HOME > 研究年報・実績
 
  • 募集・お問い合わせ
  • 研究年報・実績
  • 研究内容紹介
研究年報・実績
研究年報と実績の一覧

2018年 【論文】英文原著)

Tamura A, Hirai H, Yokota A, Kamio N, Sato A, Shoji T, Kashiwagi T, Torikoshi Y, Miura Y, Tenen DG, Maekawa T:C/EBPβ is required for survival of Ly6C- monocytes.
Blood, in press、2017.
 Yokota A, Hirai H, Shoji T, Maekawa T, Okuda K: Constitutively active ABL family kinases, TEL/ABL and TEL/ARG, harbor distinct leukemogenic activities in vivo.
Leukemia, 2017, in press.        
Hirata Y, Yoshizawa A, Egawa H, Ueda D, Okamoto S, Okajima H, Yurugi K, Hishida R, Hirai H, Miyagawa-Hayashino A, Maekawa T, Haga H, Uemoto S:Impact of Antibodies that React with Liver Tissue and Donor-specific anti-HLA Antibodies in Pediatric Idiopathic Posttransplantation Hepatitis.
Transplantation. 2017, in press.

Hiwa R, Ikari K, Ohmura K, Nakabo S, Matsuo K, Saji H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Taniguchi A, Yamanaka H, Matsuda F, Mimori T, Terao C.: HLA-DRB1 analysis identified a genetically unique subset within rheumatoid arthritis and distinct genetic background of rheumatoid factor levels from anticyclic citrullinated peptide antibodies. J Rheumatol. 2018 Feb 1 (in press)

 Hiwa R, Ikari K, Ohmura K, Nakabo S, Matsuo K, Saji H, Yurugi K, Miura Y, Maekawa T, Taniguchi A, Yamanaka H, Matsuda F, Mimori T, Terao C.: HLA-DRB1 analysis identified a genetically unique subset within rheumatoid arthritis and distinct genetic background of rheumatoid factor levels from anticyclic citrullinated peptide antibodies. J Rheumatol. 2018 Feb 1 (in press).
 
 

Yokota A, Hirai H, Sato R, Adachi H, Sato F, Hayashi Y, Sato A, Kamio N, Miura Y, Nakano M, Tenen DG, Kimura S, Tashiro K, Maekawa T: C/EBPβ is a critical mediator of IFNα-induced exhaustion of chronic myeloid leukemia stem cells.

Blood Advances, 2019 ,in press

      

Ogawa R, Yamamoto T, Hirai H, Hanada K, Kiyasu Y, Nishikawa G, Mizuno R, Inamoto S, Itatani Y, Sakai Y, Kawada K: Loss of SMAD4 promotes colorectal cancer progression by recruiting tumor-associated neutrophils via CXCL1/8-CXCR2 axis.
Clinical Cancer Research, 2019, in press

      

2018年 【論文】(英文/総説)

 
 
 
 
2018年 【邦文/総説】

平位秀世:緊急時好中球造血に必須の転写因子C/EBPβによる造血幹細胞の分化増殖制御.
臨床血液. in press 2018.

横田明日美: Interferon-αによる慢性骨髄性白血病幹細胞の枯渇における転写因子C/EBPβの役割.臨床血液. in press 2018.

 

平位秀世:非古典的単球の生存を制御する転写因子C/EBPβ.
あゆみ 268 (2): 145-146, 2019

2018年 【論文】英文/著書)
 

2018年 【国際学会/一般演題】

Atsushi Sato, Asumi Yokota, Yoshihiro Hayashi, Akihiro Tamura, Yasuo Miura, Taira Maekawa and Hideyo Hirai: C/EBPβ isoforms sequentially regulate proliferation and differentiation of regenerating hematopoietic stem/progenitor cells.
Twelfth International Workshop On Molecular Aspects Of Myeloid Stem Cell Development And Leukemia. (2018 Myeloid Stem Cell Development & Leukemia Conference) Cincinnati, OH, USA, May 7, 2018.
 Hideyo Hirai: C/EBPβ critically mediated IFNα-induced exhaustion of chronic myeloid leukemia stem cells.
The 9th JSH International symposium (Kyoto)   平成30年7月27日(2018)
 Torikoshi Y, Shime N, Yokota A, Kamio N, Sato A, Shoji T, Kashiwagi T, Miura Y, Maekawa T, Hirai H: Impact of Hypothermia on Differentiation and Maturation of Neutrophils.
American Society of Hematology, 60th Annual Meeting and Exposition, San Diego, CA, USA,  December 2, 2018.

