成19年10月4日(2007)
湯浅 健佐藤 澄、木村晋也、芦原英司、武内美紀、土屋順彦、羽渕友則、 前川 平:膀胱癌に対するガンマデルタT 細胞の抗腫瘍効果. (Gammadelta T-cells demonstrate the growth i nhibition of bladder cancer cell growth both in vitro and in vivo.)
第66回日本癌学会学術総会 English Workshop(横浜) 平成19年10月5日(2007)
芦原英司河田英里、木村晋也、黒 田純也、前川 平:ヒト非小細胞がん肝転 移マウスモデルに対するアテロコラーゲ ンを用いたPLK-1 siRNA療法の開発. (Intravenous administration of PLK-1 siRNA with atelocollagen prevents the growth of liver metastases of lung cancer.)
第66回日本癌学会学術総会 English Workshop(横浜) 平成19年10月5日(2007)
黒田純也、木村晋也、芦原英司、田中瑠璃子、平井光春、橋口智史、谷脇雅 史、前川 平:新規迅速点突然変異検出法よる造血器腫瘍のテーラーメイド治 療戦略.ワークショップ16「造血器腫瘍に対する新しい治療戦略」
第45回日本癌治療学会総会(京都)       平成19年10月 25日 (2007)
芦原英司、河田英里、室谷佳秀、武内美紀、上辻由里、黒田純也、稲葉 亨、島崎千尋、谷脇雅史、木村晋也、前川 平:β-catenin siRNAによる骨髄腫増殖抑制効果の検討. ワークショップIII 「新規治療法の基礎研究」
第32回日本骨髄腫研究会(東京)     平成19年11月10日(2007)
黒田純也:Bcr-Abl陽性白血病治療におけるプログラム細胞死の多様性」
第13回血液科学セミナー(東京)       平成19年11月10日 (2007)
【学会発表】(一般演題)
s
志村和穂、芦原英司、松永晋介、谷口享子、岡本雅司、松本洋典、松原弘明、島崎千尋、谷脇雅史、前川 平:同種造血幹細胞移植後の皮膚病変を有する慢性GVHD患者における末梢血血管内皮前駆細胞の動態. 
第29回日本造血細胞移植学会総会(福岡)   平成19年2月17日(2007)
湯浅 健、佐藤 澄、木村晋也、羽渕友則、前川 平:膀胱癌に対する第3世代ビスフォスフォネートの抗腫瘍効果 (「総会賞」受賞)
第95回日本泌尿器科学会総会(神戸)       平成19年4月14日-17日(2007)
万木紀美子、木村晋也、辻 博昭、竹川良子、菱田理恵、芦原英司、前川 平:表面プラズモン共鳴によるIgG型抗A/B抗体値測定と病理検査所見の検討.
第55回日本輸血細胞治療学会総会(名古屋)     平成19年6月 2日 (2007)
木村晋也、芦原英司、前川平:新規ABL阻害剤、dasatinib, nilotinib, INNO-406の比較検討.
第11回がん分子標的治療研究会総会 (大阪)    平成19年7月5日(2007)
黒田純也、木村晋也、芦原英司、前川平:新規Bcr-Abl阻害剤INNO-406とBcl-2阻害剤ABT-737の併用による慢性骨髄性白血病治療戦略.
第11回がん分子標的治療研究会総会 (大阪)    平成19年7月6日(2007)
横田明日美、木村晋也、芦原栄志、照井康仁、畠清彦、前川平:新規Bcr-Abl阻害剤INNO-406のPh+中枢神経系白血病に対する抗腫瘍効果.
第11回がん分子標的治療研究会総会 (大阪)     平成19年7月6日(2007)
河田英里、芦原英司、黒田純也、木村晋也、前川平:ヒト非小細胞肺がん肝転移マウスモデルに対するアテロコラーゲンを用いたPLK-1 siRNA療法の開発. (「特別賞」受賞)
第11回がん分子標的治療研究会総会 (大阪)     平成19年7月6日(2007)
黒田純也、木村晋也、芦原英司、谷脇雅史、前川 平:慢性骨髄性白血病の分子標的治療における BH3-mimetic, ABT-737の応用.
第16回日本アポトーシス研究会年会(千葉)    平成19年8月3日(2007)
上辻由里、足立壮一、渡部基信、松原 央、水嶋康浩、平海良美、由井理洋、渡邊健一郎、黒田純也、芦原英司、木村晋也、前川 平、中畑龍俊:新規dual Bcr-Abl/Lyn阻害剤INNO-406はbcr-abl陽性白血病細胞株における細胞死誘導機序.
