HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2005年 年報 【論文】(英文原著)
Kimura S, Naito H, Segawa H, Kuroda J, Yuasa T, Sato K, Yokota  A,  Kamitsuji Y, Kawata E, Ashihara E, Nakaya Y, Naruoka H, Wakayama T,  Nasu K, Asaki T, Niwa T, Hirabayashi, K, Maekawa T : NS-187, a potent and selective dual Bcr-Abl/Lyn tyrosine kinase inhibitor, is a novel agent for imatinib-resistant leukemia.
Blood, 106(12): 3948-3954, 2005
Segawa H, Kimura S, Kuroda, J, Sato K, Yokota A, Kawata E, Kamitsuji Y, Ashihara E, Yuasa T, Fujiyama Y, Ottmann OG, Maekawa T.
Zoledronate synergizes with imatinib mesylate to inhibit Ph+ primary leukaemic cell growth.
Br J Haematol,130: 558-560 ,2005.
Nogawa M, Yuasa T, Kimura S, Kuroda J, Sato K, Segawa H, Maekawa T.:Monitoring luciferase-labeled cancer cell growth and metastasis in different in vivo models. .
Cancer Lett, 217:245-253, 2005.
Yuasa T, Nogawa M, Kimura S, Yokota A, Sato K, Segawa H, Kuroda J, Maekawa T : A third generation bisphosphonate minodronic acid (YM529), augments the interferon a/b-mediated inhibition of renal cell cancer cell growth both in vitro and in vivo. 
Clin Cancer Res, 11:853-859,2005.
Adams JM, Huang DC, Strasser A, Willis S, Chen L, Wei A, VAN Delft M, Fletcher JI, Puthalakath H, Kuroda J, Michalak EM, Kelly PN, Bouillet P, Villunger A, O’reilly L, Bath ML, Smith DP, Egle A, Harris AW, Hinds M, Colman P, Cory S. Subversion of the bcl-2 life/death switch in cancer development and therapy.
Cold Spring Harb Symp Quant Biol. 469-77, 70, 2005.
Yuasa,T, Tsuji H, Kimura S, Niwa N. Yurugi K, Egawa H, Tanaka K, Maruya E, Saji H, Asano H, Maekawa T : HLA in Japanese patients with biliary atresia – a retrospective analysis in the patients with living donor liver transplantation -. 
Hum Immunl 66(3): 290-295, 2005.
Sato K, Kimura S, Segawa H, Yokota A, Matsumoto S, Kuroda J, Nogawa M,Yuasa T, Kiyono Y, Wada H, Maekawa T: Cytotoxic effects of gamma delta Tcells expanded ex vivo by a third generation bisphosphonate for cancer immunotherapy.
Int J Cancer,116 : 94-99,2005
Kimura S, Ito C, Jyoko N, Segawa H, Kuroda J, Okada M, Adachi S, Nakahata T, Yuasa T, Filho VC, Furukawa H, Maekawa T. Inhibition of leukemic cell growth by a novel anti-cancer drug (GUT-70) from Calophyllim brasiliense that acts by induction of apoptosis..
Int J Cancer, 113:158-165, 2005.
Ochiai N, Yamada N, Uchida R, Fuchida S, Okano A, Hatsuse M, Okamoto M, Ashihara E, Shimazaki C: Combined therapy with thalidomide, incadronate and dexamethasone (TID) for relapsed or refractory multiple myeloma .
Int J Hematol 82:243-247, 2005.
Nogawa M, Yuasa T, Kimura S, Tanaka M, Kuroda J, Sato K, Yokota A,Segawa S, Toda Y, Kageyama S, Yoshiki T, Okada Y, Maekawa T. Intravesical administration of small interfering RNA targeting PLK-1 successfully prevents the growth of bladder cancer. 
J Clin Invest,115(4): 978-985, 2005
Matsumoto S, Okitsu T, Iwanaga Y, Noguchi H, Nagata H, Yonekawa Y, Yamada Y, Fukuda K, Tsukiyama, K, Suzuki, H, Kawasaki Y, Shimodaira M, Matsuoka, K, Shibata T, Kasai Y, Maekawa T, Shapiro AMJ, Tanaka K: Insulin independence after living-donor distal pancreatectomy and islet allo-transplantation. 
Lancet, 365(9471):1642-1644, 2005.
