HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2006年 年報 【論文】(英文原著)
Kobayashi Y, Kamitsuji Y, Kuroda J, Tsunoda S, Uoshima N, Kimura S, Wada K, Matsumoto Y, Nomura K, Horiike S, Shimazaki C, Yoshikawa T, Taniwaki M: Comparison of Human Herpes Virus 8 Related Primary Effusion Lymphoma with Human Herpes Virus 8 Unrelated Primary Effusion Lymphoma-Like Lymphoma on the Basis of HIV: Report of 2 Cases and Review of 212 Cases in the Literature.
Acta Haematol 117 : 132-144 , 2006
Takamiya M,  Okigaki M,  Jin D, Takai S,  Nozawa Y, Adachi Y, Urao N, Tateishi K, Nomura T, Zen K, Ashihara E, Miyazaki M, Tatsumi T, Takahashi T, Matsubara H : Granulocyte colony-stimulating factor-mobilized circulating c-Kit+/Flk-1+ progenitor cells regenerate endothelium and inhibit neointimal hyperplasia after vascular injury.
Arterioscler Thromb Vasc Biol, 26(4):751-7,2006 .
Sato K, Nogawa M, Yuasa T, Kimura S, Segawa H, Yokota A, Maekawa T : A third generation bisphosphonate, minodronic acid (YM529), successfully prevented the growth of bladder cancer in vitro and in vivo.
Brit J Cancer , 95:1354-1361, 2006. 
Horie N, Murata H, Nishigaki T, Segawa H, Yuasa T, Kimura S, Maekawa T, Fushiki S, Kubo T:  The third-generation bisphosphonates inhibit tumor proliferation and induce apoptosis in murine osteosarcoma in vitro.
Cancer Lett, 238(1):111-118、2006.
Okamoto M, Okano A, Akamatsu S, Ashihara E, Inaba T, Takenaka H, Katoh N, Kishimoto S, Shimazaki C: Rituximab is effective for steroid-refractory sclerodermatous chronic graft-versus-host disease.
Leukemia, 20(1):172-3、2006.
Naito H, Kimura S, Nakaya Y, Naruoka H, Kimura S, Ito S,Wakayama T, Maekawa T, Hirabayashi K : In vivo inhibitory effect of NS-187, a dual Bcr-Abl/Lyn tyrosine kinase inhibitor, on the proliferation of leukemic cells harbouring Abl kinase domain mutations.
Leuk Res, 30(11):1443-1446, 2006.
Kuroda J, Puthalakath H, Cragg MS, Kelly PN, Bouillet P, Huang DCS, Kimura S, Ottmann OG, Druker BJ, Villunger A, Roberts AW, Strasser A. Pro-apoptotic BH3-only proteins Bim and Bad mediate imatinib-induced killing of Bcr/Abl+leukemic cells and resistance due to their loss is overcome by a BH3 mimetic.
Proc Natl Acad Sci USA, 103:14907-14912, 2006.
Matsumoto S, Okitsu T, Iwanaga Y, Noguchi H, Yonekawa Y,Nagata H, Yamada Y, Fukuda K, Seino Y, Shibata T, Kasai Y, Maekawa T, Tanaka K : Successful islet transplantation from non-heart-beating donor pancreata using modified Ricordi islet isolation method. 
Transplantation 82(4):460-465, 2006.
【論文】(英文著書)
s
Kimura S, Maekawa T: Stem Cell Transplantation for Ph+ Leukemias in the imatinib and post-imatinib eras. In: 
Davidson DF, editor.
Bone Marrow Transplantation: New Research. New York: Nova Publisher; 1-38,2006.
【論文】(英文総説)
s
Kimura S, Niwa T, Hirabayashi K, Maekawa T.: Development of NS-187, a potent and selective dual Bcr-Abl/Lyn tyrosine kinase inhibitor. 
Cancer Chemo Pharmacol, 58(Suppl 7):55-61, 2006.
Maekawa T:How to comply with cGMP during early phase of translational cell therapy at academia. 
