HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧
2004年 年報 【論文】(英文原著)
Takao T, Kobayashi Y, Kuroda J, Omoto A, Nishimura T, Kamitsuji Y, Fukiya E, Nakamura C, Kimura S, Yoshikawa T. : Rituximab is effective for human herpesvirus-8-negative primary effusion lymphoma with CD20 phenotype
associated hepatitis C virus-related liver cirrhosis.
Am J Hematol. 77: 419-420,2004
Kuroda J, Kimura S, Segawa H, Sato K, Matsumoto S, Nogawa M, Yuasa T, Kobayashi Y, Yoshikawa T, Ottmann OG, MaekawaT: p53-independent anti-leukemic effect of the nitrogen-containing bisphosphonate zoledronic acid. 
Cancer Sci, 95(2) : 186-192, 2004.
Kimura S, Kuroda J, Segawa H, Sato K, Nogawa M, Yuasa T, Ottmann OG, Maekawa T. Anti-proliferative efficacy of the third generation bisphosphonate zoledronic acid combined with other anti-cancer drugs in leukemic cell lines. 
Int J Hematol 79:37-43, 2004
Tani K, Azuma M, Nakazaki Y, Oyaizu N, Hase H, Ohata J, Takahashi K, OiwaMonna M, Hanazawa K, Wakumoto Y, Kawai K, Noguchi M, Soda Y, Kunisaki R, Watari K, Takahashi S, Machida U, Satoh N, Tojo A, Maekawa T, Eriguchi M, Tomikawa S, Tahara H, Inoue Y, Yoshikawa H, Yamada Y, Iwamoto A, Hamada H, Yamashita N, Okumura K, Kakizoe T, Akaza H, Fujime M, Clift S, Ando D, Mulligan R, Asano S: Phase I Study of Autologous Tumor Vaccines Transduced with the GM-CSF Gene in Four Patients with Stage IV Renal Cell Cancer in Japan: Clinical and Immunological Findings. 
Mol Ther, 10 (4): 799-816, 2004.
【論文】(邦文著書)
笠井泰成、前川 平:細胞治療・再生治療開発に関するレギュレーションと細胞プロセシング.「再生医療へのブレイクスルー-その革新技術と今後の方向性」
遺伝子医学MOOK(田畑泰彦 編集),メディカル ドゥ社、大阪,245-250, 2004.
木村晋也、前川 平:慢性骨髄性白血病.
血液疾患診療のEBM(内山 卓、小峰光博 編)メディカル・レビュー社,東京, 97-107, 2004
【論文】(邦文原著)
河村朋子、岩井敏光、川島 博、伊藤俊之、前川 平、田中紘一、横山繁樹: 生体肝移植術における輸血用血液の供給状況と使用状況についてー1999年~2003年ー.
血液事業(日本血液事業学会雑誌)27(3):457-462, 2004.
山田祐一郎、松本愼一、福田一仁、濱崎暁洋、小倉雅仁、松岡啓子、藤本新平、興津 輝、岩永康裕、野口洋文、米川幸秀、永田英生、柴田登志也、笠井泰成、前川 平、清野 裕、田中紘一:心停止ドナーからの膵島移植によってインスリン離脱した1型糖尿病の一症例..
糖尿病 47(12):945-950, 2004.
丹羽紀実、湯浅 健、木村晋也、辻 博昭、万木紀美子、竹川良子、菱田理恵、赤井洋子、笠井泰成、江川裕人、田中紘一、河村朋子、横山繁樹、前川 平:京都大学における生体肝移植と輸血管理・輸血療法に関する研究(第1報).
日本輸血学会雑誌 50(4): 573-580, 2004.
万木紀美子、湯浅 健、辻 博昭、赤井洋子、竹川良子、菱田理恵、木村晋也、前川 平:コンピュータによる血液保冷庫温度集中管理システムの評価
日本輸血学会雑誌 50(6):774-779, 2004.
大坂顯通、大戸 斉、菊田 敦、小原 明、月本一郎、石田 明、前川 平、長田広司、星 順隆:安全な顆粒球輸血を目指したガイドライン案の作成. 
日本輸血学会雑誌 50(6): 739-745, 2004.
【論文】(邦文総説)
木村晋也:Zoledronate、グリベック併用による抗Ph+白血病作用.
医学のあゆみ208:111-112, 2004.
瀬川秀和:第3世代ビスフォスフォネートYM529(ONO5920)の抗白血病効果、YM529(ONO5920), a third generation bisphosphonate, inhibits thegrowth of human leukemic cells in vitro and in vivo.
医学のあゆみ 208:166-167 2004.