Ochiai N., Yamada N, Uchida R, Fuchida S, Okano A, Okamoto M, Ashihara E, Inaba T, Shimazaki C: Nitrogen-containing bisphosphonate incadronate augments the inhibitory effect of farnesyl transferase inhibitor tipifarnib on the growth of fresh and cloned myeloma cells in vitro.
Leuk Lymphoma 46:1619-1625, 2005.
Segawa H, Kimura S, Kuroda J, Sato K, Nogawa M, Yuasa T, Yokota A, Hodohara K, Fujiyama Y, Maekawa T: The anti-leukemic efficacy of the third generation bisphosphonate ONO5920/YM529. 
Leuk Res, 29(4): 451-457, 2005
Matsumoto S, Kimura S, Segawa H, Kuroda J, Yuasa T, Sato K, Nogawa M, Tanaka F, Maekawa T, Wada H : Efficacy of the third-generation bisphosphonate zoledronic acid alone and combined with anti-cancer agents against small cell lung cancer cell lines. .
Lung Cancer, 47(1):31-39, 2005.
Nogawa M, Yuasa T, Kimura S, Kuroda J, Segawa H, Sato K, Koizumi M, Maekawa T: Zoledronic acid mediates Ras-independent
growth inhibition of prostate cancer cells. .
Oncol Res, 15(1):1-9,2005.
Okitsu T, Matsumoto S, Iwanaga Y, Noguchi H, Nagata H, Yonekawa Y, Maekawa T, Tanaka K : Kyoto islet isolation method: the optimized one for non-heart-beating donors with highly efficient islet retrieval.
Transplant Proc, 37:3391-3392, 2005.
Kimura S, Yurugi K, Segawa H, Kuroda J, Sato K, Nogawa M, Yuasa T, Egawa H, Tanaka K, Maekawa T: Rapid quantitation of IgG antibodies specific for blood group antigens A and B by surface plasmon resonanse. .
Transfusion, 45(1):56-62, 2005.
Yuasa T, Niwa N, Kimura S, Yurugi K, Tsuji H, Egawa H, Tanaka K, Asano H, Maekawa T : Intraoperative blood loss during living related liver transplantation: analysis of 635 cases at a single center.
Transfusion, 45:879-884, 2005.
Takamiya O, Kimura S.  Molecular mechanism of dysfunctional Factor VII associated with the homozygous missense mutation 331Gly to Ser.
Thrombo Haemosta, 93 : 414-419. 2005.
【論文】(英文総説)
Maekawa T, Kimura S, Kasai Y: Development of novel advanced cell and gene therapy and GMP-controlled cell processing. 
JMAJ, 48(2):1-4, 2005.
Maekawa T: Establishment of institutional GMP is mandatory for the development of translational research in cell therapy. 
J Pharmacol Sci, 97:20, 2005.
【論文】(邦文原著)
万木紀美子、木村晋也、湯浅 健、瀬川秀和、黒田純也、佐藤 澄、野河正輝、江川裕人、田中紘一、前川 平:表面プラズモン共鳴を応用した新規IgG型抗A, B抗体価測定法.
日本輸血学会雑誌51(5):545-552, 2005.
丹羽紀実、湯浅 健、木村晋也、辻 博昭、万木紀美子、竹川良子、菱田理恵、江川裕人、田中紘一、浅野弘明、前川 平:生体肝移植手術時において多量輸血を要する危険因子 – 京都大学における生体肝移植と輸血管理・輸血療法に関する研究(第2報)-.
日本輸血学会雑誌51(6):601-608, 2005.
辻 博昭、湯浅 健、木村晋也、丹羽紀実、万木紀美子、江川裕人、田中紘一、 丸屋悦子、佐治博夫、浅野弘明、前川 平:日本人先天性胆道閉鎖症患者におけるHLA型に関する研究 – 生体肝移植レシピエント392症例の解析 -.
日本輸血学会雑誌51(6):609-615, 2005.
【論文】(邦文総説
万木紀美子、前川 平:ABO血液型不適合移植と輸血. 
看護技術 51(12) :15-19, 2005. 
万木紀美子、前川 平:ABO血液型不適合移植と輸血ー臓器移植看護を理解するためのキーワードー.
看護技術(臨時増刊号「臓器移植看護の現在」)、 51(12): 15-19, 2005.
湯浅 健、木村晋也、前川 平. Bisphosphonate の抗腫瘍作用.
Cancer Frontier
7: 70-76, 2005.