Clin Eval 33(3):569-578, 2006.
Kimura S, Ashihara E, Maekawa T: New tyrosine kinase inhibitors in the treatment of chronic myeloid leukemia (review). .
Curr Pharma Biotech, 7(5): 371-379, 2006.
Kimura S: Novel compounds to override Bcr-Abl/T315I.
Recent Patent Review on Anti-Cancer Drug Discovery 1: 347-355 , 2006.
【論文】(邦文原著)
s
前川 平: 探索的臨床試験に求められるGMP基準とは. 
臨床評価33(3): 625-627, 2006.
前川 平:アカデミア発CGMPへの挑戦・1- CPC構造設備基準と探索臨床用CGMPの普及に向けて. 
臨床評価33(3): 629-640, 2006.
【論文】(邦文総説)
s
黒田純也,木村晋也,芦原英司,前川 平:ビスフォスフォネート製剤の抗腫瘍作用. 
感染・炎症・免疫 36(2)152-155,2006.
木村晋也:白血病の in vivo イメージング.
がん分子標的治療,4:67-71, 2006.
芦原英司、前川 平:Polo-like kinase-1を標的としたRNA干渉による新しいがん分子標的治療法.
がん分子標的治療 4(3):193-201, 2006.
木村晋也、上辻由里、前川 平:急性リンパ性白血病..
癌治療と宿主 18(1): 69-80, 2006.
木村晋也、芦原英司、前川平: 新規 dual Bcr-Abl/Lyn kinase inhibitor, NS-187.
血液・腫瘍科、52 (5):555-562, 2006
河田英里、木村晋也、芦原英司、前川 平:慢性骨髄性白血病に対する分子標的治療の現状と今後の展望.
血液フロンテイア 16(9):1357-1370, 2006
木村晋也,芦原英司、前川 平:慢性骨髄性白血病に対す分子標的治療-新規Bcr-Abl/Lyn同時阻害剤INNO-406の開発-.
京都府立医大雑誌 115(10):  749-760, 2006.
芦原英司、木村晋也、前川 平:siRNAのデリバリーシステム.
最新医学 61(6):1102-1109, 2006.
芦原英司、前川平: 結腸がん細胞に対するVγ9Vδ2T細胞の腫瘍認識機構. 
分子細胞治療 5(2) : 98-100, 2006.
笠井泰成:GMP/GLP/GCP. 
分子細胞治療 5(4): 374-375, 2006.
西川昭子、村山敏典、笠井泰成、前川 平、福島雅典:産業界、試験責任医師、および審査官のためのガイダンス―探索的IND試験-(邦訳). 
臨床評価 33(3): 583-602, 2006.
江副幸子、村山敏典、西川昭子、笠井泰成、川真田伸、中村憲正、福島雅典、前川 平:産業界のためのガイダンス.INDs – 第?相試験におけるCGMPに準 拠したアプローチ(邦訳). 
臨床評価 33(3): 603-624, 2006.
【論文】(邦文著書)
s
木村晋也、前川 平:イマチニブ以後の白血病に対する分子標的療法薬.
Annual Review 血液 2006(高久史磨、溝口秀昭、坂田洋一、金倉 譲、小島 勢二 編集)、
中外医学社、東京、p.99-113, 2006.
湯浅 健、野河正輝、木村晋也、前川 平:RNAi創薬 – 膀胱癌.
遺伝子医学MOOK(中村義一編)、メディカル・ドゥ社、東京、pp.100-105, 2006.
芦原英司、木村晋也. 多発性骨髄腫に対するゾレドロン酸の臨床効果.
ゾレドロン酸のEBM, メディカルレビュー社、大阪、p.110-122,2006
【論文/その他】
s
黒田純也、前川 平:再発/治療抵抗性多発性骨髄腫に対するlenalidomide併用デキサメタゾン療法とデキサメタゾン単独療法の二重盲検ランダム化試験.
Hematology insight(第47回米国血液学会報告集)、p.18, 2006.