第16回日本アポトーシス研究会年会(千葉)    平成19年8月3日(2007)
落合直也,谷口亨子,丸屋悦子,赤塚美樹,芦原英司,前川平,島崎千尋,佐治博夫:ミスマッチHLAに対する免疫寛容を予測できるか?
第16回日本組織適合性学会(京都)    平成19年9月11日(2007)
森田十徳、木内隆浩、深野 一、矢澤秀典、野沢 厳、木村晋也、芦原英司、 前川 平:PLK-1に対するRNA/DNAキメラs iRNAの最適化に関する検討.(Optimization of RNA/DNA chimeric siRNA fo r polo-like kinase 1)
第66回日本癌学会学術総会(横浜)平成19年10月5日(2007)
六代顕子、照井康人、三嶋雄二、国吉良子、武藤 進、板井昭子、木村晋也、畠 清彦:Bortezomib 耐性株に対するIKKb阻害剤IMD-0354の抗腫瘍効果.
第66回日本癌学会学術総会(横浜) 平成19年10月5日(2007)
上辻由里,足立壮一,渡部基信,松原 央,水嶋康浩,平海良美,由井理洋、渡邉健一郎,黒田純也,芦原英司,木村晋也,前川 平,中畑龍俊:新規Bcr-Abl阻害剤INNO-406によるbcr-abl陽性白血病細胞株に対する細胞死誘導. 
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月11日(2007)
出口靖之、木村晋也、芦原英司、程原佳子、藤山佳秀、前川 平:新規ABL阻害剤、dasatinib, nilotinib, INNO-406の比較検討. 
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月11日(2007)
河田英里、芦原英司、田中瑠璃子、横田明日美、室谷佳秀、武内美紀、上辻由里、黒田純也、稲葉 亨、島崎千尋、木村晋也、前川 平:β-catenin siRNAによる骨髄腫増殖抑制効果の検討.
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月11日(2007)
横田明日美、木村晋也、田中瑠璃子、浦崎芳正、照井康仁、上田孝典、畠清彦、芦原英司、前川平:P糖蛋白阻害剤による新規ABL阻害剤INNO-406の増強効果.
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月11日(2007)
芦原英司、志村和穂、島崎千尋、松永晋作、松本洋典、田中瑠璃子、横田明日美、河田英里、上辻由里、武内美紀、室谷佳秀、黒田純也、木村晋也、松原弘明、谷脇雅史、前川 平:同種造血幹細胞移植後の皮膚硬化病変を有する慢性GVHD患者における末梢血血管内皮前駆細胞の動態.
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月12日(2007)
岩崎礼央、伊藤金次、足立壮一、上辻由里、渡邊俊樹、佐藤裕子:緑茶カテキンは慢性骨髄性白血病細胞に対し、カスパーゼ非依存性ネクローシス様細胞死を起こす.
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月12日(2007)
水嶋康浩,足立壮一,滝智彦、嶋田明、林泰秀、月本一郎、由井理洋、上辻由里,平海良美,松原 央,渡部基信,中畑龍俊:小児AML(normal karyotype)におけるBAALCの発現量および isoform pattern と予後相関性に関する検討.
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月13日(2007)
武内美紀,黒田純也,木村晋也,芦原英司,上辻由里,程原佳子,藤山佳秀,安井英子,梅澤一夫,前川平:低酸素環境適応による慢性骨髄性白血病の治療抵抗性獲得機序とその克服. 
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月13日(2007)
谷口享子、落合直也、島崎千尋、志村和穂、谷脇雅史、芦原英司、前川 平、赤塚美樹、丸屋悦子、佐治博夫:「ELISPOT assayを用いた母児間免疫反応の新しい検出法の確立」
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)平成19年10月13日(2007)
田中瑠璃子、木村晋也、黒田純也、芦原英司、平井光春、橋口智史、前川平:BCR-ABLならびにJAK2点突然変異に対する超迅速・全自動検出法の開発.
第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会・合同総会(横浜) 平成19年10月13日(2007)
湯浅 健、佐藤 澄、木村晋也、芦原英司、武内美紀、土屋順彦、羽渕友則、 前川 平:膀胱癌に対するガンマデルタT細胞の抗腫瘍効果.
第45回日本癌治療学会総会(京都)       平成19年10月 25日 (2007)
田中瑠璃子、黒田純也、木村晋也、芦原英司、石川隆之、滝 智彦、谷脇雅史、 前川 平:超迅速・全自動JAK2 V617F 検出法の開発.