湯浅 健、丹羽紀実、辻 博昭、万木紀美子、江川裕人、田中紘一、木村晋也、前川 平:
肝移植における輸血-外科医のための輸血医学講座.
外科 67(5): 555-558, 2005
木村晋也、前川 平:ビスフォスフォネート製剤. 
血液・腫瘍科 50:68-76,2005.
木村晋也、黒田純也、前川 平. ファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤によるMDSと難治性AMLの治療.
血液・腫瘍科 50: 483-491, 2005.
木村晋也、前川 平. イマチニブ耐性CMLに対する新たなキナーゼ阻害剤.
血液・腫瘍科 51: 21-30, 2005
木村晋也,黒田純也,前川 平:Abl点突然変異. 
血液・腫瘍科51(6)545-555,2005.
河田英里、芦原英司、木村晋也、前川平。GVHDと腎障害. 
腎と透析 59:970-6, 2005.
前川 平:末梢血幹細胞移植ドナーの安全性を確保するために.
綜合臨床 54(3):488-490, 2005.
前川 平:RNA干渉 ― その基礎と臨床応用 ―..
Front Wave in Hematology,15:4-7, 2005.
万木紀美子、木村晋也、前川 平:抗A,抗B抗体価測定法の検討-表面プラズモン共鳴を応用した新規測定法-
臨床病理日本臨床検査医学会誌) 53(11):1011-1018,2005.
木村晋也、前川 平:Ras関連蛋白を分子標的とした白血病治療.
臨床血液 46(3):179-186, 2005.
万木紀美子:血液型・不規則抗体検査、輸血用血液(日赤血)との交差適合試験.文光堂、
臨床研修プラクテイス 2(4):122-134, 2005
笠井泰成、前川 平:これからの臨床検査技師教育を考えるー期待される活動 領域と技師教育:高度先進医療部門.
臨床検査49(8):872-873, 2005.
【論文】(邦文著書)
木村晋也、黒田純也、前川 平:Ras 関連蛋白質シグナル伝達を標的とした造血器腫瘍の分子標的治療.
Annual Review血液2005(高久史麿,溝口秀昭、 坂田洋一、金倉 譲、小島勢二 編集),中外医薬社,東京, p179-189, 2005.
辻 博昭、湯浅 健、前川 平:消化管出血の輸血療法.
消化器疾患診療実践ガイド(千葉勉、井廻道夫 編)、文光堂、東京、p266-269, 2005.
木村晋也、黒田純也、前川 平: Ras superfamilyシグナル伝達経路を標的とした白血病治療 .
分子標的療法の基礎と臨床(鶴尾 隆・監修)、篠原出版社,東京,p175-184,2005
木村晋也、前川 平:細胞内シグナル伝達系を阻害する薬剤.3. Ras阻害剤、2) Zoledronate. 
分子標的治療薬-作用機序と臨床.(元吉和夫、大野竜三編)、メディカル・レビュー社,東京, p143-151, 2005.
前川 平:輸血療法の基礎と実際.
三輪血液病学(浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修)、文光堂、東京、pp.672-733, 2005.
湯浅 健、木村晋也、前川 平:RNAを標的としたがん治療の可能性.
臨床腫瘍内科学入門(金倉 譲 編著)、永井書店、大阪、pp.117-121, 2005.
【論文/その他】
上田龍三、直江知樹、前川 平:造血器腫瘍からみた分子標的治療(Round Table Meeting/座談会).
がん分子標的治療3(3):181-191, 2005.
内山 卓、前川 平:21世紀COEシンポジウム「膵島移植治療と膵島再生研究の融合をめざして」の開催にあたって.
今日の移植18(4):1, 2005
【学会発表】(国際学会/一般演題)
Nogawa M, Yuasa T, Kimura S, Hirabayashi K, Maekawa T: Intravesical small interfering RNA targeting PLK-1 successfully prevents the growth of mouse orthotopic bladder cancer.
The 96th Annual Meeting of American Association for Cancer Research
(Anaheim, CA,USA) (17 th April, 2005) (Abstract #570).
Yokota A, Kimura S, Oyama T, Ashihara E Naito H, Urasaki Y , Ueda T, Terui Y, Hatake K, Hirabayashi K, Maekawa T: Anti-tumor activity of a novel Bcr-Abl/Lyn dual inhibitor, NS-187, in murine CNS Ph+ leukemia models. (「ASH Travel Award」受賞)
The American Society of Hematology 47th Annual Meeting and Exposition(ASH)(Georgia World Congress Center , Atlanta, Georgia,USA)(December 12, 2005) (Abstract # 493) Blood, 106:11(supple): 148a, 2005.