河田英里、芦原英司:未治療多発性骨髄腫に対するbortezomib単独とデキサメタゾン併用療法の比較. /BTD療法[bortezomib/thalidomide/デキサメタゾン]後に早期に強化療法を行なうことで未治療の多発性骨髄腫を速やかにコントロールし得る. 
Hematology insight(第47回米国血液学会報告集)、p.19, 2006.
上辻由里、木村晋也:JMDPドナーからの非血縁者間骨髄移植5,660例における慢性GVHDのリスクファクターと予後の解析. 
Hematology insight(第47回米国血液学会報告集)、p.35, 2006.
【学会発表】(国際学会/一般演題)
s
Kamitsuji Y, Adachi S, Watanabe M, Matsubara H, Mizushima Y, Hiraumi Y, Watanabe K, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T, Nakahata T: NS-187, a novel Bcr-Abl inhibitor, induces cell death more potent and rapid than imatinib mesylate in Bcr-Abl-positive cell lines.
第97回米国癌学会(AACR)(Washington DC, U.S.A)  (5th April, 2006)
Yuasa T,Habuchi T, Sato K, Kimura S, Maekawa T:A third generation bisphosphonate, minodronic acid (YM529), successfully  prevented the growth of bladder cancer in vitro and in vivo.
American Urological Association Annual Meeting(Atlanta,U.S.A.)(22ed May, 2006)
Yuasa T, Nogawa M, Habuchi T, Kimura S, Maekawa T: Transurethral administration of small interfering RNA targeting PLK-1 prevents the growth of bladder cancer both in vitro and in vivo.
American Urological Association Annual Meeting, (Atlanta,U.S.A.)(22ed May, 2006)
Kamitsuji Y, Adachi S, Watanabe M, Matsubara H, Mizushima Y, Hiraumi Y, Watanabe K, Tanaka H, Kuroda J, Ashihara E, Kimura S, Maekawa T, Nakahata T : Cell death mechanisms induced by INNO-406, a novel tyrosine kinase inhibitor for imatinib-resistant Ph+ leukemias.
The American Society of Hematology 48th Annual Meeting and Exposition (ASH)(Orange County Convention Center , Orlando, Frorida,USA) (December 10, 2006) (Abstract#2177) Blood 108:11(supple): 261, 2006.
Kuroda J, Kimura S, Strasser A, Andreeff M, Ashiahara E, Tabe Y, Taniwaki M, Maekawa T.: BH3 Mimetic Augments the Induction of Apoptosis by INNO-406, a Novel Bcr-Abl/Lyn Inhibitor, in Bcr-Abl+ Leukemic Cells.
The American Society of Hematology 48th Annual Meeting and Exposition (ASH)(Orange County Convention Center , Orlando, Frorida,USA) (December 10, 2006)(Abstract#2178) Blood 108:11(supple): 262, 2006.
Tabe Y, Jin L, Leysath CE, Kimura S, Kantarjian H, Andreeff M, Konopleva M.: CXCR4 Up-Regulation by Imatinib Mesylate Induces CML Cell Migration to Bone Marrow Stroma and Promotes Survival of Chemoresistant Quiescent CML Cells.
The American Society of Hematology 48th Annual Meeting and Exposition (ASH)(Orange County Convention Center , Orlando, Frorida,USA) (December 10, 2006) (Abstract#2123) Blood 108:11(supple): 258, 2006.
Yokota A, Kimura S, Masuda S, Ashihara E, Urasaki Y, Terui Y, Ruthardt M, Ueda T, Hatake K, Inui K, Maekawa T. : Cyclosporin A, a P-gp Inhibitor, Augments the Anti-Central Nervous System Ph+ Leukemia Effects of INNO-406. (「ASH Travel Award」受賞)
The American Society of Hematology 48th Annual Meeting and Exposition (ASH)(Orange County Convention Center , Orlando, Frorida,USA) (December 12, 2006) (Abstract#834) Blood 108:11(supple): 198, 2006.