木村晋也、黒田純也、前川 平:Ras 関連蛋白 および BCR/ABL ダブルブロック による
フィラデルフィア 染色体陽性白血病の治療.
Inflammation and Regeneration 24(2): 113-117, 2004
瀬川秀和、木村晋也、前川 平:血液学的緊急病態-大量の血管内溶血-. 
血液フロンテイア 14; 93-98, 2004
興津 輝、松本慎一、岩永康裕、野口洋文、小林直哉、田中紀章、前川 平、 田中紘一:臨床膵島移植のための膵島分離技術.
再生医療(日本再生医療学会 雑誌)3(2): 81-89, 2004.
万木紀美子、前川 平:これだけは知っておきたい輸血の基礎知識.
Junior 431(4): 17-26, 2004.
前川 平:先端的細胞治療開発とGMP準拠細胞プロセッシング. 
日本医師会雑誌 131 : 911- 913, 2004
前川 平、笠井泰成:細胞治療・再生治療とトランスレーショナル・リサーチ
-輸血部門の変革を求めて-.
日本内科学会雑誌 93(7): 1404-1410, 2004
前川 平:京都大学における生体肝移植と輸血.
日本血液事業学会雑誌 27(1):87-89, 2004.
黒田純也、木村晋也:ドナーリンパ球輸注療法.
日本内科学会雑誌 93(7): 1392-1397, 2004
木村晋也:分子標的薬剤の考え方.
BIO Clinica 19: 61-67, 2004.
木村晋也.:急性リンパ性白血病。
Front Wave in Hematology 8:12-15,2004.
前川 平、木村晋也:末梢血幹細胞の動員. 
Hematology Insight 22-23, 2004
前川 平:細胞プロセッシングセンター.
Hematological Malignancy Review 27:5-6, 2004
木村晋也、前川 平:白血病と骨組織との相互作用.
Molecular medicine, 41(11): 1374-1381, 2004
阿部 充、木村 剛、木村晋也、前川 平:治療的血管新生療法と輸血部門の役割.
臨床医、30(10):1900-1902, 2004.
前川 平:先端医療開発に必要なGMP準拠細胞プロセッシング-Institutional GMP構築の必要性-.
臨床血液 45: 32-38, 2004.
笠井泰成、前川 平:細胞プロセッシングとGMP. 
臨床検査 48(10), 1141-1146,2004
前川 平:先端医療開発と臨床検査技師の大学院教育.
臨床病理  52(5): 430-434, 2004
【学会】( 国際学会)
Nogawa M, Yuasa T, Kimura S, Maekawa T. Growth inhibition and apoptosis induction of bladder cancer cells byPLK-1 siRNA. . XIXth Congress European Association of Urology. (Vienna, Austria) (March 2004)(Abstract 818). European Urology, Vol 3, No. 2, pp. 207, 2004.
Sato K, Kimura S, Yuasa T, Wada H, Maekawa T : Cancer immunotherapy: Cytotoxic activity of gd T-cells expanded ex vivo by the third generation bisphosphonate Zoledronate(共). The 45th Annual Meeting of The American Society of Hematology
(San Diego, California, USA) (4th December, 2004) Abstract # 1347 Blood, 104:11(supple):379a, 2004.
Segawa H, Kimura S, Kuroda J, Yuasa T, Maekawa T : Zoledronate inhibits leukemia growth in bone marrow and synergizes with Imatinib mesylate against Ph+ primary leukemic cells.(共) The 45th Annual Meeting of The American Society of Hematology(San Diego, California, USA) (5th December, 2004) Abstract # 2096 Blood, 104:11(supple):577a, 2004.
Kimura S, Segawa H, Kuroda J, Yuasa T, Maekawa T : CNS-9, a novel specific inhibitor of ABL tyrosine kinase overcomes resistance mechanism of Imatinib.(共)The 45th Annual Meeting of The American Society of Hematology (San Diego, California, USA) (7th December, 2004) Abstract # 761 Blood, 104:11(supple):218a, 2004.