Naito H, kimura S, Nakaya Y, Naruoka H, Wakayama T, Kimura S, Ito S, Ashihara E, Maekawa T, Hirabayashi K : Simultaneous targeting of lyn and Bcr-Abl kinases by NS-187 cures mice bearing imatinib-resistant leukemic cells. The American Society of Hematology 47th Annual Meeting and Exposition(ASH)(Georgia World Congress Center , Atlanta, Georgia,USA)(December 10, 2005)( Abstract # 1518 Blood, 106:11(supple): 436a, 2005.
Kimura S, Naito H, Yokota A, Kamitsuji Y, Kawata E, Ashihara E, Nakaya Y, Naruoka H, Wakayama T, Asaki T, Niwa T, Hirabayashi K, Maekawa T: A dual Bcr-Abl/Lyn tyrosine kinase Inhibitor, NS-187, Is a novel agent for imatinib-resistant leukemia. The American Society of Hematology 47th Annual Meeting and Exposition(ASH)(Georgia World Congress Center , Atlanta, Georgia,USA)(December 10, 2005)( Abstract # 1522 ) Blood, 106:11(supple): 437a, 2005.
Kuroda J, Puthalakath H, Bouillet P, Cragg MS, Kelly PN, Roberts AW, Kimura S, Ottmann OG, Strasser A : Bim Is the critical, and bad and bmf are the ancillary BH3-Only proteins for imatinib mesylate-induced apoptosis of Bcr/Abl-positive leukemias. The American Society of Hematology 47th Annual Meeting and Exposition(ASH)(Georgia World Congress Center , Atlanta, Georgia,USA)(December 12, 2005) (Abstract # 2876) Blood, 106:11(supple): 806a, 2005.
【学会発表】(国際学会/招請口演)
Kimura S: NS-187, a new dual Bcr-Abl/Lyn tyrosine kinase inhibitor.
Third European School of Haematology International Conference on CHRONIC MYELOID LEUKAEMIA IN THE 21st CENTURY (Genoa, Italy)(11th November, 2005)
【学会発表】(特別講演)
前川 平:京都大学における先端医療開発への挑戦―細胞治療から分子標的治療まで― (特別講演)
第6回細胞療法研究会(札幌) 平成17年1月15日 (2005)
木村晋也:ルシフェラーゼを用いたin vivo イメージング(特別講演)
第248回CBI学会研究講演会(東京)平成17年1月26日 (2005)
前川 平:CML治療のさらなる進化―分子標的治療と細胞治療の融合をめざして―(特別講演)
第11回新潟血液疾患・サイトカイン研究会(新潟) 平成17年1月28日 (2005)
前川 平:慢性骨髄性白血病の治療-過去,現在,そして未来-(特別講演)
第17回岩手幹細胞移植研究会(盛岡) 平成17年2月 5日 (2005)
前川 平:輸血治療と先端医療開発の接点 -京都大学の挑戦-(特別講演)
第15回鹿児島輸血医療懇話会(鹿児島) 平成17年2月 19日 (2005)
前川 平:輸血関連肺障害(TRALI)(特別講演)
平成17年度血液製剤の使用適正化講演会(京都) 平成17年6月 4日(2005)
前川 平:わが国における細胞治療・再生治療開発の発展を願ってー隘路とその克服-
第10回組織工学・再生医学ワークショップ(大阪) 平成17年6月 4日 (2005)
前川 平:細胞治療・再生治療開発に必要なGMP準拠細胞プロセシング―治療用ヒト細胞の品質を担保するために―(特別講演)
第7回免疫細胞療法研究会(福島県立医科大学 光が丘会館、福島市)平成 17年10月31日 (2005)
前川 平:臨床医からみたsiRNA医薬品開発への期待と提言(招請講演)
第15回アンチセンス・シンポジウム(群馬県桐生市)平成17年11月25日(2005)
前川 平:がん分子標的治療- ベンチからベッドサイドヘ (特別講演)
第53回大阪血液疾患談話会(大阪) 平成17年12月17日(2005)
【学会発表】(シンポジウム)
前川 平:レシピエントの安全性と治療用細胞の品質管理ムウシ血清,異種細胞使用の問題点を含めて.