第88回近畿血液学地方会(京都)   平成19年11月24日 (2007)
万木紀美子、芦原英司、辻 博昭、竹川良子、菱田理恵、一戸辰夫、石川隆之、内山 卓、木村晋也、前川 平:同造血幹細胞移植後の血液製剤使用量の検討.
第51回日本輸血・細胞治療学会近畿支部総会(和歌山) 平成19年12月1日 (2007)
芦原英司、河田英里、中川陽子、黒田純也、木村晋也、前川 平:βーcatenin siRNAによる骨髄増殖抑制効果の検討
第17回アンチセンスシンポジウム(金沢)    平成19年12月4日(2007)
森田十徳、佐藤玲子、木内隆浩、鈴木要介、矢澤秀典、野澤厳、木村晋也、芦原英司、前川 平:PLK-1に対するRNA/DNAキメラsiRNAの最適化に関する検討
第17回アンチセンスシンポジウム(金沢)   平成19年12月3-4日(2007)
【学会発表】(研究会)
s
前川 平:siRNAによるがん治療法の開発.
平成18年度政策創薬総合研究推進事業
第27回ヒューマンサイエンス総合研究セミナー「核酸医薬の現状と創薬への期待」(東京) 平成19年1月23日(2007年)
前川 平:ヒト幹細胞を用いる臨床研究に関する指針と京大病院としての取り組み.
第5回京都大学臨床試験研究会(京都)平成19年2月23日(2007年)
横田明日美:骨髄微小環境チャンバーを用いた白血病幹細胞ニッシュ探索.
腫瘍学」教育コースミーティング(京都大学)平成19年3月19日(2007)
前川 平:PLK-1を標的としたsiRNAによる癌治療法の開発 – わが国における臨床開発への隘路とその克服 -.
siRNAデリバリー技術情報交換会(大阪、大日本住友製薬総合研究所)平成19年4月13日(2007)
上辻由里:新規Abl阻害剤の開発状況. (講演:ミニレビュー)
第3回Frontier in Hematology/Oncology(大阪) 平成19年7月28日(2007)
芦原英司、木村晋也、佐藤 澄、 前川 平:γδT細胞を用いた細胞療法の開発
第33回 免疫カンファレンス(京都)     平成19年11月17日(2007)
【研究助成】
s
文部科学省科学研究費補助金
前川 平(研究代表者),木村晋也,芦原英司: 
基盤B一般(H18~H20)「新規Bcr-Abl/Lyn同時阻害剤による難治性白血病治療法の開発」
木村晋也(研究代表者),芦原英司:
基盤C一般(H18~H20)「ビスフォスフォネート・トライアングルを応用した新規白血病治療法の開発」
横田明日美、前川 平:
特別研究員奨励費(H19~H21)
厚生労働省科学研究費補助金
前川 平(分担研究者):
平成19年度厚生労働科学研究費補助金 (再生医療等研究事業)「サイトカインによる増幅培養臍帯血による臍帯血移植の臨床試験」(課題番号H17-再生一般-013)
独立行政法人科学技術振興機構
産学共同シーズイノベーション化事業顕在化ステージ「生命プログラム再現・解析のためのセルロボットチップ」
平成19年度地域イノベーション創出総合支援事業「可能性試験(実用化検討)」「腫瘍増殖部位に特性と新規DDSを応用したがん治療法におけるsiRNA投与法の最適化」
民間団体助成
上辻由里:(財)金原一郎記念医学医療振興財団 第21回研究交流助成金    平成19年2月
木村晋也:平成18年度(第1回小林がん学術振興会 がん薬物治療法分野における先駆的研究者の発掘と奨学研究助成(基礎)       平成19年5月
横田明日美: 平成19年度 藤原記念財団少壮研究者奨励金   平成19年6月
河田英里財団法人加藤記念バイオサイエンス研究振興財団   平成19年7月
芦原英司:平成19年度 先進医薬研究振興財団「血液医学分野一般研究助成」平成19年11月
木村晋也 :平成19年度 日本白血病基金研究助成事業・一般研究賞  平成19年12月
田中瑠璃子:平成19年度 大学婦人協会 安井医学奨学生  平成20年1月
【工業所有権】
特願2007-287570「新規ユビキリン結合性小分子」(2007. 11. 5)(発明者:木村晋也、前川平、水戸潤、長田裕之、川谷誠)
back to top