2018年 【学会発表/特別講演】

 前川 平:未来に繋がる細胞治療.
佐賀輸血セミナー(佐賀市) 平成30年1月19日(2018)
前川 平:細胞治療のいまと未来 〜輸血と再生治療に関する一考察〜.
新潟県輸血フォーラム2018(新潟市)         平成30年2月17日 (2018)  
 
 
2018年 【学会発表/シンポジウム】
神尾尚馨、田村彰広、鳥越勇佑、平位秀世:転写因子C/EBPβによる非古典的単球の生存制御
27回日本Cell Death学会学術集会  シンポジウム2「若手研究者による疾患における細胞死研究」(京都)              平成30年7月27日(2018)
 
  
 
   
 
2018年  【】
 
 
2018年 【学会発表/一般演題】
 
 藤井紀恵、三浦康生、藤城 綾、進藤岳郎、島津 裕、平位秀世、高折晃史、一戸辰夫、前川 平:ヒト骨髄間葉系幹細胞由来細胞外小胞はナイーヴ制御性T細胞を保持し、急性移植片対宿病を緩和する. BM−MSC−derived extracellular vesicles preserve naïve regulatory T cells and ameliorate acute GVHD.
第40回日本造血細胞移植学会総会(札幌市)         平成30年2月2日(2018)
万木紀美子、吉澤 淳、菱田理恵、三浦康生、平位秀世、上本伸二、前川平:乳幼児肝臓移植におけるHLA抗体陽性症例の検討.
第16回組織適合性学会近畿地方会(大阪市) 平成30年3月3日(2018)
 万木紀美子、吉澤 淳、菱田理恵、三浦康生、平位秀世、上本伸二、前川平:SSOP法HLAタイピング検査において、肝臓移植後にドナーのHLAが検出された一症例.
第16回組織適合性学会近畿地方会(大阪市) 平成30年3月3日(2018)
 万木紀美子、三浦康生、菱澤方勝、菱田理恵、澁谷江里香、佐賀井 聡、平位秀世、山田千亜希、奥田 誠、川畑絹代、竹下明裕、岡崎 仁、塩野則次、大戸 斉、高折晃史、前川 平:赤血球のDTT処理が不規則抗体検出に及ぼす影響についてーDaratumumab投与に患者に対する輸血検査の基礎検討—.
第66回日本輸血・細胞治療学会総会(宇都宮) 平成30年5月25日(2018)
佐賀井 聡、万木紀美子、菱田理恵、澁谷江里香、三浦康生、平位秀世、前川 平:自己血輸血の過去5年間の推移.
第66回日本輸血・細胞治療学会総会(宇都宮) 平成30年5月26日(2018)
 庄司 月美, 横田 明日美, 佐藤 淳至, 神尾 尚馨, 柏木 隆宏, 鳥越 勇佑, 三浦 康生, 足立壮一, 前川 平, 平位秀世:CRISPR/Cas9を用いた(9;22)転座モデルによるBCR-ABL形成の生物学的意義の解明.
第77回日本癌学会学術総会(大阪) 平成30年9月27日(2018)
  藤井 紀恵, 三浦 康生, 藤城 綾, 進藤 岳郎, 島津 裕, 平位 秀世, 高折 晃史, 一戸 辰夫, 前川 平:ヒト骨髄間葉系幹細胞に由来する細胞外小胞はGVHDマウスの血液細胞を調節する.
80回日本血液学会学術総会(大阪) 平成30年10月12日(2018)
 鳥越 勇佑, 志馬 伸朗, 横田 明日美, 神尾 尚馨, 佐藤 淳至, 庄司 月美, 柏木 隆宏, 三浦 康生, 前川 平, 平位 秀世:好中球分化成熟に与える低体温の影響.
第80回日本血液学会学術総会(大阪) 平成30年10月13日(2018)
 万木紀美子, 岡島英明, 吉澤 淳, 菱田理恵, 小川絵里, 岡本竜弥, 金城昌克, 澁谷江里香, 三浦康生, 上本伸二, 前川 平, 平位秀世: 生体肝臓移植が施行された胆道閉鎖症の乳幼児に検出された母親に対するHLA 抗体の検討.
27回 日本組織適合性学会大会()      平成30年9月22日(2018)
 澁谷江里香, 万木紀美子, 菱田理恵, 大野志織, 平位秀世: 抗PP1P(k)抗体が検出された1症例.
62回 日本輸血細胞治療学会近畿支部総会(大阪) 平成30年11月24日(2018) 
 