【学会発表】(国際学会/シンポジウム)
s
Maekawa T: How to comply with cGMP during early phase of translation.
1st Franco-Japanese Translational Research Initiative (Kyoto, Japan)
(24th February, 2006)
Maekawa T : Intelligently controlled cell processing is mandatory for the development of novel advanced cell and gene therapy (Invited lecture).
2006 Yonsei International Symposium of Laboratory Medicine 
(Eun-myeong Auditorium, Severance Hospital, Seoul, Korea) (8th June, 2006)
【学会発表】(国際学会/招請口演)
s
Kimura S: Development of NS-187, a potent and selective dual Bcr-Abl/Lyn
tyrosine kinase inhibitor. 
The 21st Bristol-Myers Squibb Nagoya International Cancer Treatment Symposium.(Nagoya, Japan)    (25th February,2006)
【国際学会/特別講演】
Maekawa T: Novel dual Bcr-Abl/Lyn tyrosine kinase inhibitor for imatinib-resistant leukemia. (Special lecture).
Seoul National University (Seoul, Korea) (7th June, 2006)
【学会発表】(特別講演)
s
前川 平:輸血治療から先端医療開発へ ―京都大学の挑戦-(特別講演)
京都府医師会学術講演会(京都) 平成18年1月28日 (2006)
前川 平:がん分子標的治療の開発(特別講演)
第4回石川臨床免疫フォーラム(金沢) 平成18年 2月10日 (2006)
前川 平:Glivec耐性Ph陽性白血病に対する新規分子標的治療法 -Phase 1へ向けて-(特別講演)
第3回北関東小児がんセミナー(群馬県渋川市) 平成18年4月15日 (2006)
木村晋也:CMLに対する分子標的治療
第2回血液三都物語若手の会(京都) 平成18年4月15日(2006)
木村晋也:Ph+白血病に対する分子標的治療.
第3回JPLSG研究会(名古屋)    平成18年6月17日(2006)
木村晋也: ポスト・イマチニブ時代.
第11回血液学フォーラム(札幌)   平成18年7月7日(2006年)
前川 平:癌細胞のin vivoイメージングを応用した核酸治療薬の開発とその課題.(基調講演)
臨床応用を目指した産学連携セミナー7. 「分子細胞イメージングと疾患・創薬研究 in 神戸 ~ 蛍光・発光・PET・MRI等のイメージングの最前線」(神戸)    平成18年 10月20日(2006)
前川 平:生体肝移植と輸血(特別講演)
第30回千葉県輸血研究会プログラム(千葉)  平成18年10月21日(2006)
木村晋也:ZOMETA TRUANGLE-骨髄腫治療の新しい可能性. 
ゾメタ適応拡大記念講演会(博多)         平成18年11月7日(2006)
木村晋也:Mission impossible ? 移植なしでCMLを治せ. 
第9回治験フォーラム (東京)      平成18年11月20日(2006)
前川 平:わが国における細胞治療・再生治療の発展と細胞プロセシング
ー その現状と問題点 ー(特別講演)
信州大学医学部附属病院先端医療センター開設記念講演会(長野)  平成18年12月4日(2006)
【学会発表】(シンポジウム)
s
前川 平:腫瘍増殖部位の特性を利用したsiRNAによる癌治療法-臨床開発への隘路克服をめざして―.
第3回日本癌学会カンファレンス(長野県茅野市)    平成18年3月 11日 (2006)
前川 平:Polo-like kinase-1を標的としたRNA干渉による新規がん分子標的治療の開発.
第4回日本臨床腫瘍学会(大阪)シンポジウム「新しいがん治療法の開発とトランスレーショナルリサーチ」 平成18年3月17日 (2006)
前川 平:京都の医療を考える―府立医大卒の京大教授として―.
がんシンポジウム「京都府のがん医療、今日と明日― 医師に聞く がんを宣告された時」(京都) 
平成18年3月25日 (2006)
湯浅 健、木村晋也、羽渕友則、前川 平: 泌尿器科がん研究における in vivo imaging system.