スポンサードシンポジウム5細胞療法,再生医療に挑む 
第53回日本輸血学会総会(千葉)平成17年5月26日(2005)
松本慎一,興津 輝, 岩永泰裕,野口洋文,永田英生,米川幸秀,山田祐一郎,福田一仁,前川 平,柴田登志也,田中紘一:膵島移植の治療成績-生体ドナーの安全性を求めてー.
スポンサードシンポジウム5 細胞療法,再生医療に挑む
第53回日本輸血学会総会(千葉) 平成17年5月26日(2005)
前川 平:末梢血幹細胞,骨髄細胞の取り扱いガイドライン作成に向けて.
スポンサードシンポジウム6 造血幹細胞移植;輸血部門での対処,取り扱い
第53回日本輸血学会総会(千葉)平成17年5月27日(2005)
万木紀美子,木村晋也,前川 平:顆粒球輸血と顆粒球抗体検査.
スポンサードシンポジウム8 顆粒球輸血
第53回日本輸血学会総会(千葉) 平成17年5月27日(2005)
湯浅 健、木村晋也、前川 平:PLK-1 siRNAによる膀胱癌治療をめざして.
シンポジウム I「分子医薬の新たな潮流」(座長:上田龍三、杉山弘)
第9回がん分子標的治療研究会総会(京都)  平成17年6月30日(2005)
前川 平:治療用ヒト細胞の安全性と品質管理ー細胞治療と再生治療開発のためにー
第64回日本癌学会学術総会(札幌) 平成17年9月16日(2005)
前川 平:生体肝移植と輸血.シンポジウムV.「臓器移植と輸血」
第29回日本血液事業学会総会(仙台) 平成17年10月14日(2005)
木村晋也:イマチニブ耐性克服における新規 dual Abl-Lyn阻害剤 CNS-9 の役割と他新規 Abl 阻害剤の比較.  
シンポジウム1「分子標的衣料の展開―その問題点とその克服」
第43回日本癌治療学会総会(名古屋)      平成17年10月25日(2005)
万木紀美子:輸血前後検体保管について―オーダーリング実施に向けての取りみ―
平成17年度認定輸血検査技師更新のための講座
第12回日本輸血学会秋季シンポジウム(埼玉) 平成17年11月11日(2005)
木村晋也: Post Glivec agents ー新規Abl特異的阻害剤の開発ー
第26回日本臨床薬理学会年会 (大分,別府市) 平成17年12月2日 (2005)
瀬川秀和、木藤克之、程原佳子、木村晋也、前川 平:第3世代ビスフォスフォネート製剤、Zoledronateによる白血病治療の有用性. シンポジウム「白血病に対する微少残存病変について」(司会:石川隆之、三澤信一)
第84回近畿血液学地方会(滋賀)  平成17年12月10日(2005)
【学会発表】(ワークショップ)
木村晋也,前川 平:Imatinib mesylate 耐性白血病細胞に対する新規dual Abl-Lyn阻害剤CNS-9の効果.
第64回日本癌学会学術総会(札幌)  平成17年9月14日(2005)
芦原英司,湯浅 健,木村晋也,前川 平:PLK-1 small interfering RNAによる膀胱癌治療. 
第64回日本癌学会学術総会(札幌)  平成17年9月16日(2005)
佐藤 澄,木村晋也,芦原英司,和田洋巳,前川 平:
ビスフォスフォネートでex vivo増殖したγδT細胞による免疫細胞療法.
第64回日本癌学会学術総会(札幌) 平成17年9月16日(2005)
湯浅健、羽渕友則、木村晋也、前川平:核酸医薬による膀胱癌治療をめざして
第18回日本バイオセラピイ学会(山口,宇部) 平成17年12月1日(2005)
【学会発表】(プレナリーセッション)
木村晋也,瀬川秀和,黒田純也,芦原英司,平林加壽子,前川 平:
Imatinib mesylate耐性克服を目的とした新規dual Abl-Lyn阻害剤CNS-9の開発.