【学会】(国内学会)特別講演・教育講演
前川 平:21世紀の輸血医学と先端治療開発の接点-京都大学の挑戦-(特別講演)
平成15年度第6回院内学術講演会(兵庫県成人病センター、明石市) 平成16年1月 16日 (2004)
前川 平:慢性骨髄性白血病治療の過去、現在、そして未来(特別講演)
第5回京滋エリア血液疾患治療研究会(ホテルグランヴィア京都)   平成16年2月13日 (2004)
前川 平:京都大学医学部附属病院における輸血管理(特別講演)
平成15年度日本赤十字社血液管理センター職員セミナー(京都府、福知山市) 平成16年3月3日(2004)
前川 平:21世紀の輸血医学と先端医療開発-京都大学の挑戦-(特別講演)
第24回滋賀血液・免疫研究会(大津市、琵琶湖ホテル) 平成16年6月12日 (2004)
木村晋也:慢性骨髄性白血病治療の最前線(特別講演)
第24回滋賀血液研究会(滋賀)平成16年7月17日(2004)
木村晋也:最近の白血病治療(特別講演)
血液形態検査学術講演会(於 キャンパスプラザ京都) 平成16年8月21日(2004)
木村晋也: Ph+白血病治療の最前線(特別講演)
第4回血液腫瘍学術講演会(静岡)平成16年11月11日(2004)
木村晋也:悪性腫瘍とビスフォスフォネート(特別講演)
第23回近畿肉腫研究会(京都)平成16年12月18日(2004)
前川 平:輸血治療から先端医療開発へ(特別講演)
第15回日本臨床化学会近畿支部総会(京都)平成16年12月18日(2004)
【学会】(国内学会)シンポジウム
前川 平:先端医療開発に必要なインフラストラクチャー 
JST異分野研究者交流フォーラム「ゲノムケミストリーに基づく総合的遺伝子診断・治療法の新技術創出」(主催:科学技術振興機構)(高知県・芸西村、土佐ロイヤルホテル)  平成16年1月22日 (2004) 
江川裕人、藤本康弘、湯浅 健、木村晋也、前川 平、田中紘一:生体肝移植周術期における輸血療法の現状 シンポジウム5「大量出血で新鮮血は必要なのか」
第52回日本輸血学会総会(札幌) 平成16年6月 24日 (2004)
前川 平:輸血管理の推進とその問題点:輸血専門医の立場から
輸血問題検討部会2「血液新法及び改正薬事法施行後の諸問題:医療機関における諸問題」
第52回日本輸血学会総会(札幌) 平成16年6月 25日 (2004)
木村晋也:In vivo imaging system for drug discovery.
第2回 in vivoイメージングシンポジウム(東京、コクヨホール) 平成16年6月30日(2004)
木村晋也、前川 平:Ras関連蛋白を標的とした白血病に対するあらたな分子標的治療法の開発(共)
合同シンポジウム2「血液疾患の分子病態と分子標的療法」
第66回日本血液学会総会、第46回日本臨床血液学会総会(京都) 平成16年9月17日 (2004)
笠井泰成、内田百合香、前川 平:シンポジウムII. 「細胞治療・再生治療などの先端医療開発における検査技師の役割」治療・再生治療開発における検査技師の活動(共)
第11回日本輸血学会秋季シンポジウム(高松)平成16年11月6日 (2004)
万木紀美子,木村晋也,辻 博昭,平田勝啓,竹川良子,菱田理恵,前川 平:シンポジウム「あたらしい輸血検査法の開発」表面プラズモン共鳴を応用した,新しいIgG型 抗A, 抗B抗体価測定方法
第48回日本輸血学会近畿支部総会(京都)平成16年11月13日(2004)
木村晋也:γδT細胞を用いた新しい細胞免疫療法の開発
平成16年度 第2回21世紀COEセミナー「造血細胞移植の未来展望」(京都) 平成16年11月20日(2004)
前川 平:顆粒球採取と輸注の留意点
顆粒球輸血研究会公開シンポジウム「顆粒球輸血の現況と問題点」(京都)平成16年11月23日 (2004)
木村晋也:白血病と骨組織の相互作用.