 
 
 
2018年【学会発表/研究会】
  平位秀世:① 血小板製剤の細菌汚染対策の現状、② 好中球造血の調節のしくみ.
京都大学医学部附属病院検査部第142臨床検査カンファレンス(京都市)
                           
平成30年1月31日(2018)

田村彰広、平位秀世、横田明日美、神尾尚馨、佐藤淳至、庄司月美、柏木隆宏、鳥越勇佑、三浦康生、Tenen DG、前川 平:C/EBPβはLy6C-単球の生存に必須である. 

14回血液学若手研究者勉強会(麒麟塾)(東京)   平成30年6月30日 (2018)

 平位秀世:C/EBP転写因子による好中球造血の制御機構と疾患.
第4回NIIGATA Hematology Seminar (新潟) 平成30年10月26日(2018)
 
 
2018年 【その他/特別講義】
       
  

2018年 【その他/輸血細胞治療部主催学術講演会】

 
 
      
 
 
2018年【補助金】
事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)(一般)
課題番号:18K08354
課題名:転写因子C/EBPβによるストレス造血制御機構の解明
研究期間:平成30年度〜平成32年度
研究代表者:平位秀世
事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)(一般)
課題番号:
課題名:骨髄間葉系間質細胞を標的とした前駆B細胞性急性白血病治療に関する検討
研究期間:平成30年度〜平成32年度
研究代表者:三浦康生
事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)(一般)
課題番号:17K11573
課題名:敗血症における低体温が好中球造血に及ぼす影響とその機序の解明
研究期間:平成29年度〜平成31年度
研究代表者:広島大学 志馬伸朗
研究分担者:平位秀世 

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(B)(一般)
課題番号:17H04264
課題名:細胞外小胞を介した幹細胞相互作用による組織修復機構の解明と被ばく医療への応用
研究期間:平成29年度〜平成31年度
研究代表者:広島大学 一戸辰夫
研究分担者:三浦康生

事業名:文部科学省 科学研究費補助金(日本学術振興会)基盤研究(C)(一般)
課題番号:16K07171
課題名:低酸素環境に潜むCML幹細胞の動態解明に基づく革新的な分子細胞治療法の開発
研究期間:平成28年度〜平成30年度
研究代表者:前川 平
研究分担者:平位秀世

 
 
 
事業名:文部科学省 橋渡し研究加速ネットワークプログラム
課題名:創薬・新規医療開発のアカデミア拠点形成
実施期間:平成30年度〜
代表申請者:上本伸二、 分担研究者:平位秀世
 
2018年 【共同研究】
事業主:平成30年度 金沢大学がん進展制御研究所共同利用・共同研究 
研究課題:白血病の進展におけるC/EBPβ機序解明
研究代表者:平位秀世

共同研究先:放射線災害・医科学研究拠点 共同利用・共同研究 
研究課題「造血幹細胞移植合併症に対する間葉系幹細胞由来細胞外小胞の組織修復効果の検討」
共同研究者:藤井紀恵

共同研究先:放射線災害・医科学研究拠点 共同利用・共同研究 
研究課題「電離放射線が間葉系幹細胞の多分化能・造血支持能に与える影響の検討」
共同研究者:三浦康生

 
【民間助成】
 
 
      
 
 
 
2018年 【】
 

 

 

 

 

 

 
 
back to top