第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)  平成17年9月17日(2005)
【学会発表】(一般演題)
辻 博昭、湯浅 健、木村晋也、万木紀美子、江川裕人、田中紘一、丸屋悦子、佐治博夫、浅野弘明、前川 平: 日本人先天性胆道閉鎖症患者におけるHLA型-生体肝移植レシピエント392人の解析-
第3回日本組織適合性学会近畿地方会(大阪)平成17年2月5日(2005)
湯浅 健、野河正輝、木村晋也、田中基幹、影山 進、吉貴達寛、岡田裕作、前川 平: PLK-1 siRNAを用いた膀胱癌治療
第93回日本泌尿器科学会総会(東京)平成17年4月15日(2005)
横田明日美,木村晋也,赤井洋子,万木紀美子,辻 博昭,菱田理恵,竹川良子,松村紘子,堀内賢一,鈴木康之,前川 平:酸素濃度減少を指標する貯血式自己細菌汚染検査法の開発.
第53回日本輸血学会総会(千葉)平成17年5月27日(2005)
万木紀美子,木村晋也,辻 博昭,丹羽紀実,平田勝啓,竹川良子,菱田理恵,湯浅 健,江川裕人,田中紘一,前川 平:「表面プラズモン共鳴によるIgG型抗A/B抗体価測定方法(第2報)」
第53回日本輸血学会総会(千葉)平成17年5月27日(2005)
上辻由里、小林裕、山本未央、小西知佳、福本晃平、野村憲一、島崎千尋、堀池重夫、谷脇雅史、木村晋也:骨髄線維症を合併した骨髄異形成症候群に対して同種末梢血幹細胞移植を施行した1例.
第83回近畿血液学地方会(大阪)平成17年6月11日 (2005)
木村晋也、前川 平:新規dual Abl-Lyn阻害剤CNS-9
第9回がん分子標的治療研究会(京都) 平成17年6月30日 (2005)
堀江直行,村田博昭,坂部智哉,松井隆明,木村晋也,前川 平,伏木信次,久保俊一:
骨肉腫細胞に対する第3世代ビスフォスフォネートと抗癌剤の併用効果.
第64回日本癌学会学術総会(札幌) 平成17年9月15日(2005)
湯浅 健,野河正輝,木村晋也,前川 平:第3世代 ビスフォスフォネート製剤の尿路悪性腫瘍に対する効果
第64回日本癌学会学術総会(札幌) 平成17年9月15日(2005)
淵田真一,志村和穂,内山人二,谷口享子,中野園子,岡本雅司,内田 亮,岡野 晃,芦原英司,島崎千尋:
難治性造血器腫瘍における母児間免疫寛容に基づくHLA不一致血縁縁者間造血細胞移.
第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)  平成17年9月17日(2005)
三嶋裕子,照井康仁,三嶋雄二,木村晋也,滝澤俊広,畠 清彦:
慢性骨髄性白血病細胞株K562におけるautophagic cell death誘導機構の解析. 
第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)  平成17年9月17日(2005)
水嶋康浩,足立壮一,松原 央,渡部基信,中畑龍俊,上辻由里,木村晋也,前川 平:
小児難治性白血病におけるVLA-4の発現と抗癌耐性機序について.
第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)   平成17年9月17日(2005)
和田勝也衣笠久美,中山一子,神内謙至,北川良裕,河田英里,小林 裕,吉川敏一: 
高齢者AMLに対するLow-dose slow induction chemotherapy.
第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)  平成17年9月17日(2005)
岡本雅司,志村和穂,内山人二,中野園子,名村享子,内田 亮,淵田真一,岡野 晃,芦原英司,島崎千尋,竹中秀也,加藤則人,岸本三郎:
皮膚硬化を有するステロイド抵抗性慢性移植片対宿主病に対するrituximabの効果.
第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)  平成17年9月17日(2005)
名村享子,志村和穂,内山人二,中野園子,岡本雅司,内田 亮,島崎千尋,芦原英司,古城美奈,木下 茂:
Crystalline keratopathyにて発症した多発性骨髄腫,MGUSの2症例.
第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)  平成17年9月17日(2005)
中野園子,志村和穂,内山人二,名村享子,岡本雅司,内田 亮,芦原英司,稲葉 亨,藤田直久,金子裕人,小林 裕,島崎千尋:
好中球による赤血球貧食像を認め高度の貧血を呈した寒冷凝集素症の一例. 
第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)  平成17年9月18日(2005)
瀬川秀和,木村晋也,黒田純也,程原佳子,藤山佳秀,Ottmann Oliver G, 前川 平:
患者新鮮白血病細胞を用いた,Zoledronate + Imatinibの併用効果の検討. 