シンポジウム7「泌尿器疾患に対する研究最前線」
第94回日本泌尿器科学会総会(福岡) 平成18年4月12日(2006)
木村晋也:ゾレドロン酸の抗腫瘍作用 "ZOMETA TRIANGLE" ~前臨床試験の知見から~
Bisphosphonate International Symposium "New strategy of management for myeloma bone disease"(東京) 
前川 平、芦原英司、木村晋也、湯浅 健:PLK-1を標的としたRNAiによるがん治療戦略-創薬へ向けて―.
シンポジウムS22「RNA干渉とがんー基礎から創薬、治療まで」
第65回日本癌学会学術総会(横浜) 平成18年9月30日(2006)
木村晋也:New tyrosine kinase inhibitors in the Treatment of Chronic Myeloid Leukemia.  
合同シンポジウム5「造血器腫瘍に対する分子標的療法の現状と展望」
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡) 平成18年10月8日(2006)
【学会発表】(ワークショップ)
s
前川 平:顆粒球輸血ふたたび(講演).
血小板型・顆粒球型ワークショップ
第54回日本輸血学会総会(大阪)   平成18年6月9日 (2006)
芦原英司、佐藤 澄、内田亮、武内美紀、黒田純也、木村晋也、島崎千尋、前川 平:骨髄腫細胞に対するγδT細胞の認識機構と抗腫瘍効果
第31回日本骨髄腫研究会総会(群馬)  平成18年11月11日(2006)
佐藤 澄,木村晋也,芦原英司,湯浅 健、和田洋巳,前川 平:γδT細胞による癌免疫療法の開発.
ワークショップ12 免疫療法
第47回日本肺癌学会総会(京都)        平成18年12月15日(2006)
【学会発表】(プレナリーセッション)
s
黒田純也,木村晋也,芦原英司,Ottmann OG, Druker BJ, Strasser A, 谷脇雅史,前川 平: イマニチブによるアポトーシス誘導におけるBH3-only proteinの役割. 
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡) 平成18年10月8日(2006)
【学会発表】(一般演題)
s
横田明日美、木村晋也、尾山達也、芦原英司、内藤はるな、浦崎芳正、上田孝典、照井康仁、畠 清彦、平林加壽子、前川 平:Ph陽性中枢神経系白血病マウスモデルにおける新規Bcr-Abl同時阻害剤NS-187の抗腫瘍活性.
第3回日本癌学会カンファレンス(長野県茅野市) 平成18年3月 10日 (2006)
Tsubakimoto Y, Yamada H, Yokoi H, Urao N, Takahashi T, Okigaki M, Ashihara E, Maekawa T, Matsubara H : Angiotensin II type 1 receptor in bone marrow-derived stem cells plays a crucial role in atherosclerosis development.
第70回記念日本循環器学会総会(名古屋) 平成18年3月24日(2006)
Yokoi H, Yamada H, Tsubakimoto Y, Urao N, Takahashi T, Okigaki M, Ashihara E, Iwai M, Horiuchi M, Maekawa T, Matsubara H : Angiotensin II type 2 receptor in bone marrow-derived cells inhibits neointimal hyperplasia by counteracting type 1 receptor function in mouse wire-injured artery.
第70回記念日本循環器学会総会(名古屋) 平成18年3月24日(2006)
辻 博昭、芦原英司、坂下裕美、万木紀美子、竹川良子、菱田理恵、江川裕人、羽賀博典、木村晋也、眞鍋俊明、前川 平:ABO適合HLA不一致生体肝移植における抗HLAクラス?抗体陽性例の予後の検討.
第54回日本輸血学会総会(大阪) 平成18年6月9日 (2006)
木村晋也、万木紀美子、辻 博昭、竹川良子、菱田理恵、芦原英司、前川 平:表面プラズモン共鳴によるIgG型抗A/B抗体価測定方法(第3報)
第54回日本輸血学会総会(大阪) 平成18年6月10日 (2006)
万木紀美子、木村晋也、辻 博昭、竹川良子、菱田理恵、芦原英司、前川 平:
輸血管理システムの構築 ― PHSによる輸血実施入力 ― .