日本癌学会シンポジウム「癌関連骨病変研究の進歩」第7回癌と骨病変研究会(東京) 平成16年11月27日(2004)
湯浅 健、野河正輝、木村晋也、前川平: PLK-1 siRNAによる膀胱癌治療をめざして
第14回アンチセンスシンポジウム(横浜) 平成16年 12月3日(2004)
【学会】(国内学会)一般講演
木村晋也、湯浅 健、前川 平:第3世代ビスフォスフォネート製剤の抗白血病効果(共)
第8回がん分子標的治療研究会総会(鹿児島) 平成16年5月13日(2004)
湯浅 健、木村晋也、前川 平 :PLK-1 siRNAによる膀胱癌治療を目指してーin vitroにおける癌細胞増殖抑制 とアポトーシス誘導(共)
第8回がん分子標的治療研究会総会(鹿児島)  平成16年5月13日 (2004)
万木紀美子、木村晋也、辻 博昭、竹川良子、菱田理恵、赤井洋子、湯浅  健、前川 平:共鳴プラズモンを応用した、あたらしいIgG型抗A、抗B抗体価測定法(共)
第52回日本輸血学会総会(札幌) 平成16年6月 23日 (2004)
辻 博昭、湯浅 健、菱田理恵、丹羽紀実、万木紀美子、赤井洋子、竹川良子、笠井泰成、木村晋也、丸屋悦子、佐治博夫、浅野弘明、江川裕人、田中紘 一、前川 平: 先天性胆道閉鎖症におけるHLA遺伝子の関連性(日本人生体肝移植392例の解析)(共)
第52回日本輸血学会総会(札幌) 平成16年6月 24日 (2004)
丹羽紀実、湯浅 健、木村晋也、辻 博昭、万木紀美子、赤井洋子、笠井泰成、竹川良子、菱田理恵、浅野弘明、江川裕人、田中紘一、前川 平:京都大学における生体肝移植と輸血管理・輸血療法に関する研究(第2報)(共)
第52回日本輸血学会総会(札幌) 平成16年6月 25日 (2004)
万木紀美子、木村晋也、辻 博昭、竹川良子、菱田理恵、丹羽紀実、前川 平:表面プラズモン共鳴を応用した、あたらしいIgG型抗A、抗B抗体価測定法(共)
第51回日本臨床検査医学会総会第44回日本臨床化学会年会 連合大会 (東京) 平成16年9月 3日(2004)
万木紀美子、瀬川秀和、木村晋也、前川 平、田中紘一:共鳴プラズモンを応用した、あたらしいIgG型抗A抗B抗体価測定方法(共) 一般演題口演14「細胞療法・再生医療3」第66回日本血液学会総会
第46回日本臨床血液学会総会(京都)平成16年9月18日 (2004)
笠井泰成、内田百合香、中川陽子、一戸辰夫、門脇則光、松本慎一、木村晋也、田中紘一、中畑龍俊、内山 卓、前川 平:細胞治療・再生治療開発における細胞プロセッシングセンターの役割(共)
一般演題ポスター37「細胞療法・再生医療 細胞医療・新規開発薬」
第66回日本血液学会総会、第46回日本臨床血液学会総会(京都)平成16年9月18日 (2004)
佐藤 澄、木村晋也、松本成司、湯浅 健、和田洋巳、前川 平:ビスフォスフォネートでex vivo増幅したgd T 細胞による免疫細胞療法(共) 一般演題ポスター「抗腫瘍エフェクター細胞とその誘導(5)」
第63回日本癌学会総会(博多) 平成16年9月 30日 (2004)
堀江直行、村田博昭、西垣泰介、木村晋也、前川 平、伏木信次、久保俊一:第3世代ビスフォスフォネートによるマウス骨肉腫細胞の増殖抑制・アポトーシス誘導効果(共) 一般演題ポスター「抗がん剤とアポトーシス (1)」
第63回日本癌学会総会( 博多) 平成16年10月1日 (2004)
丹羽紀実,湯浅 健,木村晋也,辻 博昭,万木紀美子,赤井洋子,笠井泰成,竹川良子,菱田理恵,前川 平:京都大学における生体肝移植と輸血管理・輸血療法に関する研究
第48回日本輸血学会近畿支部総会(京都) 平成16年11月13日(2004)
横田明日美、木村晋也、万木紀美子、前川 平、鷹尾珠美子、門脇則光、内山卓:輸血関連急性肺障害(TRALI)の1例.