第67回日本血液学会・第47回日本臨床血液学会・合同総会(横浜)  平成17年9月18日(2005)
万木紀美子、木村晋也、辻 博昭、竹川良子、菱田理恵、山本千穂、芦原英司、前川
平:表面プラズモン共鳴を応用した、あたらしいIgG型抗A、抗B抗体価測定法。
日本臨床検査自動化学会第37回大会 (横浜) 平成17年9月30日 (2005)
万木紀美子、木村晋也、辻博昭、竹川良子、菱田理恵、芦原英司、前川 平:
表面プラズモン共鳴によるIgG型抗A/B抗体価測定方法(第2報)
第49回日本輸血学会近畿支部総会(豊中市) 平成17年12月3日 (2005)
【学会発表】(研究会・その他)
前川 平:アカデミアにおける先端医療開発とGMP準拠細胞プロセシング
第3回トランスレーショナルリサーチ研修会(神戸) 平成17年3月4日 (2005)
木村晋也: gamma/delta T細胞を用いた新しい細胞免疫療法の開発.
第7回京都細胞治療研究会(京都) 平成17年3月5日(2005)
前川 平:先端医療と医の倫理.(総合講義)
京都府立医科大学総合講義(京都府立医大) 平成17年5月 23日 (2005)
前川 平:研修医のための輸血療法の基礎と実際
京大病院平成17年度第3回卒後臨床研修カンファレンス(京都) 平成17年6月10日 (2005)
木村晋也:ポスト・グリベック時代.
血液・免疫・腫瘍セミナー(京都大学医学部 血液・腫瘍内科) 平成17年7月20日(2005)
木村晋也:Leukemia and bone tissueーRoles of bisphosphonate in leukemia treatment-.
Kyoto morecular targeting forum (京都)  平成17年9月10日(2005)
木村晋也 : 自己血および末梢血幹細胞移植の実践講座.
京大病院平成17年度第10回卒後臨床研修カンファレンス(京都)
平成17年9月28日,9月30日 (2005)
木村晋也、芦原英司、前川 平:AblのATP結合領域変異の有無による慢性骨髄性白血病の層別化治療に対する新規dual Abl-Lyn 阻害剤NS-187の可能性.
第8回京大がん研究会(京都)           平成17年10月14日(2005)
木村晋也:新規dual Abl-Lyn阻害剤NS-187によるイマチニブ耐性克服.
第11回血液科学セミナー(東京) 平成17年10月 15日 (2005)
前川 平:わが国における細胞治療・再生治療開発の隘路とその克服.
第3回トランスレーショナルリサーチ研究会ー補償問題から生命倫理までー(京都)
平成17年10月23日 (2005)
前川 平:造血幹細胞と再生医学-先端医療開発への挑戦-(特別講義)
滋賀医科大学特別講義(滋賀医科大学) 平成17年10月24日 (2005)
前川 平,半田 誠:血液疾患における輸血のノウハウ ― グループケーススタデイ ―
第1回若手血液臨床医のための教育プログラム(東京) 平成17年11月27日 (2005)
【研究助成】
文部科学省科学研究費補助金
代表研究者:前川 平
平成17年度科学研究費補助金(萌芽研究)(課題番号16659245)
「ブラジル・おとぎり草から抽出した新規天然有機化合物(GUT-70)の抗腫瘍効果」
代表研究者:木村晋也
平成17年度科学研究費補助金(萌芽研究)(課題番号17659165)
「表面プラズモン共鳴による革新的な輸血関連検査法の開発」
厚生労働省科学研究費補助金
分担研究者/前川 平
平成17年度厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)
(課題番号H17-医薬-064)「輸血用血液及び細胞療法の安全性に関する研究」
分担研究者/前川 平
厚生労働省基礎研究成果の臨床応用推進研究推進事業「Ex vivo 増幅臍帯血幹細胞を用いたトランスレーショナルリサーチ」
民間団体助成
湯浅 健平成16年度(財)鈴木泌尿器医学振興財団助成金  平成17年3月9日(2005)
佐藤 澄:藤原記念財団少壮研究者奨励金
木村晋也:平成17年度 佐川がん研究助成
木村晋也:平成17年度 医師会医学研究助成
佐藤 澄:平成17年度 漢方医薬研究振興財団研究助成
河田英里:がん研究助成金(財団法人 京都がん協会)
前川 平:平成17年度 癌研究助成(財団法人安田記念医学財団)
back to top