第54回日本輸血学会総会(大阪) 平成18年6月11日 (2006)
木村晋也、芦原英司、前川 平:新規 dual Bcr-Abl/Lyn阻害剤 NS-187による
imatinib mesylate耐性克服.
第10回がん分子標的治療研究会(東京) 平成18年6月15日(2006)
黒田純也,木村晋也,芦原英司,前川 平:イマチニブメシル酸によるBcr-Abl陽性白血病細胞のアポトーシス誘導におけるBH3-only蛋白の機能的意義.
第10回がん分子標的治療研究会(東京) 平成18年6月15日(2006)
衣笠久美、和田勝也、中山一子、神内謙至、北川良裕、河田英里:
VDS+dexamethasone併用、Ubx+SPAC+G-CSF長期投与法にて完全寛解を得た、結 腸癌合併高齢者AML.
第85回近畿血液学地方会(神戸) 平成18年6月24日(2006)
黒田純也,木村晋也,Strasser A: イマチニブメシル酸によるBcr-Abl 陽性白血病細胞のアポトーシス誘導におけるBH3-only蛋白の機能的意義. 
第15回日本アポトーシス研究会学術総会(京都) 平成18年7月28日(2006)
上辻由里,足立壮一,渡部基信,松原 央,水島康浩,平海良美,由井理洋,渡邊健一郎,黒田純也,芦原英司,木村晋也,前川 平,中畑龍俊. 新規dual Bcr-Abl-Lyn阻害剤NS-187によるbcr-abl陽性白血病細胞株に対する細胞死誘導機序. 
第15回日本アポトーシス研究会学術総会(京都) 平成18年7月28日(2006)
辻 博昭、芦原英司、坂下裕美、万木紀美子、竹川良子、菱田理恵、江川裕人、羽賀博典、木村晋也、眞鍋俊明、前川 平:ABO適合HLA不一致生体肝移植における抗HLAクラス。抗体陽性例の予後の検討
第15回日本組織適合性学会(東京) 平成18年9月26日(2006)
木村晋也、芦原英司、平林加壽子、前川 平:BCR-ABL/Lyn阻害剤NS-187 (INNO-406)の変異型BCR-ABLに対する効果.
第65回日本癌学会学術総会(横浜) 平成18年9月29日(2006)
芦原英司、佐藤澄、木村晋也、島崎千尋、前川 平:骨髄腫細胞に対するγδT細胞の認識機構と抗腫瘍効果.
第65回日本癌学会学術総会(横浜) 平成18年9月29日(2006)
堀江直行、村田博昭、坂部智哉、松井隆明、木村晋也、前川 平、伏木信次、久保俊一:骨肉腫細胞に対するin vivoにおける第3世代ビスフォスフォネートの抗腫瘍効果.
第65回日本癌学会学術総会(横浜) 平成18年9月29日(2006)
佐藤澄、木村晋也、湯浅健、芦原英司、和田洋巳、前川 平:膀胱癌に対する第3世代ビスフォスフォネートの抗腫瘍効果.
第65回日本癌学会学術総会(横浜) 平成18年9月30日(2006)
上辻由里,足立壮一,渡部基信,松原 央,水嶋康浩,平海良美,渡邊健一郎,黒田純也,芦原英司,木村晋也,前川平,中畑龍俊:新規dual Bcr-Abl/Lyn阻害剤NS-187によるbcr-abl陽性白血病細胞株に対する細胞死誘導機序. 