第82回近畿血液学地方会(京都)平成16年12月11日 (2004)
【学会】(国内学会)ワークショップ
木村晋也、湯浅 健、前川 平:患者新鮮白血病細胞に対するzoledronateとimatinib mesylateの併用効果(共) 一般演題ポスター「シグナル伝達阻害剤・キナーゼ阻害剤(3) 」
第63回日本癌学会総会(博多) 平成16年10月 1日 (2004)
瀬川秀和、木村晋也、黒田純也、程原佳子、藤山佳秀、Ottomann, O.G., 前川 平:Ph+ALL患者細胞を移植したNOD/SCIDマウスにおけるZoledronateとImatinibの併用効果(共) ワークショップ24「分子標的療法の新たな展開」
第66回日本血液学会総会、第46回日本臨床血液学会総会(京都)平成16年9月19日 (2004)
野河正輝、湯浅 健、木村晋也、前川 平:Polo like kinase-1 small interfering RNA PLK-1 siRNA)による膀胱癌治療(共) ワークショップ「RNA医工学と治療」
第63回日本癌学会総会(博多) 平成16年9月29日 (2004)
前川 平:院内製剤:薬事法の規制を受けない場合/ー大学病院における先端医療開発を担う立場からー(共)
第1回CPCワークショップ「生物由来製品を安全に、かつ安定的に供給するために」(神戸) 平成16年12月10日 (2004)
村松裕子、一戸辰夫、江角泰治、石川隆之、木村晋也、前川 平、内山 卓:血縁ドナー適格性判定の緒問題\ードナー外来での経験から-(共)
第27回日本造血細胞移植学会(岡山)ワークショップ12「ドナーの安全確保」平成16年12月 17日 (2004)
【学会】(国内学会)研究会
木村晋也、黒田純也、瀬川秀和、湯浅 健、前川 平:第3世代ビスフォスフォネート製剤、zoledronateによる特異的ABLチロシンキナーゼ阻害剤imatinib mesylateの抗白血病作用増強
第7回京大病院がん研究会(於 ホテルフジタ京都)   平成16年2月 13日 (2004)
一戸辰夫,笠井泰成:新たなcell therapyの臨床開発-その現状と課題-
第7回未来医療勉強会(於 大阪大学 銀杏会館)   平成16年5月 26日 (2004)
前川 平:京大病院における輸血療法と安全管理.
京大病院安全管理研修会(京都大学医学部附属病院臨床第一講堂) 平成16年6月 16, 18日(2004)
前川 平:再生医療におけるTR固有の課題と進め方について
第3回トランスレーショナルリサーチ懇話会(東京、国立保健医療科学院) 平成16年7月23日(2004)
前川 平:
細胞治療のためのGMP準拠細胞プロセッシング指針/細胞組織医療機器等の製品化のための環境整備/再生医療の安全性確保と産業化基盤作りのためのキックオフ・ミーティング~セルプロセッシング~(大阪、大阪科学技術センター)(後援:NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議、kTi (関西ティッシュエンジニアリング・イニシアティブ)) 平成16年7月24日 (2004)
前川 平:研修医のための輸血療法の基礎と実際
第4回卒後臨床研修カンファレンス(京大病院 第一臨床講堂)平成16年8月27日 (2004)
前川 平:Polo-likekinase-1(PLK-1) siRNAによるヒト膀胱癌治療法の開発
平成16年度第2回産学連携交流会(芝蘭会館別館研修室2)平成16年10月27日 (2004)
佐藤 澄、木村晋也、湯浅 健、前川 平:第3世代ビスフォスフォネートを利用したγδT細胞療法.
第7回京都分子血液フォーラム(ホテルフジタ京都)平成16年11月13日 (2004)
笠井泰成:京都大学CCMTの概要・運用・今後の展望
細胞プロセッシングセミナー(東北大学 艮陵会館) 平成16年11月26日(2004)
【研究助成】
文部科学省科学研究費補助金
前川 平,木村晋也,湯浅 健,井藤千裕:平成16年度科学研究費補助金(萌芽研究)
(課題番号16659245) 「ブラジル・おとぎり草から抽出した新規天然有機化合物(GUT-70)の抗腫瘍効果」
木村晋也,前川 平,湯浅 健:平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))
(課題番号15591005) 「RAS関連蛋白質を分子標的とした白血病治療法の開発」
湯浅 健,木村晋也,前川 平:平成16年度科学研究費補助金(萌芽研究)
(課題番号16659438)「PLK-1 siRNAを用いた膀胱癌に対するあたらしい分子標的治療法の開発」
厚生労働省科学研究費補助金
分担研究/前川 平:平成16年度厚生労働科学研究費補助金(医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業)
(課題番号H16-医薬-020)「輸血用血液及び細胞療法の安全性に関する研究」
分担研究/前川平:厚生労働省基礎研究成果の臨床応用推進研究推進事業「Ex vivo 増幅臍帯血幹細胞を用いたトランスレーショナルリサーチ」
民間団体助成
前川 平:平成16年度「公益信託 日本白血病研究基金研究助成事業・荻村孝特別研究賞」
前川 平:平成16年度上原記念生命科学財団研究助成金「白血病と骨組織の相互作用の解明-白血病幹細胞のニッチ(居場所)を標的とした新規治療法の開発-」
木村晋也::平成17年度 公益信託 臨床検査医学研究振興基金 研究奨励金
木村晋也:平成17年度 黒住医学研究振興財団研究助成金
湯浅 健:金原一郎記念医学医療振興財団 第19回基礎医学医療研究助成金
湯浅 健:藤原記念財団 少壮研究者奨励金
湯浅 健:平成15年度(第36回)財団法人がん研究振興財団 がん研究助成金
back to top