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡)平成18年10月6日(2006)
前川 平,芦原英司,横田明日美,内藤はるな,平林加寿子,木村晋也:変異型BCR-ABL/Lyn同時阻害剤NS-187の効果. (優秀ポスター賞受賞)
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡)平成18年10月6日(2006)
小林 裕、磯崎 豊、澤井奈々、室谷佳秀、赤荻照章、迫 雅美、林 英夫、黒田純也、野村憲一、堀池重夫、島崎千尋、吉川敏一、谷脇雅史:著明なリンパ節腫脹を来たした慢性骨髄性白血病慢性期の一例.
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡)平成18年10月6日(2006)
横田明日美、木村晋也、増田智先、芦原英司、浦崎芳正、照井康仁、上田孝典、畠 清彦、乾 賢一、前川 : 新規Bcr-Abl/Lyn同時阻害剤NS-187のPh+中枢神経白血病に対する抗腫瘍効果.
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡)平成18年10月7日(2006)
内田 亮,芦原英司,佐藤 澄,木村晋也,河田英里,谷口享子,岡本雅司,志村和穂,島崎千尋,谷脇雅史,前川 平:多発性骨髄腫細胞に対するdgT細胞の認識機構と抗腫瘍効果. 
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡)平成18年10月7日(2006)
松本洋典、阪上順一、藤本佳子、清水大介、谷口享子、志村和穂、岡本雅司、黒田純也、野村憲一、堀池重夫、島崎千尋、谷脇雅史: 移植後肝静脈閉塞症の早期診断および経過観察に超音波カラードプラ法による門脈血流測定が有用であった一例.
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡)平成18年10月7日(2006)
北脇年雄,門脇則光,近藤忠一,川村和子,田端淑恵,石川隆之,一戸辰夫,笠井泰成,前川 平,内山 卓:同種造血幹細胞移植後の急性骨髄性白血病再発に対するWT1ペプチドパルス・ドナー由来樹状細胞療法. 
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡)平成18年10月8日(2006)
河田英里、和田勝也、神内謙至、中山一子、北川良裕:Buerger病様の左下肢動脈閉塞を合併した好酸球増加症候群(HES)
第68回日本血液学会・第48回日本臨床血液学会・合同総会(福岡) 平成18年10月8日(2006)
河田英里、芦原英司、木村晋也、前川 平:ヒト非小細胞肺がん肝転移マウスモデルにおけるアテロコラーゲンをDDSとしたPLK-1 siRNA経静脈内投与の治療効果について
第16回アンチセンスシンポジウム(京都)   平成18年11月28日 (2006)
【学会発表】(研究会・その他)
s
前川 平:わが国における先端医療開発の隘路とその克服.
2005年度第2回産学連携セミナー(21世紀COEプログラム「融合的移植再生治療を目指す国際拠点形成」、京都大学大学院医学研究科社会健康医学系専攻知的財産経営学コース、社団法人芝蘭会、京都大学「医学領域」産学連携推進機構 共催)(京都) 平成18年1月19日 (2006)
湯浅健、羽渕友則, 木村晋也、前川 平:第3世代 ビスフォスフォネート製剤の尿路悪性腫瘍に対する効果。
第27回東北骨代謝研究会(仙台)           平成18年2月4日(2006)
山田浩之、椿本恵則、横井宏和、浦尾紀文、高橋知三郎、沖垣光彦、松原弘明、芦原英司、前川 平:骨髄細胞アンジオテンシンIIタイプ1受容体を介した動脈硬化病変形成機序.
第11回アンジオテンシンカンファレンス(東京)   平成 18年2月4日(2006)
木村晋也:「Block the Bcr-Abl signaling」 
RCAIセミナー (横浜)   平成18年2月15日(2006年)
【主催学術講演会】講演者:Dr. Neil P. Shah
Assistant Professor, Division of Hematology and Oncology, The David Geffen School of Medicine at UCLA, LA, USA
演題:Improving targeted therapy for chronic myeloid leukemia and other malignancies 2nd Kyoto Molecular Targeting Forum
京都大学医学系研究科学術講演会(京都) 平成18年2月27日(2006)
前川 平:細胞プロセシングとGMP-再生治療・細胞治療開発の隘路克服のために.
第1回細胞プロセシング運営セミナー(京都) 平成18年3月4日 (2006年)
上辻由里、足立壮一、平海良美、水嶋康浩、松原央、渡部基信、渡邉健一郎、芦原英司、木村晋也、前川 平、中畑龍俊:新規dual Abl-Lyn 阻害剤NS-187によるbcr-abl陽性白血病細胞株に対する細胞死誘導機序.
第12回西日本小児がんセミナー(大阪)  平成18年3月25日(2006)
前川 平、半田 誠:血液疾患における輸血のノウハウ―グループケーススタデイ―
第2回若手血液臨床医のための教育プログラム(京都) 平成18年4月2日 (2006)
前川 平:先端医療開発と医の倫理(総合講義)
平成18年度京都府立医科大学総合講義 平成18年5月31日 (2006)
前川 平:輸血から先端医療開発へ ― 京都大学の挑戦 ー.
京都大学医学研究科大学院教育 臨床研究コース講演(京都) 平成18年6月5日 (2006)
前川 平:国際共同治験への参画(周回遅れにならないための、企画・立案と実行)? 大学の立場から
第1回抗悪性腫瘍薬開発フォーラム(東京) 平成18年7月22日(2006)
前川 平:細胞治療に関する探索的臨床試験とGMP準拠アプローチ.
第2回細胞プロセシング運営セミナー(神戸)  平成18年9月2日(2006)
志村和穂、芦原英司、松永晋介、谷口享子、岡本雅司、松本洋典、松原弘明、島崎千尋、谷脇雅史、前川 平:同種造血幹細胞移植後の末梢血血管内皮前駆細胞の動態.
第28回京都造血幹細胞移植研究会(京都) 平成18年11月17日(2006)  
万木紀美子:新しい抗A抗体/抗B抗体迅速測定法の開発.
第9回宝ケ池セミナー(京都) 平成18年11月25日(2006)
【研究助成】
s
文部科学省科学研究費補助金
前川 平(研究代表者),木村晋也,芦原英司: 
基盤B一般「新規Bcr-Abl/Lyn同時阻害剤による難治性白血病治療法の開発」
木村晋也(研究代表者),芦原英司:
基盤C一般「ビスフォスフォネート・トライアングルを応用した新規白血病治療法の開発」
前川 平(分担研究者):
基盤B一般「ヒトABO血液型不適合肝移植における生着機序解明と液性拒絶克のための戦略」
木村晋也:
平成18年度 国際化推進プログラム(海外先進研究実践支援)「白血病の分子標的治療に関する国際共同研究」
厚生労働省科学研究費補助金
前川 平(分担研究者):
平成18年度厚生労働科学研究費補助金 (ヒトゲノム・再生医療等研究事業)「サイトカインによる増幅培養臍帯血による臍帯血移植の臨床試験」
前川 平(分担研究者):
平成18年度厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)
(課題番号H18-一般-032)「輸血用血液及び細胞療法の安全性に関する研究」
前川 平(分担研究者):
生成18年度厚生労働科学研究費補助金(基礎研究成果の臨床応用推進研究事業)「制御性T細胞を用いた肝・小腸・肺・膵島移植における免疫寛容の誘導」
科学技術振興機構
前川 平,芦原英司:
地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発発信プログラム 
平成18年度「シーズ発掘試験」課題名:「腫瘍増殖局所の特性と新規DDSを応用したがん治療におけるsiRNA投与法の最適化に関する研究」
前川 平,木村晋也, 芦原英司:
独立行政法人科学技術振興機構 産学共同シーズイノベーション化事業顕在化ステージ 
課題名:「生命プログラム再現・解析のためのセルロボットチップ」
民間団体助成
芦原英司:2006年度堀之内朗賞研究助成金(日本骨髄腫患者の会)
佐藤 澄:平成18年度 漢方医薬研究振興財団研究助成  
木村晋也:第24回 清水免疫振興財団助成金 
木村晋也:平成18年度 高松宮妃癌研究基金研究助成金
back to top